キャタピラー社、第一回月面掘削コンペに参加


5月27日付MOON DAILYに「キャタピラー社、第一回月面掘削コンペに参加」という記事が掲載されてます。
どうやらこのコンペ、レゴリスシミュラントをどれだけ多く掻き出す(運び出す)事が出来るかというコンペらしいです。そのコンペにキャタピラー社が協力している人のこと。以下概訳です。

キャタピラー社

自らの技術力を発揮するために、キャタピラー社がフロリダ、ケープカナベラルのケネディ宇宙センターで行われる月面掘削コンペに参加する模様。このイベントは理工学系の学生を対象に、2010年の5月27、28日に開催される。
「このコンペに参加する学生は明日のキャタピラー社を担うエンジニアなのです。」とキャラピラー社の技術開発責任者のTana Utley氏は言う。「キャタピラー社は長年に渡って理工学系の学生をサポートしてきました。私たちは、私たちのお客様が期待している現在そして未来の世代の独創的で革新的な考え方を養い後押しする必要があるのです。」
このコンペの参加者は将来の月探査で使うことが出来る掘削システムを設計し組み立てる事になっている。参加チームはそれぞれ直接対決しどのデザインが月面の過酷な環境の中で与えられた時間で効率的に掘削出来るか競う。
コンペで得られたそれらの技術はいつの日か実際の月面掘削で用いられ地球での採鉱や掘削装置に応用されるであろう。キャタピラー社の自動化部門の責任者Eric Reiners氏は彼の専門知識を用いてそのイベントの判定をすることになっている。
「教育的研究開発は我々とNASAとの協力の重要な部分を占めており、今後も月面掘削コンペに注目していきたいと考えています。」と Reiners氏は言う。「このイベントは宇宙を対象としたものですが、デモされたシステムは将来的にキャタピラー社の利益になるものと信じています。」
今のところ、各大学の学部と大学院から22のチームが登録中。Reiners氏の参加と共にキャタピラー社は参加Tシャツと277C Multi Terrain Loaderを提供しNASAに協力している。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>