中国、月探査第2段階では着陸機と月面探査車打ち上げ


5月17日付、人民網に「月探査第2段階では着陸機と月面探査車打ち上げ」という記事が掲載されています。
記事によると、現在進められている嫦娥計画の次の計画として、月面着陸およびローバによる月面直接探査を行う事が、環太平洋国際宇宙会議で発表されたとの事です。中国は以前より、月周回探査→月面着陸直接探査→サンプルリターンという3段階の月探査計画を明らかにしています。この3段階のステップはアメリカや旧ソ連が有人月探査に向けて歩んだステップと同じです。
記事中にもう1つ気になる情報がありました。以下引用です。


中国航天科技集団の張慶偉・総経理は、今年中に初めての月探査衛星を打ち上げることを明らかにした。

写真なし

嫦娥月探査機は本当に今年中に打ちあがるのでしょうか?そうすると今年夏に日本のSELENE探査機が打ちあがってすぐに中国も月探査機を打ち上げることになります。来年はおそらくNASAとインドも月探査機を打ち上げるでしょうから、月探査の話題が盛り上がりそうです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA