中国、2013年までに月面着陸を計画


3月2日付新華社のHPに「中国、2013年までに月面着陸を計画」という記事が掲載されています。先日月面に嫦娥-1を衝突させた中国、嫦娥-1続く嫦娥-2で軟着陸実験を行うと思っていましたが、どうやら嫦娥-2では軟着陸実験は行わないようで、その次の嫦娥-3になるようです。そしてその後の嫦娥-4でrecoverable moon rovers(回収型月面ローバ?:どうやらサンプルリターンをするローバらしい。詳細は不明。)を月面に送るとの事。今の所の予定は、2011年に嫦娥-2、2013年に嫦娥-3、2017年に嫦娥-4との事です。概訳は以下。


>—–

20090310-china-moon-lunar-vehicle-art-bg.jpg

中国は嫦娥-3による月面着陸を2013年までに行う予定であると、嫦娥-1のチーフデザイナーYe Peijian氏が月曜日に述べた。
Ye氏は第11期全国人民代表会議において述べたのは以下の事柄。
嫦娥-3ミッションでは月面への軟着陸と月探査を行う。このミッションの前には、2011年に嫦娥-2が打ち上げられ、軟着陸技術のキーとなる技術の取得を目指す。そのため嫦娥-3では技術的なリスクを小さくできるはずである。
中国の月探査ミッションは、「軌道上からの観測」、「軟着陸」、「サンプルリターン」という3つのステージで構成されている。それらの詳細はまだ決まっていないが、嫦娥-4が第2ステージの後半として2017年までに打ち上げる予定。
第3ステージは2017年から2020年。第3ステージでは回収型月面ローバ(recoverable moon rovers)を月に送る予定。
嫦娥は伝説上の月の女神にちなんで名づけられた。だがYe氏によると回収型ローバはその名前は使わない予定。「その名前はまだ決まっていません」とのこと。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA