月探査監視用の巨大パラボラアンテナ、インドが導入


12月18日付、AFP BB NEWS に月探査監視用の巨大パラボラアンテナ、インドが導入という記事が掲載されています。

トピックス

来年打ち上げ予定のインド初の月探査衛星「Chandrayaan-1」のための深宇宙探査用アンテナとのことです。
インドはChandrayaan-1を来年4月打ち上げて、また、来年には2012年打ち上げの次の月探査計画を発表する予定らしい。
以下のAFPの記事の引用です。

インド宇宙研究機構(Indian Space Research Organisation、ISRO)は15日、2008年4月に打ち上げが予定されている月周回探査機「チャンドラヤーン1(Chandrayaan-1)」の探査活動を監視するために、2基の巨大なパラボラアンテナを設置したことを明らかにした。
 ISROによると、バンガロール(Bangalore)から45キロメートルのByalaluにある深宇宙ネットワークから、2年間にわたる「チャンドラヤーン1」の探査活動が監視、指揮支援されるという。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA