LCROSSの誘導衛星が観測したセントールの衝突


2009年10月10日付けでNASAのLCROSSのページに「LCROSSの誘導衛星が観測したセントールの衝突」という記事が掲載されています。
衝突の閃光は無理だが衝突で巻き上げられた月の砂などが太陽光に反射して地上からでも観測できるのではと考えられていたLCROSSですが、その予想に反して地上からそのような噴流ですら観測するのは難しかったようです。
一応NASAのインターネット中継を見てたのですが、衝突時の閃光やそのような噴流は全然見えず、セントールがいつ衝突したのかはわかりませんでした。
本記事はLROSSの月面に衝突したセントールロケットのすぐ後ろを飛行していた誘導衛星によるその衝突の観測の速報版。衝突時の閃光は思いのほか小さかったようです。概訳は以下。

スペクトロメータ

2009年10月9日の太平洋夏時間で4時31分頃、LCROSSのセントールがカペウスクレータに衝突。およそ373マイル(600km)から、LCORSSの誘導衛星(SSC:Shepherding Spacecraft)の搭載機器が衝突時の閃光を捕らえた。弱いがはっきりと識別できる閃光はLCROSSのカメラの数ピクセル分ほどしかなくその時間も短かったが衝突地点の鉱物組成についての有用な情報を与えてくれると考えられている。

ナトリウム光

写真上:近赤外線と紫外/可視スペクトロメータで観測したLCROSSの衝突クレータ。Credit NASA Ames.
写真下:LCROSSの中赤外線(MIR)カメラで特定されたセントール衝突時のナトリウム光。Credit NASA Ames

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>