NASAの新型電動ローバ


NASAの月探査サイトに「NASAの新型電動ローバ(New Lunar Electric Rover :LER)」という記事が掲載されています。
本サイトでも注目してきた「与圧型ローバ」に関する情報です。
このローバ、12輪の車輪を持ち、カニ歩き可能で40度の斜面も登れ、キャビンを取り外せば宇宙服を着たまま操作できる運搬車になるというかなり意欲的な設計になっているようです。与圧型ローバですので2週間の探査が可能で、キャビンの後部には宇宙服がそのまま付いておりデザイン的にもなかなかユニーク。まさに「次世代ローバ」という感じです。概訳は以下。


月探査のための次世代ローバがテスト中

月電動ローバ

2020年、NASAは月に戻ろうとしている。その時NASAは6ヶ月かそれ以上のミッションとして月面を数千マイルに渡って調査する予定である。アポロプログラムと同じように、NASAはそのための新しいコンセプトと技術を-そのコンセプトと技術は地球上でも使えるはず-を開発している。
NASAの現在のプランの1つのコンセプトは月面電動ローバである。この小さな与圧型ローバはピックアップトラックほど(車輪は12個)で、寝室と衛生設備が備えられており2人の宇宙飛行士が14日間過ごすことができる。そのローバは岩を乗越え40度の斜面を登り数千マイルの移動ができ、設計寿命の10年の間、ほとんどメインテナンスを行わなくても良いように設計されている。そのローバのフレームはオフロードトラックチームとの共同で開発され岩石地帯で140kmに渡る走行試験を行ってきた。
コクピット内では跪くことができるようになっているため、外に出なくても興味がある物体に容易に近づくことができる。ローバのホイールは横向きにすることができるので「カニ歩き」が可能で、険しい地形でも走ることができるようになっている。このカニ歩きスタイルによってローバは回転半径ほとんどゼロで直進と横移動を組み合わせてどんなな走行でも可能である。
宇宙飛行士達はローバのキャビンの中でワイシャツ姿で働くことができ、いつでも、またミッションの要求があれば直ちにスーツポートから宇宙服に入ることができる。このスーツポートはローバの後部の隔壁に取り付けられており、外側にある宇宙服と繋がっている。このため10分以内に月面を歩くことができ月ダストをローバ内に持ち込むことも防ぐことができる。キャビンをどければ、シャーシだけでも宇宙服を着たまま運転できるようになっているので、荷物運搬用として使うことができる。長期間にわたる冗長性と再利用性、耐久性も高い。
写真:Credit: NASA
(リンク先には映像もあり。カニ歩き見れます。)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>