Purdue大学チーム、発見した月の新しいクレータにEarhartと命名


GRAILが計測した月の重力場2015年3月16日付のアメリカのPurdue大学Newsに「Purdue大学チーム、発見した月の新しいクレータにEarhartと名付ける」という記事が掲載されています。

このクレータは今までは月の堆積物によって見えなかったのですが、月の重力場を高精度で計測するGRAIL探査機によって得られたデータの解析からその存在が明らかになったとのこと。直径は約200kmあり月の中でも大きいクレータであるとのことです。

Earharttとは女性初の大西洋横断飛行を成し遂げたAmelia Earhart女史の事。

PHOTO:GRAIL探査機が計測した月の重力場: Image credit: NASA/ARC/MIT

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA