京都二条:中華料理大鵬:てりどん錦糸地獄盛り

Pocket

てり丼錦糸地獄盛り

京都駅に着いてホームから階段を上がりメインのコンコースに出て中央口とは反対側に降りていくと、京都タワーが目の前に見え観光客で混沌としているバス乗り場の雰囲気とは全く逆にひっそりとした33、34番線の嵯峨野線のホームに出る。そして2つ目の二条駅で降りて少し歩いたところにあるのが中華料理大鵬。そこの名物メニューが生姜焼き風豚肉をどんぶり飯に盛り付けたてりどん。そのててりどんにふわふわの卵焼きをトッピングしたのがてりどん錦糸。そしてその大盛りがてりどん錦糸地獄盛りである。


甘口のタレに絡まった豚肉の生姜焼きは少し濃いめの味付け。それにふわふわの玉子焼きがけっこう合う。地獄盛りと恐ろしげな名前が付いてるが、量は大したことは無い。一般的な大盛を食べれる人には問題無い量だと思う。
平日のお昼時に伺ったのだが店内は近所の方々でいっぱい。てりどんの他にも美味しそうなランチセットなどあり。中華の一品料理もウマそうだった。

京都の町家ランチ (らくたび文庫)
edit

京都の町家ランチ (らくたび文庫)

コトコト
¥ 700 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
文庫
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 16:10現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。