2015インド−バンコク旅行準備編1:行程の検討

Pocket

image

今年の旅行はインドとバンコクに行くことにしました。その準備編です。
写真はマンガロールのローカル食のマンガロールバンス。

インド−バンコク旅行は学生時代に初めての海外旅行に行った所。当時は日本より安くしかも翌日に発行されるインドビザとこれまた日本より安い航空券をバンコクで取ってのインド入りをしたものでした。訪れたのはデリー−バナラシという北インド定番コース。バンコク−デリー間のアエロフロート機の航空券をカオサンロードの旅行代理店で入手しての訪印でした。学制時代のたっぷりあった時間を使って全行程で3週間、そのうちインドは2週間、インドの前後にバンコク滞在合計1週間という日程でした。

今回旅するのは、北インドではなく南インド。以前と同じくバンコクからインド入り。まずはバンコクーバンガロール、及びバンコク−関空の航空券を入手。航空会社はタイ航空。航空券の予約はすべてタイ航空HPを利用。周遊で日程を組んでネットで決済。便利な時代になりました。

今回南インドが目的地になったのは、南インドのマンガロール在住の友人ができたため。その友人を訪問するのが今回のメインの目的です。インド旅行部分はインドの友人がチャータータクシー等をアレンジしてくれたため普通の旅行者にはなかなか行けないところも案内してもらっています。

インドではバンガロール→マイソール→マンガロール→バンガロールと移動。バンガロール着は金曜日の23:30。バンガロール発は次週の金曜の0:30だったのでインドには約一週間滞在。バンガロールからマイソールへは鉄道で、マイソールからマンガロールへは夜行バス、マンガロールからバンガロールヘ戻るのはジェットエアウェイズ国内線を使用。

バンコクには関空を前日深夜に出発する便を利用し、金曜朝4時頃到着。スワンナプーム空港到着後市内に出て、その日の21時30分の便でバンガロールに到着。バンガロール着は23:25。

バンガロール着が深夜で友人との待ち合わせ場所確保のためにもバンガロール2泊、及びマイソール2泊は事前に予約していきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。