Pocket

淵野辺駅をスタートし、境川自転車道を藤沢まで行き、江ノ島、鎌倉を通り、逗子マリーナのゆうき食堂にお昼を食べに行くコースです。
 補給ポイントは、境川自転車道沿いでは、飯田牧場のジェラード、そしてメインはゆうき食堂です。
 コースの大半の境川自転車道では車の心配は要りませんが、自転車道は歩行者も通りますので、スピード出すのは危険です。特に町田周辺は注意してください。歩行者の方は意外と急に動きますので、スピードを出して横をすり抜けるのは危険です。自転車道は自転車専用道ではなく歩行者自転車道ですので、飛ばす道路ではありません。また、数箇所車道を横切るところがありますので、注意してください。藤沢からゆうき食堂までは一般道を走りますが、休日は車が渋滞していることが多く、逆にそんなに車にあおられる危険はありません。
 またこのコースは、午後になると海からの海風が強くなる場合が多いので、なるべく早めに出発し、江ノ島、鎌倉を散策しながら、11:30分のゆうき食堂開店に時間を調整するのがお勧めです。朝早ければ境川自転車道の歩行者もそれほどいませんし、運がよければ向かい風にあわずに、午後からの追い風に乗って帰って来れます。


コース地図:境川自転車道でゆうき食堂まで

淵野辺駅

淵野辺駅南口前からスタート

今回のスタート地点は淵野辺駅です。まずは線路沿い町田方面に進みます。横浜線を越える道は幾つかあるのですが、淵野辺駅から2つめのアンダーパス共和嶽の内立体がお勧めです。ここはできてまだ新しいアンダーパスで、幅広い歩道がありますので安心です。横浜線を越え境川まで降り、境川左岸の自転車道に入ります。右岸にも自転車道路がありますが、所々ダートが残っている部分がありますので、左岸をお勧めします。

町田駅付近の車止め

町田駅付近の車止め

しばらく境川自転車道を進み、ヨドバシカメラが見えてきたら町田です。境川自転車道は町田の駅前を通りますので、時間帯によっては歩行者が多いので注意が必要です。町田を過ぎしばらく進むと、アーチ状の水道橋が見えてきます。ここら辺は南町田ですので、左手に自転車道を出ればグランベリーモールです。モンベルに用事がある方はどうぞ。南町田を過ぎてさらに進んでいきます。

境川左岸を56号まで

境川自転車道左岸を進み246沿いにすすんで再び自転車道に復帰

  しばらく左岸の境川自転車道路を進むと246号線にぶつかります。ここを左折。境川右岸を行けば左折せず車道を渡って自転車道を直進することもできますが、その先で246号を渡らなければならなくなり面倒です。ここは左岸を行き、左折したほうが楽だと思います。すぐの交差点を渡って右折。246号にそってしばらく進みます。246号は車が多いので歩道を走行するのがよいでしょう。広い歩道があります。しばらく進むとまた境川右岸の自転車道の入り口が見えてきますので左折。再び自転車道に復帰します。

相鉄線高架をくぐる

相鉄線高架をくぐるトンネル。出てすぐの道は車が結構通るので注意。

  246号の下をくぐったりしながらしばらく進むと、相鉄線の陸橋が見えます。道なりに進むと陸橋をくぐるトンネルがありますのでそちらに曲がります。このトンネル、小さい割りに車がかなり利用しますので注意が必要です。トンネルでて左折すれば境川沿いの道に出て境川右岸に復帰しますが、このトンネル出てすぐの道は車が割りと通りますので、利用しないことにして直進。直進すると住宅地に入ります。

中原街道を渡ったら自転車道に復帰します。

中原街道を渡ったら自転車道に復帰

 住宅地に入って2本目の道を左折。住宅地の中を通って境川沿いに出たら右折。しばらく境川右岸沿いに進みます。ここら辺は自転車道路ではなく一般道です。厚木街道、中原街道を渡るとしばらくして、また自転車道路に復帰します。ここら辺までくると歩行者もそれほどい無いので、ある程度スピードを出すことができるようになります。しばらく走って新幹線の高架をくぐります。渋谷中学校の交差点でまた一般道になります。渋谷中、いちょう団地の脇を通っていきます。しばらく走るとまた自転車道に復帰します。

休憩所。トイレがあります。

中原街道を渡ったら自転車道に復帰

ここから藤沢までは、車道に出ることなく、ずっと自転車道路を走ります。途中に休憩所があり、水道もトイレもありますのでここで小休止です。休憩していると自転車海苔の方々が大勢通り過ぎます。以前に比べてずいぶん自転車に乗る人が増えました。

自転車道を離れて藤沢市内へ

自転車道を離れ藤沢橋の交差点へ

 さて小休止が終わったら再び藤沢を目指します。今まで走ってきた距離に比べると藤沢はもうすぐです。国道1号線の下をくぐり藤沢病院の脇を通り過ぎると丁字路にぶつかります。そこを左折して一般道に入ります。左折してすぐに境川を渡り、道なりにお寺の前を曲がって藤沢橋の交差点に出ます。

鼓動の交差点

江ノ電に沿って小動の交差点へ。海が見えます。

藤沢橋の交差点を左折し、467号を江ノ島に向かって行きます。藤沢市内と江ノ島周辺はおそらく渋滞していると思いますので、慎重に走ります。龍口寺の交差点までくるとそこを右折すれば江ノ島です。今回は直進してしばらく江ノ電の線路沿いに走り腰越の駅前を越え海が見える丁字路が小動の交差点です。

滑川の交差点

滑川の交差点。今回は時間があるので左折して鎌倉へ。

小動の交差点を左折し、江ノ電を左に、海を右に見ながら一般道を走ります。七里ヶ浜を過ぎると稲村ガ崎が見え、少し登りがあります。稲村ガ崎を下ると由比ガ浜で滑川の交差点を左折すると鎌倉の鶴岡八幡宮の参道になります。今回はまだゆうき食堂開店まで時間がありますので鶴岡八幡宮方面に向かいます。

KIBIYAベーカリー

KIBIYAベーカリーでお土産にパンを購入。

 案の定鎌倉は人も車も多いので気を使います。今回は鶴岡八幡宮近くのKIBIYAベーカリーに立ち寄りました。パンを数個買い、時間もよくなってきたので、逗子マリーナのゆうき食堂に向けて出発です。来た道を滑川の交差点まで戻ります。滑川の交差点を左折し、134号を逗子方面に向かいます。このまま134号を進んでいくと逗子マリーナを通り過ぎてしまうので、トンネルの手前の駐車場に左手に入る道がありますので左折し、逗子海岸トンネルへ向かいます。

ゆうき食堂へ

厨子海岸トンネルを通ってゆうき食堂へ

逗子海岸トンネルを出ると逗子マリーナです。トンネルを出て最初のY字路を左折。小坪港前の交差点まで来るとゆうき食堂が見えます。今回はゴールデンウイークということもあり、開店前から行列ができていてびっくりです。

アジフライ

アジフライと刺身1品盛。食べかけの写真ですみません。

今回のメニューはアジフライと刺身一品盛りとメダイの大根おろしポン酢和え丼です。ゆうき食堂はとにかく量が多いので腹ペコ自転車海苔にはぴったりのお店です。おなかも膨れたら帰路につきます。帰路は基本的には往路と同じです。ただ逗子海岸トンネルを抜けてしばらく道なりに直進し、九品寺前の交差点を左折。海岸橋の交差点で鶴岡八幡宮の参堂(21号線)に出ますので、そこを左折し、滑川の交差点に戻ります。後は同じです。

かき氷

埜庵の濃いイチゴ。うまいです。

ゆうき食堂でたらふく食べ膨れたおなかが、しばらく走ると落ち着いてきたので、鵠沼海岸駅前のかき氷屋、埜庵によりました。天然氷を使ったかき氷屋さんで、ガツガツ食べても頭が痛くなりません。不思議です。今日は濃イチゴを頼みました。埜庵は久々で、道に迷ってたどり着いたので、よい道が見つかったらまたアップします。変わりに埜庵のHPはここにあります。

 今回のコースは往復で94キロでした。行きは向かい風が強く大変でしたが、帰りは追い風で楽チンでした。江ノ島方面、鎌倉方面は、ゆうき食堂や埜庵以外にもおいしい店がありますので、いろいろ調べていくとさらに楽しみが増します。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/954d148d9f0b1c45b4fbcb1511ea892d.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/954d148d9f0b1c45b4fbcb1511ea892d-150x150.jpgyoko999自転車コース
淵野辺駅をスタートし、境川自転車道を藤沢まで行き、江ノ島、鎌倉を通り、逗子マリーナのゆうき食堂にお昼を食べに行くコースです。  補給ポイントは、境川自転車道沿いでは、飯田牧場のジェラード、そしてメインはゆうき食堂です。  コースの大半の境川自転車道では車の心配は要りませんが、自転車道は歩行者も通りますので、スピード出すのは危険です。特に町田周辺は注意してください。歩行者の方は意外と急に動きますので、スピードを出して横をすり抜けるのは危険です。自転車道は自転車専用道ではなく歩行者自転車道ですので、飛ばす道路ではありません。また、数箇所車道を横切るところがありますので、注意してください。藤沢からゆうき食堂までは一般道を走りますが、休日は車が渋滞していることが多く、逆にそんなに車にあおられる危険はありません。  またこのコースは、午後になると海からの海風が強くなる場合が多いので、なるべく早めに出発し、江ノ島、鎌倉を散策しながら、11:30分のゆうき食堂開店に時間を調整するのがお勧めです。朝早ければ境川自転車道の歩行者もそれほどいませんし、運がよければ向かい風にあわずに、午後からの追い風に乗って帰って来れます。 コース地図:境川自転車道でゆうき食堂まで 淵野辺駅南口前からスタート今回のスタート地点は淵野辺駅です。まずは線路沿い町田方面に進みます。横浜線を越える道は幾つかあるのですが、淵野辺駅から2つめのアンダーパス共和嶽の内立体がお勧めです。ここはできてまだ新しいアンダーパスで、幅広い歩道がありますので安心です。横浜線を越え境川まで降り、境川左岸の自転車道に入ります。右岸にも自転車道路がありますが、所々ダートが残っている部分がありますので、左岸をお勧めします。 町田駅付近の車止めしばらく境川自転車道を進み、ヨドバシカメラが見えてきたら町田です。境川自転車道は町田の駅前を通りますので、時間帯によっては歩行者が多いので注意が必要です。町田を過ぎしばらく進むと、アーチ状の水道橋が見えてきます。ここら辺は南町田ですので、左手に自転車道を出ればグランベリーモールです。モンベルに用事がある方はどうぞ。南町田を過ぎてさらに進んでいきます。 境川自転車道左岸を進み246沿いにすすんで再び自転車道に復帰  しばらく左岸の境川自転車道路を進むと246号線にぶつかります。ここを左折。境川右岸を行けば左折せず車道を渡って自転車道を直進することもできますが、その先で246号を渡らなければならなくなり面倒です。ここは左岸を行き、左折したほうが楽だと思います。すぐの交差点を渡って右折。246号にそってしばらく進みます。246号は車が多いので歩道を走行するのがよいでしょう。広い歩道があります。しばらく進むとまた境川右岸の自転車道の入り口が見えてきますので左折。再び自転車道に復帰します。 相鉄線高架をくぐるトンネル。出てすぐの道は車が結構通るので注意。  246号の下をくぐったりしながらしばらく進むと、相鉄線の陸橋が見えます。道なりに進むと陸橋をくぐるトンネルがありますのでそちらに曲がります。このトンネル、小さい割りに車がかなり利用しますので注意が必要です。トンネルでて左折すれば境川沿いの道に出て境川右岸に復帰しますが、このトンネル出てすぐの道は車が割りと通りますので、利用しないことにして直進。直進すると住宅地に入ります。 中原街道を渡ったら自転車道に復帰 住宅地に入って2本目の道を左折。住宅地の中を通って境川沿いに出たら右折。しばらく境川右岸沿いに進みます。ここら辺は自転車道路ではなく一般道です。厚木街道、中原街道を渡るとしばらくして、また自転車道路に復帰します。ここら辺までくると歩行者もそれほどい無いので、ある程度スピードを出すことができるようになります。しばらく走って新幹線の高架をくぐります。渋谷中学校の交差点でまた一般道になります。渋谷中、いちょう団地の脇を通っていきます。しばらく走るとまた自転車道に復帰します。 中原街道を渡ったら自転車道に復帰ここから藤沢までは、車道に出ることなく、ずっと自転車道路を走ります。途中に休憩所があり、水道もトイレもありますのでここで小休止です。休憩していると自転車海苔の方々が大勢通り過ぎます。以前に比べてずいぶん自転車に乗る人が増えました。 自転車道を離れ藤沢橋の交差点へ さて小休止が終わったら再び藤沢を目指します。今まで走ってきた距離に比べると藤沢はもうすぐです。国道1号線の下をくぐり藤沢病院の脇を通り過ぎると丁字路にぶつかります。そこを左折して一般道に入ります。左折してすぐに境川を渡り、道なりにお寺の前を曲がって藤沢橋の交差点に出ます。 江ノ電に沿って小動の交差点へ。海が見えます。藤沢橋の交差点を左折し、467号を江ノ島に向かって行きます。藤沢市内と江ノ島周辺はおそらく渋滞していると思いますので、慎重に走ります。龍口寺の交差点までくるとそこを右折すれば江ノ島です。今回は直進してしばらく江ノ電の線路沿いに走り腰越の駅前を越え海が見える丁字路が小動の交差点です。 滑川の交差点。今回は時間があるので左折して鎌倉へ。小動の交差点を左折し、江ノ電を左に、海を右に見ながら一般道を走ります。七里ヶ浜を過ぎると稲村ガ崎が見え、少し登りがあります。稲村ガ崎を下ると由比ガ浜で滑川の交差点を左折すると鎌倉の鶴岡八幡宮の参道になります。今回はまだゆうき食堂開店まで時間がありますので鶴岡八幡宮方面に向かいます。 KIBIYAベーカリーでお土産にパンを購入。 案の定鎌倉は人も車も多いので気を使います。今回は鶴岡八幡宮近くのKIBIYAベーカリーに立ち寄りました。パンを数個買い、時間もよくなってきたので、逗子マリーナのゆうき食堂に向けて出発です。来た道を滑川の交差点まで戻ります。滑川の交差点を左折し、134号を逗子方面に向かいます。このまま134号を進んでいくと逗子マリーナを通り過ぎてしまうので、トンネルの手前の駐車場に左手に入る道がありますので左折し、逗子海岸トンネルへ向かいます。 厨子海岸トンネルを通ってゆうき食堂へ逗子海岸トンネルを出ると逗子マリーナです。トンネルを出て最初のY字路を左折。小坪港前の交差点まで来るとゆうき食堂が見えます。今回はゴールデンウイークということもあり、開店前から行列ができていてびっくりです。 アジフライと刺身1品盛。食べかけの写真ですみません。今回のメニューはアジフライと刺身一品盛りとメダイの大根おろしポン酢和え丼です。ゆうき食堂はとにかく量が多いので腹ペコ自転車海苔にはぴったりのお店です。おなかも膨れたら帰路につきます。帰路は基本的には往路と同じです。ただ逗子海岸トンネルを抜けてしばらく道なりに直進し、九品寺前の交差点を左折。海岸橋の交差点で鶴岡八幡宮の参堂(21号線)に出ますので、そこを左折し、滑川の交差点に戻ります。後は同じです。 埜庵の濃いイチゴ。うまいです。ゆうき食堂でたらふく食べ膨れたおなかが、しばらく走ると落ち着いてきたので、鵠沼海岸駅前のかき氷屋、埜庵によりました。天然氷を使ったかき氷屋さんで、ガツガツ食べても頭が痛くなりません。不思議です。今日は濃イチゴを頼みました。埜庵は久々で、道に迷ってたどり着いたので、よい道が見つかったらまたアップします。変わりに埜庵のHPはここにあります。  今回のコースは往復で94キロでした。行きは向かい風が強く大変でしたが、帰りは追い風で楽チンでした。江ノ島方面、鎌倉方面は、ゆうき食堂や埜庵以外にもおいしい店がありますので、いろいろ調べていくとさらに楽しみが増します。