Pocket

ルモテック

手組ホイールによるハブダイナモ化用のパーツの選定も終了したので早速パーツの収集を開始。
こ の数年で自転車パーツを海外通販するのは珍しいことではなくなったのは本当に自転車の世界を取り巻く大きな変化の一つ。大手ではWiggleやChean Reaction Cyclesなど。両方共サイトが日本語化をほぼ終了していてまるで国内サイトのように手軽に注文できるし値段もお手頃。
でもシュミットのハブダイナモは両方共取り扱い無し。そこで色々と調べてみるとSJSサイクルとSTARBIKEが取り扱っていることが判明。今回はGBP 圏ではなくEuro圏であるSTARBIKEに注文してみることにしました。初STARBIKEです。上の写真は今回注文した.Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination。自動点灯式で全面にリフレクタが付いてて直近への照射を重視したタイプ。伸びてるコードは2本あって、ハブダイナモ接続用とリアライト接続用です。


いつもながらパーツを注文するときは心踊る物がありますが、初めての外国のショップであればなおさらです。今回は初StarBike。
今までの検討を元に今回注文にしたのは以下のパーツ。
1.SON dynamo hub SONdelux 32H silver
本来は20インチ用のハブダイナモだがLEDライトを使えば27インチでも問題なく27インチ用のSON28より消灯時の抵抗が軽いという話だったのでこれにしてみることに。スポーク穴は32で。
2.Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination
フロントライト。自動点灯でレンズ面にリフレクタのようなギザギザがあり直近から照らすことができるタイプ。リフレクタ無しのモデルの方が理論的には明るいはずなのだが、直近を照らせる事を重視してこちらのモデルに。R無しタイプと果たしてどの程度の違いがあるかは未知数。
3.Busch & Müller Seculite Plus diode rear light
リアライト。LunotecのSenso plusにはリアライト用のケーブルも付属してるらしいので。リアライトは色々あったのだがこれなら工夫次第でうまい具合に取り付けられると考えたため。Lumotecと併用することでトンネル等で自動点灯させられる事を期待。
4.Busch & Müller cross-bracket for cantilever brake boss
リアライト取り付け用アダプター。もしかしたら使わないかもしれないし何かで代用できそうな気もするのだがせっかくの機会なのでとりあえず買ってみた。
以上の4点。
STARBIKEに注文した時点では、ライトのLumotecIQ CYO R Senso Plus以外の在庫がなく全て1〜3週間待ちと表記されてた。注文したのは1月の後半。注文後に届いた確認メールは以下。
Busch & Müller cross-bracket for cantilever brake boss (246PB) : 2.50 Euro
Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination (175QRSNDi) : 62.90 Euro
Busch & Müller Seculite Plus diode rear light (330ALK): 14.80 Euro
SON dynamo hub SONdelux 32H silver: 174.90 Euro
Shipping: 20.00 Euro
less 19% VAT: – 43.92 Euro
————————————–
Total sum: 231.18 Euro
You’ll receive another confirmation email when your order has left us.
If you want to make changes to your order or correct your address
please contact us as soon as possible.
ここに書かれているようにStarBikeから発送したとの連絡があったのは注文から11日後。その時には以下のようなメッセージが書かれたメールが送られてきました。
Parcels sent to Japan have a typical transit time of 8 – 12 weekdays.
You’ll receive a separate email with the link to the online tracking
for the parcel in about 12-24 hours.
Depending on the current level of controls at the customs of your country
this can take a few days more or less.
Should the parcel not arrive within 15 weekdays, get back to us.
書かれてるようにこの約1日後にトラッキングナンバーを知らせるメールが到着。発送はDHL。メールには追跡するページへのリンクも付けられてた。そこをクリックすることで追跡が可能。
また数日後EMSでも追跡追跡できるようになりました。
EMSによる追跡は以下。
2月8日19:51 引受 LAHR GERMANY
2月10日1:56 国際交換支店に到着 DESAHA GERMANY
2月10日7:11 国際交換支店から発送 FRANKFURT GERMANY
2月14日1:41 国際交換支店に到着 東京国際支店 東京都
2月14日3:23 保税運送中 東京国際支店 東京都
2月15日5:59 保税運送到着 大阪国際支店 大阪府
2月15日9:00 通関手続中 大阪国際支店 大阪府
2月15日10:36 通関手続中 大阪国際支店 大阪府
2月16日13:58 国際交換支店から発送 大阪国際支店 大阪府
2月16日18:47 通過 新大阪支店 大阪府
2月17日0:04 通過 大津支店 滋賀県
2月17日7:22 到着 栗東支店 滋賀県
金額のためか関税がかかりそのため通関手続中が2回。その分余計に日数がかかってようやく到着。 関税は800円でした。
到着したものはこちら。
SON dynamo hub SONdelux 32H silver

SONDELUX外箱

外観。

あける

開けるとクイックリリースタイプでは無いシャフト。

SON

その下にSONDelux。SONDeluxの下にはコードが入ってます。球体状の本体は青いビニールで覆われてます。ホイール組んだ後に剥がすようにと指示あり。

説明書入り

説明書と接続用コネクターが入ってます。
Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination

ライト1

フロントライト。説明書とこちらにもコードが付いてます。

フロントライト

ご覧のようにリフレクタ付きタイプ。ドイツ語で何か書かれてるシールが張ってあります。なんて書いてあるのかは?

フロントライト3

シールをめくるとLEDが見えます。LEDは斜め後ろに発光して反射板で前方を照らす仕組み。

後ろ

後ろに回転タイプのスイッチ。0はOFF、Sは自動点灯モード、1は常時点灯モードらしい。

センサー部

Sにすると175と書かれた下の削られてる部分が動いて光センサーが現れる仕組みらしい。スイッチを回して0や1にするとそのセンサ部分が隠れるようになってます。
Busch & Müller Seculite Plus diode rear light

リアライト

リアライト。こちらにもコードが付いてます。

裏面

リアライトの裏面。両側に接点部分。裏に出てるのが取り付け用のボルト。どうやって取り付けるか考え中。
Busch & Müller cross-bracket for cantilever brake boss

ジグ

こちらがリアライト取り付け用ジグ。
その他ホイール組みに必要なパーツも購入。
まずはリム。リムは手組初心者には定番らしいMavic Open proを選択。そしてもしかしたらフロントだけでなくリアも組むかもと考えてこの際だからと2つ購入。購入先はCRCです。昨年末にCRCで三本ローラを購入した際に合わせて注文。

ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)
edit

ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)
ふじい のりあき
スキージャーナル
¥ 1,470 (定価)
¥ 1,512 (Amazon価格)
46pt (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫あり。
(価格・在庫状況は3月6日 10:00現在)

今回のホイール手組で唯一参考にしている「ロードバイクの科学」でも手に入れてよかったツールとして紹介されているスポークテンションメータもこの際購入。購入したのはパークツールの スポークテンションメータ。購入先はWiggle。2月初旬に注文して在庫切れになって3月下旬にならないと入荷しないという連絡があったのですが、2月中旬に突然発送されて約1週間後に到着。
スポークテンションメーター
パークツール スポークテンションメーター TM-1
その他スポーク組に必要なジグの代表の代表格の振取台は自作してみることにしました。振取台自作についてはまた別のエントリーで。
スポークはハブダイナモの到着を待って寸法を実際に計ってみてから注文することに。スポークの選定に関してはこの後のエントリーで。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20110225-IMGP4441.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20110225-IMGP4441-150x150.jpgyoko99自転車アイテムハブダイナモ,自転車ライト
手組ホイールによるハブダイナモ化用のパーツの選定も終了したので早速パーツの収集を開始。 こ の数年で自転車パーツを海外通販するのは珍しいことではなくなったのは本当に自転車の世界を取り巻く大きな変化の一つ。大手ではWiggleやChean Reaction Cyclesなど。両方共サイトが日本語化をほぼ終了していてまるで国内サイトのように手軽に注文できるし値段もお手頃。 でもシュミットのハブダイナモは両方共取り扱い無し。そこで色々と調べてみるとSJSサイクルとSTARBIKEが取り扱っていることが判明。今回はGBP 圏ではなくEuro圏であるSTARBIKEに注文してみることにしました。初STARBIKEです。上の写真は今回注文した.Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination。自動点灯式で全面にリフレクタが付いてて直近への照射を重視したタイプ。伸びてるコードは2本あって、ハブダイナモ接続用とリアライト接続用です。 いつもながらパーツを注文するときは心踊る物がありますが、初めての外国のショップであればなおさらです。今回は初StarBike。 今までの検討を元に今回注文にしたのは以下のパーツ。 1.SON dynamo hub SONdelux 32H silver 本来は20インチ用のハブダイナモだがLEDライトを使えば27インチでも問題なく27インチ用のSON28より消灯時の抵抗が軽いという話だったのでこれにしてみることに。スポーク穴は32で。 2.Busch & Müller Lumotec IQ Cyo R senso plus with near field illumination フロントライト。自動点灯でレンズ面にリフレクタのようなギザギザがあり直近から照らすことができるタイプ。リフレクタ無しのモデルの方が理論的には明るいはずなのだが、直近を照らせる事を重視してこちらのモデルに。R無しタイプと果たしてどの程度の違いがあるかは未知数。 3.Busch & Müller Seculite Plus diode rear light リアライト。LunotecのSenso plusにはリアライト用のケーブルも付属してるらしいので。リアライトは色々あったのだがこれなら工夫次第でうまい具合に取り付けられると考えたため。Lumotecと併用することでトンネル等で自動点灯させられる事を期待。 4.Busch & Müller cross-bracket for cantilever brake boss リアライト取り付け用アダプター。もしかしたら使わないかもしれないし何かで代用できそうな気もするのだがせっかくの機会なのでとりあえず買ってみた。 以上の4点。 STARBIKEに注文した時点では、ライトのLumotecIQ...