Pocket

eTrex30にOpenStreetMap

正月明けに英国からやってきたeTrex30。その内蔵地図ではおおざっぱ過ぎて使い物にならないので地図を入れてみました。利用したのはOpenStreetMapで作られた地図。とりあえず今のところ行き着いたのが上の写真です。


英国から購入したeTrex30。英語版です。日本語表示の方が何かとわかりやすくて良いのですが、今まで使っていたForetrex201も英語版だったのでまあ我慢すればどうにかなるはず。その内蔵地図ではおおざっぱ過ぎるのでどうにもならず、かといっていきなり市販の地図を買うのもちょっと悔しい。まずはとにかく無料の地図と言うことでOpenStreetMapから地図を作って入れてみることにしました。
eTrex30の場合、メモリーカードにGarminフォルダを作ってそこにimgファイルの地図を入れれば起動時に読み込んでくれます。ですのでOpenStreetMapのデータを利用させてもらいimgファイルを作成すればOKという流れ。
色々と調べてみると、こちら→でOpenStreetMapから作られたimgファイルを配布してます。試しにダウンロードしてメモリーカードに入れてみました。
メモリーカードは他のGarminGPSと同じように電池の裏にセットします。
先ほどのサイトの、アジア>極東>日本からjapan.img.zipをダウンロードして解凍。gmapsuppにリネームしてメモリーカードにコピーしてセット。メモリーカードは以下のマイクロSDカードを使ってみました。

Transcend microSDHCカード 4GB Class2 永久保証 TS4GUSDHC2
edit

Transcend microSDHCカード 4GB Class2 永久保証 TS4GUSDHC2トランセンド・ジャパン
(定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
Personal Computers
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

問題なく認識。
メモリーカードにGarminフォルダを作ってその中に先ほどダウンロードしたOpenStreetMapのimgデータを入れてeTrex30を再起動。すると無事に地図が表示されました。
でもなんだか本来は細い路地が妙に強調表示されてて思いのほか使いにくい。
OSMファイルそのまま
その画面のキャプチャーはこんな感じ。草津湖岸側の800mスケール表示です。特にブルベでよく利用していた800mスケールが見づらいのは困った。それとローマ字表記かおかしい。中央やや下にある(Kusatsu)は読めますがその前に謎の文字が並んでます。これも何とかしたいところ。
なので、次のステップとして自分でOpenStreetMapからのGarimn用地図データのimgファイルを作ってみることにしました。
同じサイトからOpenStreetMapのosmデータ形式のファイルjapan.osm.bz2をダウンロードして解凍。
それをsplitterを利用して分割したのちmkgmapでimgファイルを作ります。splitterとmkgmapについてはこちら→が詳しい。mkgmapは大量のデータを処理することができないので一度splitterを使ってosmファイルを分割してからmkgmapでimgファイルを作成するするという流れのようです。
そしてできあがったimgファイルを同じようにgmapsuppとリネームしてGarminフォルダに入れて再起動。
作った地図
表示されたのはこちら。同じく草津湖岸側の800mスケール。今度は細い路地の強調表示が無くなり良い感じです。うんうんなかなかいい。
ただローマ字表記がなんだかおかしい。またもや読めない綴りになってます。さらに調べてみるとどうやらOpenStreetMapのデータを使ってimgファイルを作る際に日本語部分が中国語表記のローマ字表記になってしまうのが原因らしい。色々と正しい表記に変換する方法があるようですが結構敷居が高めな作業になりそう。う~んこれはどうしたものかと調べてみると、こちら→にローマ字表記を正しく修正したimgファイルを配布されてる方がいらっしゃいました。早速使わせてもらいます。感謝感謝。
修正後OSMファイルから作った地図
同じようにimgファイルをコピーして再起動し表示された時のeTrex30の画面のキャプチャ画像がこちら。
路地の過剰強調表示も無くローマ字表記も直っているようで良い感じです。
この地図、表示がローマ字になるだけでルート検索も可能。とりあえずはこれで実用性のある地図が手に入りました。
ここまで来てもっと使いやすい地図はできないかと欲が出て、改めて見ると上記の地図、なんだかのっぺりした感じ。下の写真は信楽駅周辺のキャプチャです。
信楽駅周辺
見て分かるように等高線などの地形情報が入っていない。
自転車で走る際には等高線が見れるとなにかと便利です。そこでまたもや色々と検索して国土地理院の標高データから等高線データのみを抽出し同じくimgファイルを作ってみました。作ってみたのは滋賀の等高線データのみ。今度はgmapsupp2.imgとしてGarminフォルダに保存してOpenStreetMapから作った地図に重ね合わせて表示させてみたのが以下のキャプチャ画像。同じく信楽駅周辺です。
OSM+標高データー
う~ん。ちょっと微妙。等高線は表示できてるのですが、道路や他のテキスト情報と重なってしまっていまいち見づらい。これは却下せざるを得ない感じか。
調べてみると地図の作り方は色々とありそうなので今後も要検討なのですが、クオリティの高い地図を自作するのは結構手間がかかる作業になりそう。自作するために費やす手間を考えると素直に地図を購入するのが一番かも、という結論に傾きつつあります。

改訂新版 カシミール3D入門編
edit

改訂新版 カシミール3D入門編
杉本 智彦
実業之日本社
¥ 2,520 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)
Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120116-IMGP0002-67.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120116-IMGP0002-67-150x150.jpgyoko99自転車アイテムGPS,OpenStreetMap
正月明けに英国からやってきたeTrex30。その内蔵地図ではおおざっぱ過ぎて使い物にならないので地図を入れてみました。利用したのはOpenStreetMapで作られた地図。とりあえず今のところ行き着いたのが上の写真です。 英国から購入したeTrex30。英語版です。日本語表示の方が何かとわかりやすくて良いのですが、今まで使っていたForetrex201も英語版だったのでまあ我慢すればどうにかなるはず。その内蔵地図ではおおざっぱ過ぎるのでどうにもならず、かといっていきなり市販の地図を買うのもちょっと悔しい。まずはとにかく無料の地図と言うことでOpenStreetMapから地図を作って入れてみることにしました。 eTrex30の場合、メモリーカードにGarminフォルダを作ってそこにimgファイルの地図を入れれば起動時に読み込んでくれます。ですのでOpenStreetMapのデータを利用させてもらいimgファイルを作成すればOKという流れ。 色々と調べてみると、こちら→でOpenStreetMapから作られたimgファイルを配布してます。試しにダウンロードしてメモリーカードに入れてみました。 メモリーカードは他のGarminGPSと同じように電池の裏にセットします。 先ほどのサイトの、アジア>極東>日本からjapan.img.zipをダウンロードして解凍。gmapsuppにリネームしてメモリーカードにコピーしてセット。メモリーカードは以下のマイクロSDカードを使ってみました。 edit Transcend microSDHCカード 4GB Class2 永久保証 TS4GUSDHC2トランセンド・ジャパン (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) Personal Computers 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) Amazon関連商品 ・SANDISK フラッシュカード SDSDQUA-064G-U46A 並行輸入品 ・microSDHC 4GB 東芝 Toshiba クラス4 バルク品 問題なく認識。 メモリーカードにGarminフォルダを作ってその中に先ほどダウンロードしたOpenStreetMapのimgデータを入れてeTrex30を再起動。すると無事に地図が表示されました。 でもなんだか本来は細い路地が妙に強調表示されてて思いのほか使いにくい。 その画面のキャプチャーはこんな感じ。草津湖岸側の800mスケール表示です。特にブルベでよく利用していた800mスケールが見づらいのは困った。それとローマ字表記かおかしい。中央やや下にある(Kusatsu)は読めますがその前に謎の文字が並んでます。これも何とかしたいところ。 なので、次のステップとして自分でOpenStreetMapからのGarimn用地図データのimgファイルを作ってみることにしました。 同じサイトからOpenStreetMapのosmデータ形式のファイルjapan.osm.bz2をダウンロードして解凍。 それをsplitterを利用して分割したのちmkgmapでimgファイルを作ります。splitterとmkgmapについてはこちら→が詳しい。mkgmapは大量のデータを処理することができないので一度splitterを使ってosmファイルを分割してからmkgmapでimgファイルを作成するするという流れのようです。 そしてできあがったimgファイルを同じようにgmapsuppとリネームしてGarminフォルダに入れて再起動。 表示されたのはこちら。同じく草津湖岸側の800mスケール。今度は細い路地の強調表示が無くなり良い感じです。うんうんなかなかいい。 ただローマ字表記がなんだかおかしい。またもや読めない綴りになってます。さらに調べてみるとどうやらOpenStreetMapのデータを使ってimgファイルを作る際に日本語部分が中国語表記のローマ字表記になってしまうのが原因らしい。色々と正しい表記に変換する方法があるようですが結構敷居が高めな作業になりそう。う~んこれはどうしたものかと調べてみると、こちら→にローマ字表記を正しく修正したimgファイルを配布されてる方がいらっしゃいました。早速使わせてもらいます。感謝感謝。 同じようにimgファイルをコピーして再起動し表示された時のeTrex30の画面のキャプチャ画像がこちら。 路地の過剰強調表示も無くローマ字表記も直っているようで良い感じです。 この地図、表示がローマ字になるだけでルート検索も可能。とりあえずはこれで実用性のある地図が手に入りました。 ここまで来てもっと使いやすい地図はできないかと欲が出て、改めて見ると上記の地図、なんだかのっぺりした感じ。下の写真は信楽駅周辺のキャプチャです。 見て分かるように等高線などの地形情報が入っていない。 自転車で走る際には等高線が見れるとなにかと便利です。そこでまたもや色々と検索して国土地理院の標高データから等高線データのみを抽出し同じくimgファイルを作ってみました。作ってみたのは滋賀の等高線データのみ。今度はgmapsupp2.imgとしてGarminフォルダに保存してOpenStreetMapから作った地図に重ね合わせて表示させてみたのが以下のキャプチャ画像。同じく信楽駅周辺です。 う~ん。ちょっと微妙。等高線は表示できてるのですが、道路や他のテキスト情報と重なってしまっていまいち見づらい。これは却下せざるを得ない感じか。 調べてみると地図の作り方は色々とありそうなので今後も要検討なのですが、クオリティの高い地図を自作するのは結構手間がかかる作業になりそう。自作するために費やす手間を考えると素直に地図を購入するのが一番かも、という結論に傾きつつあります。 edit 改訂新版 カシミール3D入門編 杉本 智彦 実業之日本社 ¥ 2,520 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) 単行本 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) Amazon関連商品 ・改訂新版 カシミール3D GPS応用編 ・改訂新版 カシミール3Dパーフェクトマスター編 ・スマホ+カシミール3D GPSログ自由自在 (実用百科) ・カシミール3D GPSで山登り 関東甲信越の山 300コース ・GARMIN eTrex10/20/30用 液晶保護フィルム 70005