Pocket

20090129-IMGP2441.jpg

高輝度/パワーLEDおよびハブダイナモがどんなものかなんとなくわかって来たところで、次はハブダイナモ用ライト回路自作について。いつものようにWebで検索。写真は先日届いた海外通販パーツ第2弾。ライト筐体です。


まずヒットしたのが下記のページ
ハブダイナモでLEDライトを点灯させる
この方は市販のLEDライトにハブダイナモからブリッジダイオードで整流した直流電流を直接流して(ある電圧以上にならないような回路を自作してLEDを保護しつつ)点灯させています。
このパターンが一番簡単かつ安全かもしれません。
なぜなら、市販のLEDライトにはLED本体の後ろにサーキットボードという回路が組み込まれていて(たまに電池直結というライトもあるらしい)その回路の後ろにある電池から入ってくる電流を制御してるとのこと。市販のライトには数段階の明るさで光るものや点滅モードを搭載しているものがありますが、その制御をしているがこのサーキットボードのようです。主に電流を制御しているらしい。
ですので、乾電池の代わりとなるような電源をそのサーキットボードに入れてあげれば、そのサーキットボードの入力条件を満たした電流と電圧になった時点から光り始めるはず。そしてそのサーキットボードにはおそらく安全回路も入っていることを期待すれば、何か故障が発生した場合でもLED本体は守られる確率が高いのでは?と考えられます。そこら辺は便利ですね。
しかし、サーキットボードを介することでどのくらいエネルギーロスしてるのかが良くわかりません。なるべくロスを発生させないためにはサーキットボードに相当する回路を自作しなければいけません。
そこでさらに検索していくと以下のページを発見。
自転車ダイナモ発電機で白色LEDをつける
このページ、とても詳しく基本からダイナモによる白色LED点灯について書いてあって便利。
まずは整流について。ダイナモからは交流が発生しますのでLEDを光らせるためにはそれを直流に変換しなければなりません。そのための幾つかの方法についての説明があります。一番よさそうなのは、最初のサイトと同じくブリッジダイオードで整流してコンデンサーを介して平滑化することのようです。
また、幾つかの回路も掲載されてます。
簡単そうなのはトランジスタを2つ使った定電流回路。
興味深いのは100均で売られているシガーライターソケット用DC-DCダウンコンバータを利用した定電流回路です。この回路だとエネルギーロスが少ないらしい。しかし回路素人の私には敷居が高そう。それと、この回路だと「高速になれば負荷が軽くなる」らしい。たしかに前回教えてもらったこの資料を読むとハブダイナモはライトを点灯させない状況では負荷が軽くなるらしい。
このDC-DCコンバータの出力調整の方法が理解できていないのですが、細かくオンオフを繰り返して出力を調整してるなら、確かに「高速になれば負荷が軽く」なりそう。
どの程度負荷が軽くなるかにもよりますが、こちらの回路を使った方が、脚には優しいライトになりそうです。
考えた末、とりあえず回路の自作はしてみることにして、まずは一番簡単そうなトランジスタ2つを使った定電流回路を作ってみることにしました。でも100均DC-DCコンバータを使った回路がロードのような高速で巡航する自転車には向いていると書かれてあるのでそちらも魅力的。なので、平行作業でこちらも検討して見ることに。果たしてうまくいくか?

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090129-IMGP2441.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090129-IMGP2441-150x150.jpgyoko99自転車アイテム
高輝度/パワーLEDおよびハブダイナモがどんなものかなんとなくわかって来たところで、次はハブダイナモ用ライト回路自作について。いつものようにWebで検索。写真は先日届いた海外通販パーツ第2弾。ライト筐体です。 まずヒットしたのが下記のページ ハブダイナモでLEDライトを点灯させる この方は市販のLEDライトにハブダイナモからブリッジダイオードで整流した直流電流を直接流して(ある電圧以上にならないような回路を自作してLEDを保護しつつ)点灯させています。 このパターンが一番簡単かつ安全かもしれません。 なぜなら、市販のLEDライトにはLED本体の後ろにサーキットボードという回路が組み込まれていて(たまに電池直結というライトもあるらしい)その回路の後ろにある電池から入ってくる電流を制御してるとのこと。市販のライトには数段階の明るさで光るものや点滅モードを搭載しているものがありますが、その制御をしているがこのサーキットボードのようです。主に電流を制御しているらしい。 ですので、乾電池の代わりとなるような電源をそのサーキットボードに入れてあげれば、そのサーキットボードの入力条件を満たした電流と電圧になった時点から光り始めるはず。そしてそのサーキットボードにはおそらく安全回路も入っていることを期待すれば、何か故障が発生した場合でもLED本体は守られる確率が高いのでは?と考えられます。そこら辺は便利ですね。 しかし、サーキットボードを介することでどのくらいエネルギーロスしてるのかが良くわかりません。なるべくロスを発生させないためにはサーキットボードに相当する回路を自作しなければいけません。 そこでさらに検索していくと以下のページを発見。 自転車ダイナモ発電機で白色LEDをつける このページ、とても詳しく基本からダイナモによる白色LED点灯について書いてあって便利。 まずは整流について。ダイナモからは交流が発生しますのでLEDを光らせるためにはそれを直流に変換しなければなりません。そのための幾つかの方法についての説明があります。一番よさそうなのは、最初のサイトと同じくブリッジダイオードで整流してコンデンサーを介して平滑化することのようです。 また、幾つかの回路も掲載されてます。 簡単そうなのはトランジスタを2つ使った定電流回路。 興味深いのは100均で売られているシガーライターソケット用DC-DCダウンコンバータを利用した定電流回路です。この回路だとエネルギーロスが少ないらしい。しかし回路素人の私には敷居が高そう。それと、この回路だと「高速になれば負荷が軽くなる」らしい。たしかに前回教えてもらったこの資料を読むとハブダイナモはライトを点灯させない状況では負荷が軽くなるらしい。 このDC-DCコンバータの出力調整の方法が理解できていないのですが、細かくオンオフを繰り返して出力を調整してるなら、確かに「高速になれば負荷が軽く」なりそう。 どの程度負荷が軽くなるかにもよりますが、こちらの回路を使った方が、脚には優しいライトになりそうです。 考えた末、とりあえず回路の自作はしてみることにして、まずは一番簡単そうなトランジスタ2つを使った定電流回路を作ってみることにしました。でも100均DC-DCコンバータを使った回路がロードのような高速で巡航する自転車には向いていると書かれてあるのでそちらも魅力的。なので、平行作業でこちらも検討して見ることに。果たしてうまくいくか?