Pocket

DOPPELGANGER FX04 blackecho FX04 blackecho
edit

DOPPELGANGER FX04 blackecho FX04 blackecho (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)

在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

通勤用に自転車を購入することになりました。せっかく琵琶湖のほとりに引っ越してきたのでここは折りたたみにして例えば京都などに持っていって自転車でお寺めぐりなんて事ができたらいいなあと思い、折りたたみ自転車を買うことにしました。でも通勤用で日中は目が届かない場所におかざるを得ないのでそれほど高価なものは避けることに。しかし値段と重さが反比例することは自転車の常識。折りたたんで持ち運ぶにはなんとか軽い自転車は無いかといろいろと検索してみてたどり最終的に着いたのがドッペルギャンガーFX04でした。重さ約12キロで軽め。早速アマゾンで購入してみました。


発注して4日後くらいに到着。早速箱を開けてみます。組み立ては簡単。まずは折りたたみを開いて自転車の形に戻します。そしてハンドルを締めてサドルを固定。ハンドルを締めるレンチは付属してます。最後にペダルを装着。ペダル装着用のスパナも付属してたのですがなぜか大きさが合わず。家にあったモンキースパナで締めます。あとペダルは折りたたみではなかったです。
タイヤがぺちゃんこなので空気入れで空気を入れます。とりあえず部屋の中でブレーキをチェックしてみると相当甘い。ワイヤーのテンションも低いようですが、その前に、特に前ブレーキが薄い鉄板でできてるようなブレーキで、ブレーキを握ってちょっと力を入れて自転車を押してみるだけでたわみます。恐ろしいですがこの値段だとしょうがないのでしょう。ギアも変速させてみると一番重い7段だけ何とか合っているという状態。ギア調整が必須です。調整自体は難しくないのですが、自転車を少しもいじったことが無い人にはやさしくない自転車だなと思いました。

梱包

実際に外で走行試験です。サドルに跨ってハンドルに手をやってみると身長170cmの私でもハンドルが少し遠い感じがしました。おそらくサドルをずっと下げても小柄な女性にはちょっとハンドルまで遠すぎてつらいかもしれません。サドルが硬いと指摘されているblogを見ましたがロードレーサのサドルから見るとやわらかい部類でした。あとは自転車自体が結構軽いのは救いです。漕ぎ出しもスムーズ。
とりあえずこのまま乗って様子見て、まずはブレーキ交換ですね。付属しているブレーキではちょっと長めの坂でも安全に止まる自信なしですので。ブレーキを取り替えるまではとにかくスピード出さずに安全運転でいくことにしないと。できればホイールもクイックリリースに取替えたいのですがあまりやりすぎると改造費が購入費を上回ることになりかねないので節度ある改造にとどめておく予定。。。。

Pocket

AmazonでDOPPELGANGER FX04http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/B001GV0NQS.09._SCMZZZZZZZ_.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/B001GV0NQS.09._SCMZZZZZZZ_-150x150.jpgyoko99自転車アイテムアマゾン,ドッペルギャンガー
edit DOPPELGANGER FX04 blackecho FX04 blackecho (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) 通勤用に自転車を購入することになりました。せっかく琵琶湖のほとりに引っ越してきたのでここは折りたたみにして例えば京都などに持っていって自転車でお寺めぐりなんて事ができたらいいなあと思い、折りたたみ自転車を買うことにしました。でも通勤用で日中は目が届かない場所におかざるを得ないのでそれほど高価なものは避けることに。しかし値段と重さが反比例することは自転車の常識。折りたたんで持ち運ぶにはなんとか軽い自転車は無いかといろいろと検索してみてたどり最終的に着いたのがドッペルギャンガーFX04でした。重さ約12キロで軽め。早速アマゾンで購入してみました。 発注して4日後くらいに到着。早速箱を開けてみます。組み立ては簡単。まずは折りたたみを開いて自転車の形に戻します。そしてハンドルを締めてサドルを固定。ハンドルを締めるレンチは付属してます。最後にペダルを装着。ペダル装着用のスパナも付属してたのですがなぜか大きさが合わず。家にあったモンキースパナで締めます。あとペダルは折りたたみではなかったです。 タイヤがぺちゃんこなので空気入れで空気を入れます。とりあえず部屋の中でブレーキをチェックしてみると相当甘い。ワイヤーのテンションも低いようですが、その前に、特に前ブレーキが薄い鉄板でできてるようなブレーキで、ブレーキを握ってちょっと力を入れて自転車を押してみるだけでたわみます。恐ろしいですがこの値段だとしょうがないのでしょう。ギアも変速させてみると一番重い7段だけ何とか合っているという状態。ギア調整が必須です。調整自体は難しくないのですが、自転車を少しもいじったことが無い人にはやさしくない自転車だなと思いました。 実際に外で走行試験です。サドルに跨ってハンドルに手をやってみると身長170cmの私でもハンドルが少し遠い感じがしました。おそらくサドルをずっと下げても小柄な女性にはちょっとハンドルまで遠すぎてつらいかもしれません。サドルが硬いと指摘されているblogを見ましたがロードレーサのサドルから見るとやわらかい部類でした。あとは自転車自体が結構軽いのは救いです。漕ぎ出しもスムーズ。 とりあえずこのまま乗って様子見て、まずはブレーキ交換ですね。付属しているブレーキではちょっと長めの坂でも安全に止まる自信なしですので。ブレーキを取り替えるまではとにかくスピード出さずに安全運転でいくことにしないと。できればホイールもクイックリリースに取替えたいのですがあまりやりすぎると改造費が購入費を上回ることになりかねないので節度ある改造にとどめておく予定。。。。