Pocket

SG305

通勤用に使用中のDOPPELGANGER FX04の夜間照明用にGENTOSのSG-305を取り付けました。写真がその様子。ハンドルバーに直接付いているのはDOPPELGANGER FX04付属のライト。


GENTOSのSG-305閃、ホームセンターでも売ってて手軽な値段の割には明るいライトです。SG-305の明るさはキャットアイの520を確実に越えます。ですが問題は10時間と書かれてる点灯時間。確かに10時間程度は(実際はもっと長く)点灯してはいます。でも自転車に取り付けて夜道を走ることを考えると使えるのは5時間程度まで。GENTOSのSG-305は徐々に暗くなっていくタイプで、だいたい5時間程たった後はもう暗くて自転車で夜道を走るといった用途としては使い物にはならないレベルになってしまいます。
この実用になる点灯時間の短さは長距離のブルベで特に2晩以上過ごす必要がある場合などはちょっと困りもの。SG-305は単4を3本使うタイプのライトなので持ってく電池だけで大量になってしまうからです。例えば SG-305を2つ装備してブルベに挑んだ場合、1晩でも単4を3×2本分×2セット(10時間分)=12本持っていかなければなりません。2晩分だと 24本!コンビニで補充しながらっていう事も考えられますが使い終わった電池の捨て場所を探すのに困ります。ましてやエネループで…などと考えるともはや絶対無理。

キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520 HL-EL520
edit

キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520 HL-EL520
<>
キャットアイ(CAT EYE)
¥ 0 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:48現在)

その点、キャットアイの520は点灯時間60時間と言うだけあって2晩の連続点灯可能。それと自転車用に作られているので振動にも強くて信頼性が高いのも魅力。それと520の特徴としてもう一つ。それは手元が明るい事。したがって前輪車軸に以下のようなランプアダプターを付けて主に直近の地面を照らすライトとして最適。キャットアイの520はブルベ用にと一番最初に購入したライトなのですが、未だにブルベには持っていくライトの1つになってます。

そんなわけで、ブルベではSG-305は次第に使わなくなってきてしまいました。ブルベでのライト装備の変遷について詳しくはこちら→

<img src=”http://images-jp.amazon.com/images/G/09/nav2/dp/no-image-no-ciu._AA120_.gif” border=”0″ alt=”GENTOS LEDライト 閃(セン) 【GENTOS 30周年記念モデル】 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間
/フォーカスコントロール機能搭載】 SG-305″ />

edit

GENTOS LEDライト 閃(セン) 【GENTOS 30周年記念モデル】 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間
/フォーカスコントロール機能搭載】 SG-305

<>
GENTOS
(定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
ホーム&キッチン
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

でも手軽なわりには結構明るいSG-305は、普段の通勤だとさすがに5時間以上乗ることはまず無いので最適。ですので現在余っているSG-305を通勤用のDOPPELGANGER FX04に装着。

MINOURA SG-100N スペースグリップ ブラック
edit

MINOURA SG-100N スペースグリップ ブラックミノウラ
¥ 1,103 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

つけ方は、ハンドルステムにミノウラのスペースグリップを下向きにつけてそこに装着。このスタイルが好みなんです。このスタイルだと手元でONOFFが手軽にできるし、しっかりと取り付けられるので。ブルベでもこのスタイルでライトを使用しています。

ミノウラ SG-200L シルバー 130×137 SG-200L
edit

ミノウラ SG-200L シルバー 130×137 SG-200Lミノウラ
¥ 1,449 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
その他
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

ブルベ用のロードにはスペースクリップだと柄が短すぎるので、同じミノウラのスイングクリップ(SG-200L)を使って取り付けてます。
スペースグリップへのSG-305の取り付けは香港の DealExtremeで販売しているこれを使ってます。

取り付け

これだとSG-305がぴったりはまります。硬質ゴムだけの簡単な構造ですが今までずれ落ちることも無し。
SG-305を使っている皆さんを見ると、Bikeguy バイクライトホルダーをつかている方が多いみたいです。

Bikeguy バイクライトホルダー
edit

Bikeguy バイクライトホルダーユニコ(UNICO)
¥ 693 (定価)
¥ 536 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫あり。
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

ちなみにDOPPELGANGER FX04にはライトが付属してます。以下のライト。

ドッペルギャンガー付属ライト

このライトは地面を照らすほどの明るさは無いのでフラッシュモードで使ってます。
さてキャットアイの520とGENTOSのSG-305、実際の明るさを比較してみました。電池は両方共に満タンまで充電したエネループを使用。

キャットアイ520

まずはキャットアイの520。前述したように520は手元から明るさがあることが特徴。しかしそれほど明るくない。

GENTOS SG-305

逆にGENTOSのSG-305は遠方を照らすのが得意でやっぱりキャットアイの520よりSG-305の方が明るいです。でも520も点灯時間が長く信頼性は高いので、まあ一長一短と言ったところ。

305+520

ところで手元を照らすのが特徴の520と遠方を照らすのが得意のGENTOSの305を組み合わせた場合はこんな感じ。
手元から遠方まで明るくなってなかなか良いです。305と520のコンビで使うのもお勧め。お互いの長所短所を補う感じです。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100203-IMGP2393.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100203-IMGP2393-150x150.jpgyoko99自転車アイテムドッペルギャンガー,自転車ライト
通勤用に使用中のDOPPELGANGER FX04の夜間照明用にGENTOSのSG-305を取り付けました。写真がその様子。ハンドルバーに直接付いているのはDOPPELGANGER FX04付属のライト。 GENTOSのSG-305閃、ホームセンターでも売ってて手軽な値段の割には明るいライトです。SG-305の明るさはキャットアイの520を確実に越えます。ですが問題は10時間と書かれてる点灯時間。確かに10時間程度は(実際はもっと長く)点灯してはいます。でも自転車に取り付けて夜道を走ることを考えると使えるのは5時間程度まで。GENTOSのSG-305は徐々に暗くなっていくタイプで、だいたい5時間程たった後はもう暗くて自転車で夜道を走るといった用途としては使い物にはならないレベルになってしまいます。 この実用になる点灯時間の短さは長距離のブルベで特に2晩以上過ごす必要がある場合などはちょっと困りもの。SG-305は単4を3本使うタイプのライトなので持ってく電池だけで大量になってしまうからです。例えば SG-305を2つ装備してブルベに挑んだ場合、1晩でも単4を3×2本分×2セット(10時間分)=12本持っていかなければなりません。2晩分だと 24本!コンビニで補充しながらっていう事も考えられますが使い終わった電池の捨て場所を探すのに困ります。ましてやエネループで...などと考えるともはや絶対無理。 edit キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520 HL-EL520 <> キャットアイ(CAT EYE) ¥ 0 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:48現在) その点、キャットアイの520は点灯時間60時間と言うだけあって2晩の連続点灯可能。それと自転車用に作られているので振動にも強くて信頼性が高いのも魅力。それと520の特徴としてもう一つ。それは手元が明るい事。したがって前輪車軸に以下のようなランプアダプターを付けて主に直近の地面を照らすライトとして最適。キャットアイの520はブルベ用にと一番最初に購入したライトなのですが、未だにブルベには持っていくライトの1つになってます。 そんなわけで、ブルベではSG-305は次第に使わなくなってきてしまいました。ブルベでのライト装備の変遷について詳しくはこちら→ <img src='http://images-jp.amazon.com/images/G/09/nav2/dp/no-image-no-ciu._AA120_.gif' border='0' alt='GENTOS LEDライト 閃(セン) 【GENTOS 30周年記念モデル】 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間 /フォーカスコントロール機能搭載】 SG-305' /> edit GENTOS LEDライト 閃(セン) 【GENTOS 30周年記念モデル】 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間 /フォーカスコントロール機能搭載】 SG-305 <> GENTOS (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) ホーム&キッチン 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) でも手軽なわりには結構明るいSG-305は、普段の通勤だとさすがに5時間以上乗ることはまず無いので最適。ですので現在余っているSG-305を通勤用のDOPPELGANGER FX04に装着。 edit MINOURA SG-100N スペースグリップ ブラックミノウラ ¥ 1,103 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) つけ方は、ハンドルステムにミノウラのスペースグリップを下向きにつけてそこに装着。このスタイルが好みなんです。このスタイルだと手元でONOFFが手軽にできるし、しっかりと取り付けられるので。ブルベでもこのスタイルでライトを使用しています。 edit ミノウラ SG-200L シルバー 130×137 SG-200Lミノウラ ¥ 1,449 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) その他 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) ブルベ用のロードにはスペースクリップだと柄が短すぎるので、同じミノウラのスイングクリップ(SG-200L)を使って取り付けてます。 スペースグリップへのSG-305の取り付けは香港の DealExtremeで販売しているこれを使ってます。 これだとSG-305がぴったりはまります。硬質ゴムだけの簡単な構造ですが今までずれ落ちることも無し。 SG-305を使っている皆さんを見ると、Bikeguy バイクライトホルダーをつかている方が多いみたいです。 edit Bikeguy バイクライトホルダーユニコ(UNICO) ¥ 693 (定価) ¥ 536 (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫あり。 (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) ちなみにDOPPELGANGER FX04にはライトが付属してます。以下のライト。 このライトは地面を照らすほどの明るさは無いのでフラッシュモードで使ってます。 さてキャットアイの520とGENTOSのSG-305、実際の明るさを比較してみました。電池は両方共に満タンまで充電したエネループを使用。 まずはキャットアイの520。前述したように520は手元から明るさがあることが特徴。しかしそれほど明るくない。 逆にGENTOSのSG-305は遠方を照らすのが得意でやっぱりキャットアイの520よりSG-305の方が明るいです。でも520も点灯時間が長く信頼性は高いので、まあ一長一短と言ったところ。 ところで手元を照らすのが特徴の520と遠方を照らすのが得意のGENTOSの305を組み合わせた場合はこんな感じ。 手元から遠方まで明るくなってなかなか良いです。305と520のコンビで使うのもお勧め。お互いの長所短所を補う感じです。