Pocket

GT730FL

年末年始の帰省の際に秋月でGPSロガー(GT-730F/L)を買ってきました。値段は3200円。お手軽&格安GPSロガーです。自転車走行ログ取得用として使えるか試してみました。


秋月では電源内臓タイプも売ってますがGT-703F/Lは電池が内蔵されていないタイプ。でもUSB出力の電池フォルダーがサービスでつきます。写真の黒いのがそれ。単3×4で使うタイプ。購入したGPSロガー(GT-730F/L)を繋げてみると問題なく動きます。電池フォルダーサービスで買ってきてすぐに使えるのは便利です。
ところでこのGPSロガーというもの、ブルベで良く見かけるガーミンのGPSのような液晶がついていないのでナビゲーション機能はありません。ただ走行ログ(軌跡)を保存してくれるので、自転車に乗って帰ってきてから走行ログをGPSロガーからダウンロードして Googleマップやカシミールに保存してニヤニヤできるという製品です。それだけでも結構楽しい。
走行ログのダウンロードは付属のCDに入っているソフトPhotoTaggerを使えばOK。PhotoTaggerでGPSロガーのログ消去やログ取得タイミングの調整などが可能。 PhotoTaggerの最初の立ち上げの際に紙のCDケースの裏に書いてあるシリアルナンバーが必要なので注意。
早速使ってみました。
使ったのは先日のCHERUBIM新車の初乗り。自宅をでる時にスイッチON(といってもスイッチボタンがあるわけではなくUSB出力の電池ホルダーにGPS ロガーを差し込むだけ)。特にGPS衛生の補足を気にすること無くアウターのポケット(背中にポケットが無かったので手が入る方のポケット)に入れてそのまま走り始めました。ちなみに衛生を補足してログ取得ができるようになるとLEDが点滅。
その後はGPSロガーを取り出すこと無くそのままポケットに入れて走行。約1時間程の初乗りの後、PCでログを見てみました。
まずはPhotoTaggerを立ち上げてGPSロガーをUSBに取り付けて内部のログをダウンロード。PhotoTaggerにログがダウンロードされるとそのままGoogleマップ上に表示されます。そしてPhotoTaggerでgpxファイルで保存すれば、カシミールや轍などの他のソフトでも走行ログを利用可能。
表示させてみるとまずまずの軌跡を記録しているようです。でも標高データがおかしい。カシミールで緯度経度を元にして標高データを修正。そしていつものように轍で表示させてみた結果はこちら→
取得した走行ログを細かく見るとやはり無造作にポケットに放り込んで走り出したのは良くなかったらしく、ログ取得を始めたのは草津道の駅までの行程の中間点より少し手前からだったようです。その後、所々おかしなログを記録しつつ、終着点付近では大きくログが乱れてます。ですが、ポケットに無造作に突っ込んだまま計測した割にはまあまあ綺麗なログが取れているのではと思います。次回は、背中のポケットやフレームにつけたトライバックなどに入れてログの取得状況について調べてみる予定。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100114-IMGP2209s.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100114-IMGP2209s-150x150.jpgyoko99自転車アイテムGPS
年末年始の帰省の際に秋月でGPSロガー(GT-730F/L)を買ってきました。値段は3200円。お手軽&格安GPSロガーです。自転車走行ログ取得用として使えるか試してみました。 秋月では電源内臓タイプも売ってますがGT-703F/Lは電池が内蔵されていないタイプ。でもUSB出力の電池フォルダーがサービスでつきます。写真の黒いのがそれ。単3×4で使うタイプ。購入したGPSロガー(GT-730F/L)を繋げてみると問題なく動きます。電池フォルダーサービスで買ってきてすぐに使えるのは便利です。 ところでこのGPSロガーというもの、ブルベで良く見かけるガーミンのGPSのような液晶がついていないのでナビゲーション機能はありません。ただ走行ログ(軌跡)を保存してくれるので、自転車に乗って帰ってきてから走行ログをGPSロガーからダウンロードして Googleマップやカシミールに保存してニヤニヤできるという製品です。それだけでも結構楽しい。 走行ログのダウンロードは付属のCDに入っているソフトPhotoTaggerを使えばOK。PhotoTaggerでGPSロガーのログ消去やログ取得タイミングの調整などが可能。 PhotoTaggerの最初の立ち上げの際に紙のCDケースの裏に書いてあるシリアルナンバーが必要なので注意。 早速使ってみました。 使ったのは先日のCHERUBIM新車の初乗り。自宅をでる時にスイッチON(といってもスイッチボタンがあるわけではなくUSB出力の電池ホルダーにGPS ロガーを差し込むだけ)。特にGPS衛生の補足を気にすること無くアウターのポケット(背中にポケットが無かったので手が入る方のポケット)に入れてそのまま走り始めました。ちなみに衛生を補足してログ取得ができるようになるとLEDが点滅。 その後はGPSロガーを取り出すこと無くそのままポケットに入れて走行。約1時間程の初乗りの後、PCでログを見てみました。 まずはPhotoTaggerを立ち上げてGPSロガーをUSBに取り付けて内部のログをダウンロード。PhotoTaggerにログがダウンロードされるとそのままGoogleマップ上に表示されます。そしてPhotoTaggerでgpxファイルで保存すれば、カシミールや轍などの他のソフトでも走行ログを利用可能。 表示させてみるとまずまずの軌跡を記録しているようです。でも標高データがおかしい。カシミールで緯度経度を元にして標高データを修正。そしていつものように轍で表示させてみた結果はこちら→ 取得した走行ログを細かく見るとやはり無造作にポケットに放り込んで走り出したのは良くなかったらしく、ログ取得を始めたのは草津道の駅までの行程の中間点より少し手前からだったようです。その後、所々おかしなログを記録しつつ、終着点付近では大きくログが乱れてます。ですが、ポケットに無造作に突っ込んだまま計測した割にはまあまあ綺麗なログが取れているのではと思います。次回は、背中のポケットやフレームにつけたトライバックなどに入れてログの取得状況について調べてみる予定。