Pocket

海辺定食

久々に境川自転車道を海に向かって南下。初めて逗子海岸を越えてさらにその先に行ってみました。目的地は佐島の海辺で海辺定食です。今回は前回(集団走行2回目)の課題を生かし、相方の後半のペースダウンに備えアミノバイタルプラスのゼリーを持参。さてどうなることでしょう。写真は海辺定食。この他に煮魚とてんぷら付き。

本日のスタートは淵野辺駅。出発は9時ごろと少し遅めになりました。天気予報ではこの日は深夜から雪とのこと。寒さを覚悟して走り始めましたが、午前中まではなんとなく晴れていて走っていると汗ばむくらいで一安心。道順は、まずはゆうき食堂コースのトレースから。嶽の内立体で横浜線をくぐり境川自転車道路に入り、246、中原街道を過ぎ、いつもの東屋でトイレ休憩。藤沢橋から一般道に入ります。一般道を走り腰越の交差点から海沿いの134号線に。ここで時間は大体11時ちょっと過ぎ。ちょうどゆうき食堂の開店時間にぴったり合いそうで、しかもおなかもすいて来たしどうするか迷いましたが、当初の目標どおり佐島の海辺へ向かうことにして、取り合えず七里ヶ浜駅前のセブンイレブンで休憩。ドーナツとコーヒーでエネルギを少々補給です。
おなかも落ち着いたところで再び出発。稲村ヶ崎を通過し滑川の交差点を直進。ゆうき食堂の場合は、滑川の交差点を過ぎてしばらく行ったところの左手の駐車場を抜けて小坪海岸トンネルに入り逗子マリーナ方面へ向かうのですが、今回は134号線をこのまま直進。1つトンネルを過ぎて伊勢山トンネルに。伊勢山トンネルは結構長く中も暗いので注意が必要です。伊勢山トンネルを過ぎて逗子海岸沿いを進んで渚橋の交差点を直進して長柄トンネルへ。134号線に沿って出たところを右折。葉山トンネル、プリンのマーロウを過ぎ、葉山大道の交差点を進し御用邸前を左折。しばらく海沿いを走って道が再び内陸に向かうと佐島マリーナへの看板が見え始めます。看板に従って大楠小学校前の交差点を右折して佐島マリーナ方面に。マリーナを過ぎてしばらく走ると海辺に到着です。

から揚げ定食

海辺に着いたのは12時半頃。12時を過ぎると、太陽が雲に隠れてしまって寒くなってきましたので屋内のテーブル席を希望。ちょうどお昼の混雑がひと段落したようで運良く直ぐに座れました。頼んだのは海辺定食1900円とから揚げ丼定食1000円。写真のから揚げ丼はご飯が多い。でもご飯の上に載っているから上げが小さい魚数匹と海老1匹でちょっとしょぼい感じがしました。定食についてくるあら汁は熱々であればもっと良かったのですが美味しかったです。海辺はゆうき食堂をこざっぱりとした感じでしょうか。全体的に考えるとゆうき食堂の豪快さの方が我々にはあっているかなーという感じでした。海辺も結構繁盛しているようで我々の後にもひっきりなしにお客さんがやってきました。

アミノバイタルプラスの粉末。ゼリーより即効性が高い?

さて、おなかも膨れて帰路に。今回は来た道を逆にたどって帰ることにしました。逗子、鎌倉を過ぎて腰越のスリーエフで休憩。ここで今回の秘密兵器アミノバイタルプラスのゼリーを相方が摂取。果たして前回のように劇的な疲労回復効果を見せるかどうか検証です。
腰越から藤沢へ。藤沢橋から境川自転車道へ。しかし相方なかなかペースが上がりません。疲労回復効果はそれほど見られないようです。パウダーの方が即効性があるんでしょうか?
相方が疲れているようなので、帰路の結構お気に入りの休憩スポット、境川自転車道と中原街道との交差点にある和菓子の松埜さんに。松埜さん、隣の駐車場に家が建っていて風景ががらっと変わっていて少しびっくりしました。自転車はその家と松埜さんとの間に駐車して店内へ。松埜さん、店内にお茶のサービスがあるイートインスペースがあり、買った和菓子をその場でいただけます。お茶のサービスもあるし。串団子のあんこと生クリームどら焼きを購入。イートインスペースでしばし寛ぎます。生クリームどら焼き、なかなかうまい。

和菓子の松埜さんで休憩

松埜さん、なかなか盛況のようで、我々の後に来た家族連れもイートインスペースで和菓子を食べて行きました。
さて、そんなこんなで時間は4時近くになっています。あまりゆっくりしていると暗くなってくるので出発。するとゆっくり休んだのが良かったのか、もしかしたら先ほど飲んだアミノバイタルプラスのゼリーが効いてきたのか、相方結構ペースが上がってきます。グランベリーモール、町田を過ぎ、いつもゆっくり歩道を走っている横浜線をくぐる嶽の内立体も勢い余ってそのまま車道でパス。そのおかげかなんとか本格的に暗くなる5時少し前に淵野辺に到着しました。
今回初めて逗子を越え佐島まで行ってみました。ゆうき食堂がある小坪からそれほど距離も感じず着くことができました。佐島まで行くと三崎まで十数kmです。次回は三崎までですねえ。三崎の町はいろいろ面白そうですから楽しみです。でも今回のように9時出発だとちょっと遅すぎです。せめて8時出発にしないと帰ってくるのがつらくなりそうです。あと相方の後半のペースダウンについてはもう少し補給・休憩を考えて走らないといけないですねえ。手軽に補給が取れるような仕組みも必要かも。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080126-IMGP0976.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080126-IMGP0976-150x150.jpgyoko999自転車ログ
久々に境川自転車道を海に向かって南下。初めて逗子海岸を越えてさらにその先に行ってみました。目的地は佐島の海辺で海辺定食です。今回は前回(集団走行2回目)の課題を生かし、相方の後半のペースダウンに備えアミノバイタルプラスのゼリーを持参。さてどうなることでしょう。写真は海辺定食。この他に煮魚とてんぷら付き。 (走行ログはこちら。) 本日のスタートは淵野辺駅。出発は9時ごろと少し遅めになりました。天気予報ではこの日は深夜から雪とのこと。寒さを覚悟して走り始めましたが、午前中まではなんとなく晴れていて走っていると汗ばむくらいで一安心。道順は、まずはゆうき食堂コースのトレースから。嶽の内立体で横浜線をくぐり境川自転車道路に入り、246、中原街道を過ぎ、いつもの東屋でトイレ休憩。藤沢橋から一般道に入ります。一般道を走り腰越の交差点から海沿いの134号線に。ここで時間は大体11時ちょっと過ぎ。ちょうどゆうき食堂の開店時間にぴったり合いそうで、しかもおなかもすいて来たしどうするか迷いましたが、当初の目標どおり佐島の海辺へ向かうことにして、取り合えず七里ヶ浜駅前のセブンイレブンで休憩。ドーナツとコーヒーでエネルギを少々補給です。 おなかも落ち着いたところで再び出発。稲村ヶ崎を通過し滑川の交差点を直進。ゆうき食堂の場合は、滑川の交差点を過ぎてしばらく行ったところの左手の駐車場を抜けて小坪海岸トンネルに入り逗子マリーナ方面へ向かうのですが、今回は134号線をこのまま直進。1つトンネルを過ぎて伊勢山トンネルに。伊勢山トンネルは結構長く中も暗いので注意が必要です。伊勢山トンネルを過ぎて逗子海岸沿いを進んで渚橋の交差点を直進して長柄トンネルへ。134号線に沿って出たところを右折。葉山トンネル、プリンのマーロウを過ぎ、葉山大道の交差点を進し御用邸前を左折。しばらく海沿いを走って道が再び内陸に向かうと佐島マリーナへの看板が見え始めます。看板に従って大楠小学校前の交差点を右折して佐島マリーナ方面に。マリーナを過ぎてしばらく走ると海辺に到着です。 海辺に着いたのは12時半頃。12時を過ぎると、太陽が雲に隠れてしまって寒くなってきましたので屋内のテーブル席を希望。ちょうどお昼の混雑がひと段落したようで運良く直ぐに座れました。頼んだのは海辺定食1900円とから揚げ丼定食1000円。写真のから揚げ丼はご飯が多い。でもご飯の上に載っているから上げが小さい魚数匹と海老1匹でちょっとしょぼい感じがしました。定食についてくるあら汁は熱々であればもっと良かったのですが美味しかったです。海辺はゆうき食堂をこざっぱりとした感じでしょうか。全体的に考えるとゆうき食堂の豪快さの方が我々にはあっているかなーという感じでした。海辺も結構繁盛しているようで我々の後にもひっきりなしにお客さんがやってきました。 アミノバイタルプラスの粉末。ゼリーより即効性が高い? さて、おなかも膨れて帰路に。今回は来た道を逆にたどって帰ることにしました。逗子、鎌倉を過ぎて腰越のスリーエフで休憩。ここで今回の秘密兵器アミノバイタルプラスのゼリーを相方が摂取。果たして前回のように劇的な疲労回復効果を見せるかどうか検証です。 腰越から藤沢へ。藤沢橋から境川自転車道へ。しかし相方なかなかペースが上がりません。疲労回復効果はそれほど見られないようです。パウダーの方が即効性があるんでしょうか? 相方が疲れているようなので、帰路の結構お気に入りの休憩スポット、境川自転車道と中原街道との交差点にある和菓子の松埜さんに。松埜さん、隣の駐車場に家が建っていて風景ががらっと変わっていて少しびっくりしました。自転車はその家と松埜さんとの間に駐車して店内へ。松埜さん、店内にお茶のサービスがあるイートインスペースがあり、買った和菓子をその場でいただけます。お茶のサービスもあるし。串団子のあんこと生クリームどら焼きを購入。イートインスペースでしばし寛ぎます。生クリームどら焼き、なかなかうまい。 松埜さん、なかなか盛況のようで、我々の後に来た家族連れもイートインスペースで和菓子を食べて行きました。 さて、そんなこんなで時間は4時近くになっています。あまりゆっくりしていると暗くなってくるので出発。するとゆっくり休んだのが良かったのか、もしかしたら先ほど飲んだアミノバイタルプラスのゼリーが効いてきたのか、相方結構ペースが上がってきます。グランベリーモール、町田を過ぎ、いつもゆっくり歩道を走っている横浜線をくぐる嶽の内立体も勢い余ってそのまま車道でパス。そのおかげかなんとか本格的に暗くなる5時少し前に淵野辺に到着しました。 今回初めて逗子を越え佐島まで行ってみました。ゆうき食堂がある小坪からそれほど距離も感じず着くことができました。佐島まで行くと三崎まで十数kmです。次回は三崎までですねえ。三崎の町はいろいろ面白そうですから楽しみです。でも今回のように9時出発だとちょっと遅すぎです。せめて8時出発にしないと帰ってくるのがつらくなりそうです。あと相方の後半のペースダウンについてはもう少し補給・休憩を考えて走らないといけないですねえ。手軽に補給が取れるような仕組みも必要かも。