Pocket

石水渓

信楽から京都300のコースを少し走って加太越えをし関に出て石水渓を通り安楽越えをして帰ってきました。写真はその石水渓。この日は午後からは雨でした。


まずは自転車ログ。

出発は7時頃。いつものように関津峠を越えて信楽へ向かいます。途中、春日神社へ左折して峠を登っていこうかと思いましたが、今日は天候が悪くなるという予報なので自重。富川トンネルを通って朝宮へ。

中野のコンビニで休憩

そして中野のコンビニで休憩。
中野のコンビニからは山田牧場の脇を通って信楽の神山へ。県道50号線に入って森のカフェの脇を通って直進。森のカフェを通り過ぎると50号線は極端な細道に変わります。

50号線の細道

こんな感じ。50号線、車がほとんど通らないので桜峠を越えるより好みです。その後は槇山、玉瀧と基本的には50号線を進んで柘植方面に。

関西本線を越える

柘植の手前で関西本線の踏切を越えます。
そして25号線の旧道に出てここから京都300コースで関まで。いわゆる加太(かぶと)越え。

関西本線に抜かされる

加田越えピーク手前では関西本線と併走。抜かされます。

ピーク後の砂利道区間

ピーク後の砂利道区間。3年前の近畿600で相方と共に通った際も未舗装でしたがまだ舗装されておらず。近畿600の際には逆から登ったので上りでスピードもゆっくりだったのですが、今回は下りになるのでそのままのスピードで突っ込むとちょっと危険かも。

雨装備へ

下っていると雨が降り出してきたので雨装備に変更。今日は長距離ブルベ用としてCarradiceのPendleを装備。雨対策としてSKS RACEBLADE LONGを着けてきてみました。SKS RACEBLADE LONG についての詳細は後日に。Pendleはビニールで覆い合羽上下を着込んで準備完了。

さーくるK

その後は下り基調で関に到着。近畿600で利用したサークルKが懐かしかったのでわざわざ道を渡ってそちらに行ってしまいました。京都300でもPC1になってます。わざわざ歩道を渡ってこちらのコンビニをPCにしてるのは何か理由があるのだろうか?ちなみにとなりは中華料理屋。サークルKでお昼。時間は11時半くらい。
その後はしばらく1号線を走ってサンシャインパークの所を左折。ここら辺はしばらく京都300のコースと同じ道です。

シャープ裏

しばらく走るとシャープの亀山工場。雨は結構降っていました。

激坂

亀山工場を過ぎて走って行くと目の前に立ちはだかる激坂が出現。この道、丘陵地帯に強引に道を作った!的な道のようで、見る者を萎えさせるような坂道が続いている雰囲気。京都300では307号線に出るまでこの道を走るのでこの区間要注意か。PC1直後なので補給で勢いつけて乗り切りたいところ。
その後の上り下りを繰り返して石水渓方面に左折。京都300のコースを離れて今度は石水渓を目指して上っていきます。

新名神をくぐる1

途中で新名神をくぐります。
キャンプ場を過ぎると本格的な上り。石水渓は冒頭の写真。石水渓を過ぎると安楽越えです。

安楽越えへ左折

ここを左折。出だしと終盤はそれほど傾斜がきつくなかったのですが中盤の傾斜がきつかった。

安楽峠

ようやく安楽峠に到着。雨なので慎重に下っていきます。

土山町

安楽峠を下ると土山町。またもや新名神をくぐります。

道の駅あいの土山

そして1号線に出て道の駅あいの土山でトイレ休憩。鈴鹿峠のこちら側に出てくれば雨が上がってるかと思いましたがその気配はなし。まあしょうが無いです。今回はブルベ雨装備テストと割り切ってその後は走行することに。

土山宿

道の駅の裏に出て土山宿を走ります。その後は基本的に下り基調。車が少ない直線道路を走って水口を通り旧東海道経由で石山で左折してJRA栗東トレーニングセンターの裏を通って帰宅。帰宅時間は15時半くらいでした。後半は雨でしたが雨装備のチェックができたという意味では何より。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120307-IMGP0017-026.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120307-IMGP0017-026-150x150.jpgyoko99自転車ログ鈴鹿方面
信楽から京都300のコースを少し走って加太越えをし関に出て石水渓を通り安楽越えをして帰ってきました。写真はその石水渓。この日は午後からは雨でした。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 出発は7時頃。いつものように関津峠を越えて信楽へ向かいます。途中、春日神社へ左折して峠を登っていこうかと思いましたが、今日は天候が悪くなるという予報なので自重。富川トンネルを通って朝宮へ。 そして中野のコンビニで休憩。 中野のコンビニからは山田牧場の脇を通って信楽の神山へ。県道50号線に入って森のカフェの脇を通って直進。森のカフェを通り過ぎると50号線は極端な細道に変わります。 こんな感じ。50号線、車がほとんど通らないので桜峠を越えるより好みです。その後は槇山、玉瀧と基本的には50号線を進んで柘植方面に。 柘植の手前で関西本線の踏切を越えます。 そして25号線の旧道に出てここから京都300コースで関まで。いわゆる加太(かぶと)越え。 加田越えピーク手前では関西本線と併走。抜かされます。 ピーク後の砂利道区間。3年前の近畿600で相方と共に通った際も未舗装でしたがまだ舗装されておらず。近畿600の際には逆から登ったので上りでスピードもゆっくりだったのですが、今回は下りになるのでそのままのスピードで突っ込むとちょっと危険かも。 下っていると雨が降り出してきたので雨装備に変更。今日は長距離ブルベ用としてCarradiceのPendleを装備。雨対策としてSKS RACEBLADE LONGを着けてきてみました。SKS RACEBLADE LONG についての詳細は後日に。Pendleはビニールで覆い合羽上下を着込んで準備完了。 その後は下り基調で関に到着。近畿600で利用したサークルKが懐かしかったのでわざわざ道を渡ってそちらに行ってしまいました。京都300でもPC1になってます。わざわざ歩道を渡ってこちらのコンビニをPCにしてるのは何か理由があるのだろうか?ちなみにとなりは中華料理屋。サークルKでお昼。時間は11時半くらい。 その後はしばらく1号線を走ってサンシャインパークの所を左折。ここら辺はしばらく京都300のコースと同じ道です。 しばらく走るとシャープの亀山工場。雨は結構降っていました。 亀山工場を過ぎて走って行くと目の前に立ちはだかる激坂が出現。この道、丘陵地帯に強引に道を作った!的な道のようで、見る者を萎えさせるような坂道が続いている雰囲気。京都300では307号線に出るまでこの道を走るのでこの区間要注意か。PC1直後なので補給で勢いつけて乗り切りたいところ。 その後の上り下りを繰り返して石水渓方面に左折。京都300のコースを離れて今度は石水渓を目指して上っていきます。 途中で新名神をくぐります。 キャンプ場を過ぎると本格的な上り。石水渓は冒頭の写真。石水渓を過ぎると安楽越えです。 ここを左折。出だしと終盤はそれほど傾斜がきつくなかったのですが中盤の傾斜がきつかった。 ようやく安楽峠に到着。雨なので慎重に下っていきます。 安楽峠を下ると土山町。またもや新名神をくぐります。 そして1号線に出て道の駅あいの土山でトイレ休憩。鈴鹿峠のこちら側に出てくれば雨が上がってるかと思いましたがその気配はなし。まあしょうが無いです。今回はブルベ雨装備テストと割り切ってその後は走行することに。 道の駅の裏に出て土山宿を走ります。その後は基本的に下り基調。車が少ない直線道路を走って水口を通り旧東海道経由で石山で左折してJRA栗東トレーニングセンターの裏を通って帰宅。帰宅時間は15時半くらいでした。後半は雨でしたが雨装備のチェックができたという意味では何より。