Pocket

クラブハリエジュブリルタン

次第に秋の気配が深まるなか、相方と共に再び琵琶イチをしてきました。写真は彦根のクラブハリエジュブリルタン。


まずは自転車ログ。

最近自転車にあまり乗る機会が無かった相方。久しぶりに自転車に乗りたいとのこと。どこに行きたいか聞いてみると「つるやパンのサンドイッチが食べたい」らしい。では目的地は木之本のつるやパンにすることにして、木之本まで行くならついでに琵琶イチしてしまおうと言うことになりました。
さすがに琵琶イチするには早めに出なければならないので出発時間は朝の7時10分頃。

草津川自転車道

朝の草津川自転車道路。よく晴れてて気持ちいいです。
今日は相方が新アイテムを投入。それはSPL-SLペダルとシューズ。今まで相方はSPDシューズだったのですが本日から晴れてSPD-SL化となったのでした。まずはその練習を兼ねて草津川自転車道を走ります。やはり、最初はなれない感じでクリートキャッチを失敗することしばし。でもそのうちなれたようなので、湖岸の自転車道路では無く内陸川を通ってまずは彦根を目指すことに。

近江八幡のローソンで休憩

途中の近江八幡のローソンで休憩。
相方にSPDーSLの調子はどう?と聞いてみると、今までと全然違う!との事。今まではゴム底のSPDシューズでしたので踏み込む力が逃げていたようで、今度のシューズはカーボン底なので力が逃げること無くずいぶんと楽そうです。足の疲れ方が全然違う!と言っておりました。
新調したシューズはスペシャライズドのシューズ。型落ち物を竜王のアウトレットモールでやすく手に入れました。竜王のアウトレットモール、小柄な相方にぴったりなものがアウトレットで安くでてることがあってなかなか重宝しています。

荒神山通り

近江八幡のサンクスを出て再び内陸を通ります。写真はハンググライダーの練習場がある荒神山の周りを通る荒神山通り。ここら辺まで来ると車がほとんど走らなくなるので快適です。その後は彦根市街に入って彦根城をかすめて湖岸に出ます。そしてクラブハリエのパン屋ジュブリルタンで再び休憩。ここを逃すと長浜の先の水鳥ステーションまで休憩ポイントがありません。こういう店に堂々と入れるのは相方と来てるおかげ。一人だとなかなか入りづらい。

ジュブリルタンの今日のパン

今日のパンはこちら。

屋外のイートンスペース

屋上のイートインスペースでいただきます。よく晴れてて気持ちがいいです。

屋内のスペース

ちなみにこちらは屋内。
ジュブリルタン、8時からオープンしててトイレも完備してるので休憩にはおすすめ。冒頭の写真の窓の向こうの赤いバンはホットドッグ屋。こちらは11時頃オープンらしい。
その後は湖岸沿いを走って長浜を通過。次は水鳥ステーションで休憩。

ビワマスのフライ

水鳥ステーションでは10周年記念イベントをやってました。試食してみたビワマスのフライがおいしかったので思わず購入。癖がない淡泊な味で美味でした。
そして木之元へ向けて再出発。

つるやパンへ右折

8号線の手前で44号線を離れて右折。
北国街道に入って左折してしばらくはしるとつるやパンに到着です。

つるやパン

今日もバイクの人やら車の人たちで結構込んでました。つるやパンで、サンドイッチとスマイルパン、そしてサラダパンを購入。お店前のベンチは既に先客がいたのでお店の奥の椅子とテーブルに座らせてもらって早速食べます。

サンドイッチ

こちらがサンドイッチの中身。ハムとマヨネーズだけなんですが妙においしい。
食べ終わって8号線を少し走って賤ヶ岳トンネルの旧道へ。若干の登り。

biwako

そして賤ヶ岳トンネルを出たところでお約束の琵琶湖の絶景。

風車村で休憩

その後は湖岸沿いに走って途中の新旭風車村で休憩。
白鬚神社の脇を通って琵琶湖大橋にたどり着いたところで日没。最後はライトを点灯させながら帰宅。帰宅時間は18時30分頃でした。

ぐるっとびわ湖 自転車の旅―びわ湖一周サイクリング公式ガイド
edit

京都新聞出版センター
¥ 1,260 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111031-IMGP0012-22.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111031-IMGP0012-22-150x150.jpgyoko99自転車ログ琵琶湖一周
次第に秋の気配が深まるなか、相方と共に再び琵琶イチをしてきました。写真は彦根のクラブハリエジュブリルタン。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 最近自転車にあまり乗る機会が無かった相方。久しぶりに自転車に乗りたいとのこと。どこに行きたいか聞いてみると「つるやパンのサンドイッチが食べたい」らしい。では目的地は木之本のつるやパンにすることにして、木之本まで行くならついでに琵琶イチしてしまおうと言うことになりました。 さすがに琵琶イチするには早めに出なければならないので出発時間は朝の7時10分頃。 朝の草津川自転車道路。よく晴れてて気持ちいいです。 今日は相方が新アイテムを投入。それはSPL-SLペダルとシューズ。今まで相方はSPDシューズだったのですが本日から晴れてSPD-SL化となったのでした。まずはその練習を兼ねて草津川自転車道を走ります。やはり、最初はなれない感じでクリートキャッチを失敗することしばし。でもそのうちなれたようなので、湖岸の自転車道路では無く内陸川を通ってまずは彦根を目指すことに。 途中の近江八幡のローソンで休憩。 相方にSPDーSLの調子はどう?と聞いてみると、今までと全然違う!との事。今まではゴム底のSPDシューズでしたので踏み込む力が逃げていたようで、今度のシューズはカーボン底なので力が逃げること無くずいぶんと楽そうです。足の疲れ方が全然違う!と言っておりました。 新調したシューズはスペシャライズドのシューズ。型落ち物を竜王のアウトレットモールでやすく手に入れました。竜王のアウトレットモール、小柄な相方にぴったりなものがアウトレットで安くでてることがあってなかなか重宝しています。 近江八幡のサンクスを出て再び内陸を通ります。写真はハンググライダーの練習場がある荒神山の周りを通る荒神山通り。ここら辺まで来ると車がほとんど走らなくなるので快適です。その後は彦根市街に入って彦根城をかすめて湖岸に出ます。そしてクラブハリエのパン屋ジュブリルタンで再び休憩。ここを逃すと長浜の先の水鳥ステーションまで休憩ポイントがありません。こういう店に堂々と入れるのは相方と来てるおかげ。一人だとなかなか入りづらい。 今日のパンはこちら。 屋上のイートインスペースでいただきます。よく晴れてて気持ちがいいです。 ちなみにこちらは屋内。 ジュブリルタン、8時からオープンしててトイレも完備してるので休憩にはおすすめ。冒頭の写真の窓の向こうの赤いバンはホットドッグ屋。こちらは11時頃オープンらしい。 その後は湖岸沿いを走って長浜を通過。次は水鳥ステーションで休憩。 水鳥ステーションでは10周年記念イベントをやってました。試食してみたビワマスのフライがおいしかったので思わず購入。癖がない淡泊な味で美味でした。 そして木之元へ向けて再出発。 8号線の手前で44号線を離れて右折。 北国街道に入って左折してしばらくはしるとつるやパンに到着です。 今日もバイクの人やら車の人たちで結構込んでました。つるやパンで、サンドイッチとスマイルパン、そしてサラダパンを購入。お店前のベンチは既に先客がいたのでお店の奥の椅子とテーブルに座らせてもらって早速食べます。 こちらがサンドイッチの中身。ハムとマヨネーズだけなんですが妙においしい。 食べ終わって8号線を少し走って賤ヶ岳トンネルの旧道へ。若干の登り。 そして賤ヶ岳トンネルを出たところでお約束の琵琶湖の絶景。 その後は湖岸沿いに走って途中の新旭風車村で休憩。 白鬚神社の脇を通って琵琶湖大橋にたどり着いたところで日没。最後はライトを点灯させながら帰宅。帰宅時間は18時30分頃でした。 edit ぐるっとびわ湖 自転車の旅―びわ湖一周サイクリング公式ガイド 京都新聞出版センター ¥ 1,260 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) 単行本 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) Amazon関連商品 ・しまなみ海道とびしま海道サイクリングマップ ・新版 京都・奈良・琵琶湖自転車散歩 ・自転車と旅 総集編 (ブルーガイドグラフ) ・新版大阪・神戸周辺自転車散歩 ・しまなみ島走BOOK (改訂版) 島遊びの達人がおすすめするサイクリングの解体新書!