Pocket

森のカフェベーコンステーキ

相方と共に和束から童仙房へ上り信楽を抜けて成田牧場を回って帰ってきました。
写真は途中の信楽で森のカフェでの昼食。ベーコンステーキランチ。とてつもなく大きな自家製ベーコンが出てきて大満足の写真。このベーコン、本当に大きかったですよ。おすすめ。


まずは自転車ログ。

平地を走るのはつまらないとの心強い相方の一言により、今回は和束に出て童仙房を登って信楽を通り成田牧場を回って帰ってくることにしました。
出発したのはいつものように8時半頃。
まずは和束を目指します。平野の交差点を通過して関津峠を登って降りて富川トンネル通って307号線に出たら左折。トンネル手前の協和CCの道へ左折。ここまでが上り基調で後は下り基調で湯舟の集落を抜けて和束へ。和束に到着したのは10時半頃でした。

和束ローソンで補給

和束ローソンで補給。この後童仙房に登ると自販機しか無いので多めに補給。和束ローソンにはテーブルがあるので便利です。和束ローソン、今日も自転車乗りの方々が多く集まっていました。
和束ローソンでのお楽しみはローソン右手でやってるお饅頭やさん。今後の補給に草餅3つを購入。それと試食させてもらった竹の子の佃煮もおいしかったので購入。

和束天空カフェ

写真は和束に新しくできた天空カフェ。登るのは次回にしておきましょう。

和束の絶景ポイント

補給も終わって再出発。童仙房に登って行きます。写真は上り口にある絶景ポイント。お茶の葉の緑が鮮やかな季節になりましたね。
童仙房へは車がほとんど通らない道なので安心。ゆっくりと登って行きます。上りがきついのははじめだけ。水道施設の建物が見えたら後は緩やかなアップダウン。

童仙房山荘

そして童仙房山荘へ到着。山荘前のベンチで小休止。先ほど補給品として買っておいた草餅をいただきます。

抹茶入りコーヒーは微妙

山荘前の自販機で抹茶入り缶コーヒーを購入。これって微妙な味だなあ。

童仙房のパンフレット

山荘前のベンチにはガイドブックもあり。一冊頂きました。
そして再出発。ここからは多羅尾を抜けて信楽へ。多羅尾への分岐まで少々アップダウンがきついのですが何とかこなして多羅尾から信楽に出て森のカフェに着いたのは1時半頃。予定ではもう少し早く着いて貴生川で昼食だったのですが間に合いそうも無し。ですので先日訪れていっぱいだった森のカフェさんに空いますかと聞いてみたらOKとの事。良かったです。
カウンターでも良かったのですが外のベンチへ。相方はグリルセットのベーコンステーキとサラダが小さくなってケーキとハーブティが付くミニグリルセット、私はベーコンステーキセット。

グリルセット

こちらがグリルセットのメニュー。

ハーブティ

ハーブティーは数種類から選択可能。

森のカフェのお庭

森のカフェのお庭もだいぶ整備されてきましたねえ。

ミニグリルセット

そして到着したのは相方のグリルセットのケーキ付きバージョン。チキンの香草焼き、自家製ベーコンステーキ、そしてソーセージにサラダ付き。ミニグリルセットといっても結構ボリュームあります。
私が頼んだベーコンステーキ版は冒頭に。この自家製ベーコン、でっかくてびっくりしましたよ。きっとベーコン好きにはたまらないボリューム。少なくとも今まで食べた中で一番大きなベーコンだったのは確か。大盛店に認定しても良いんじゃないかと思わせるレベルでした。ジューシーなタイプのベーコン、堪能して大満足。両方共に1200円です。

ケーキ

最後に出てきた相方のケーキ。おいしゅうございました。
最近森のカフェ、かなり繁盛してるみたい。お客さんがいっぱい入るのは良いのですが、ご夫婦2人だけで切り盛りしてる森のカフェ、結構大変そうでちょっと心配。予約していった方が良いとは思うのですが自転車だと時間を決めて伺うのが難しくいつも飛び入りになってしまうのは心苦しいところ。
おなかもふくれて次に向かうは成田牧場。森のカフェの前の50号線をそのまま登って行きます。途中から細道になるので対向車に注意。この日も一度見通しの悪いところから車が出てきてびっくりしました。
50号線を下って槇山にでて岩尾へ登って成田牧場へ。

成田牧場のジェラード

成田牧場ではジェラード。スモールでしたが量あり。今後の季節、ちょくちょく寄りたいと思いました。
その後は貴生川を通り草津線の抜け道を通っていつものように旧東海道で帰宅。帰宅時間は18時頃でした。

男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯
edit

男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯
燻製道士
世界文化社
¥ 1,575 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本(ソフトカバー)
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)
Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120515-IMGP0015-034.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20120515-IMGP0015-034-150x150.jpgyoko99自転車ログ信楽方面
相方と共に和束から童仙房へ上り信楽を抜けて成田牧場を回って帰ってきました。 写真は途中の信楽で森のカフェでの昼食。ベーコンステーキランチ。とてつもなく大きな自家製ベーコンが出てきて大満足の写真。このベーコン、本当に大きかったですよ。おすすめ。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 平地を走るのはつまらないとの心強い相方の一言により、今回は和束に出て童仙房を登って信楽を通り成田牧場を回って帰ってくることにしました。 出発したのはいつものように8時半頃。 まずは和束を目指します。平野の交差点を通過して関津峠を登って降りて富川トンネル通って307号線に出たら左折。トンネル手前の協和CCの道へ左折。ここまでが上り基調で後は下り基調で湯舟の集落を抜けて和束へ。和束に到着したのは10時半頃でした。 和束ローソンで補給。この後童仙房に登ると自販機しか無いので多めに補給。和束ローソンにはテーブルがあるので便利です。和束ローソン、今日も自転車乗りの方々が多く集まっていました。 和束ローソンでのお楽しみはローソン右手でやってるお饅頭やさん。今後の補給に草餅3つを購入。それと試食させてもらった竹の子の佃煮もおいしかったので購入。 写真は和束に新しくできた天空カフェ。登るのは次回にしておきましょう。 補給も終わって再出発。童仙房に登って行きます。写真は上り口にある絶景ポイント。お茶の葉の緑が鮮やかな季節になりましたね。 童仙房へは車がほとんど通らない道なので安心。ゆっくりと登って行きます。上りがきついのははじめだけ。水道施設の建物が見えたら後は緩やかなアップダウン。 そして童仙房山荘へ到着。山荘前のベンチで小休止。先ほど補給品として買っておいた草餅をいただきます。 山荘前の自販機で抹茶入り缶コーヒーを購入。これって微妙な味だなあ。 山荘前のベンチにはガイドブックもあり。一冊頂きました。 そして再出発。ここからは多羅尾を抜けて信楽へ。多羅尾への分岐まで少々アップダウンがきついのですが何とかこなして多羅尾から信楽に出て森のカフェに着いたのは1時半頃。予定ではもう少し早く着いて貴生川で昼食だったのですが間に合いそうも無し。ですので先日訪れていっぱいだった森のカフェさんに空いますかと聞いてみたらOKとの事。良かったです。 カウンターでも良かったのですが外のベンチへ。相方はグリルセットのベーコンステーキとサラダが小さくなってケーキとハーブティが付くミニグリルセット、私はベーコンステーキセット。 こちらがグリルセットのメニュー。 ハーブティーは数種類から選択可能。 森のカフェのお庭もだいぶ整備されてきましたねえ。 そして到着したのは相方のグリルセットのケーキ付きバージョン。チキンの香草焼き、自家製ベーコンステーキ、そしてソーセージにサラダ付き。ミニグリルセットといっても結構ボリュームあります。 私が頼んだベーコンステーキ版は冒頭に。この自家製ベーコン、でっかくてびっくりしましたよ。きっとベーコン好きにはたまらないボリューム。少なくとも今まで食べた中で一番大きなベーコンだったのは確か。大盛店に認定しても良いんじゃないかと思わせるレベルでした。ジューシーなタイプのベーコン、堪能して大満足。両方共に1200円です。 最後に出てきた相方のケーキ。おいしゅうございました。 最近森のカフェ、かなり繁盛してるみたい。お客さんがいっぱい入るのは良いのですが、ご夫婦2人だけで切り盛りしてる森のカフェ、結構大変そうでちょっと心配。予約していった方が良いとは思うのですが自転車だと時間を決めて伺うのが難しくいつも飛び入りになってしまうのは心苦しいところ。 おなかもふくれて次に向かうは成田牧場。森のカフェの前の50号線をそのまま登って行きます。途中から細道になるので対向車に注意。この日も一度見通しの悪いところから車が出てきてびっくりしました。 50号線を下って槇山にでて岩尾へ登って成田牧場へ。 成田牧場ではジェラード。スモールでしたが量あり。今後の季節、ちょくちょく寄りたいと思いました。 その後は貴生川を通り草津線の抜け道を通っていつものように旧東海道で帰宅。帰宅時間は18時頃でした。 edit 男の手作り燻製 ― 自慢の肴で今宵も一杯 燻製道士 世界文化社 ¥ 1,575 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) 単行本(ソフトカバー) 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) Amazon関連商品 ・ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『新鮮ヒッコリー』 ST-1314 ・ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『老舗さくら』 ST-1311 ・ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『黒樽ウイスキーオーク』 ST-1317 ・ソト(SOTO) スモークチップス 熱燻の素『熟成りんご』 ST-1312 ・ソト(SOTO) スモーカー用 温度計 ST-140