Pocket

PC5ミニストップ三春バイパス店

恥ずかしすぎる転倒から始まった宇都宮400。午前中の灼熱地獄、土湯峠の登りをクリヤーしてPC4に到着です。ほっとしたのもつかの間、実はPC4からの暗闇迷路しかもかなりのアップダウンで疲れました。
当日編その2としてPC4~ゴールまで。


PC4にたどり着いたのは18時50分頃でした。到着するとPC1手前でにかなりのスピードで抜かされた宮城から参加した方が地面に寝ていらっしゃいました。この次のPC5三春バイパス店は35キロ程度でそれほど遠くありません。パン1つと500ccのコーヒー牛乳で補給。スポーツ飲料は飲みすぎて胃が受け付けなくなっていましたので水に変更。しばらく休んでいるとどこかで見かけたような方がいらっしゃいました。どうやら神奈川ブルベでお会いしている方のよう。この後この方としばしばお会いすることになりました。休んでいるうちにAJ埼玉の方も到着。寝ていた宮城から参加した方が出発したので私もその後出発しました。
既にあたりは暗くなって来てます。出発して直ぐに宮城から参加した方ともう1人の方に追いつき3人で走行。しばらく走ってコマ図50番の右折を間違え3人一緒にミスコース。宮城から参加した方が地図内蔵のGPSを持っていらっしゃるらしく直ぐに気が付き正しいコースに復帰。その後宮城から参加した方を先頭に3人で走行。しかしこの方、脚が攣っているとのことで私が先頭に。アルプスルートと違っていた箇所はコマ図51番に従って直進。その後しばらく走っていると宮城から参加した方がちぎれて2人走行に。そのまま私が先頭で走っているとミスコースを連発してしまったので後ろの方と変わってもらいました。この方も地図付きGPSを持っていらっしゃったようで、コースは的確。その後はその方の後に続いての走行になりました。さらにこの方、相当明るいライトを装備してました。どんなライトか効けばよかったですが聞く暇もなくPC5三春バイパス店に到着です。時間は21時15分頃。上の写真はPC5。
このPCにはAJ宇都宮の方が来ており、これまでのレシートをチェックしてもらいます。次のPCまでが長いんですよね~と聞いてみると石川の町でしか補給できないかもとの事。それを聞いてまずは50キロ先の石川の町を目指すことに。このPCでも500ccコヒー牛乳とパンで補給です。ブルベの時はコヒー牛乳がうまいのなぜなんですかね?しばらく休んでいるとPC4を出てしばらく一緒に走っていた宮城から参加された方が到着。どうやら相当体調が悪いようでミニストップの机で寝てしまいました。そして境川のmasaさんが到着したあとにPC5を出発です。
PC5からは1人旅です。PC5からはGPSを充電モードにして事前に入れたルートとコマ図を照らし合わせながら進んでいきます。しばらく車と併走し石川方面に右折。東山の登りに入ります。東山の登り、ほとんど車が通らないのんびりとした良い道でしたが途中に放し飼いの犬がいて恐ろしかったです。しかしこの登りの長いこと。あたりは真っ暗ですのでいったいどこが頂上なのか検討が付きません。次の街灯が高いところにあるのか低いところにあるのかを頼りに進んでいきます。街灯がないところは当然真っ暗。今回はキャットアイの520を2つ付けてきたのですが、これだけだと明らかに光量不足でした。また、自動販売機が所々にありましたので、水が足りなくなったら補給可能でした。

石川のコンビに

延々と登ってやっと頂上に。頂上に着いたからといって気が抜けません。光量不足ですのでゆっくり下ります。でも沼津600の新野峠下りのように街灯無し区間が延々と続くのではなかったのでその点は少し助かりました。気をつけて下っていって石川町に。石川学園手前のコンビニで休憩です。写真はそのコンビニ。
ちょうどPC4でお会いした神奈川ブルベでお会いした方ともう1人の方が休んでいました。東山辛かったですねえなどとお話します。プロフィールマップを見せていただきこの後の登りなど確認させてもらいました。お二人には先に行ってもらって、しばらく休んでから出発。また一人旅です。
石川の町をでるとすぐに登り。ひいこら登って浅川の町へ下ればやっと山道から開放され安堵です。しかしこの区間、暗い道が続く上にかなり複雑で大変でした。夜はGPSが無いと苦しいのではと思いました。私のGPS、Foretrex201は地図が入っていない自分でポイントデータを繋いだルートデータを転送して簡易地図を作るタイプですが、それでもかなり役立ちました。逆に言えばこのGPSが無かったら、暗闇の中で1人でミスコースしてたと思います。
浅川の町からは水郡線に沿って走ります。基本的に下りなので飛ばしていきます。でも車も結構通るので、特にハイビームの対向車が来ると眩しい。ハイビームはやめて欲しいですな。快調に飛ばしてPC6道の駅塙のミニストップに到着です。時間は01時45分頃。

補給のトラック

少し空腹感がありましたので補給です。でもこのコンビニ、おにぎり関係は全く無し。しょうがないので残ってたミートボールスパなるものを食べます。以外にも結構美味しくて満足。しかし食べ終わった頃に食材補給のトラックが。。。写真はそのトラック。
先着していた神奈川ブルベでお会いした方を含めた2人組みのうち神奈川ブルベの方はこのまま出発し、もう1人の方はここで仮眠するそう。そしてしばらく休んでるとハブダイナモ(多分シュミットのハブダイナモ)を装備した方も到着。その方もここで仮眠するとのこと。
どうしようかと思いましたが、眠気はそれほどでもないので眠気覚ましにコーヒーを飲みとメントスを購入して神奈川ブルベの方が出発した後に私も出発です。しばらく走っていると道を確認している先行した神奈川ブルベの方に遭遇。多分こっちですよと言い私が先行ししばらく2人で走ります。峠のような登りを2人で登っていると、かなり暗い道に。そうすると神奈川ブルベの方が後ろからとても明るいライトで照らしてくれます。あんなに明るいライトがあるとは驚きました。この次のPCで聞くとブーストモードがあるLEDとの事でした。しばらく走って私はコマ図をひっくり返すために停車するとこの方は先に。再び1人旅です。途中1人抜いて神奈川ブルベの方に追いついたところで最終PCセブンイレブン那珂川町馬頭店に到着。時間は04時10分ごろ。
この頃になると次第に明るくなってきます。明るくなると人間元気が出てくるのが不思議です。ここに到着する前に抜いた方が先に出発。神奈川ブルベの方が次に出発し、最後に私も出発です。後はゆっくりゴールを目指せばいいのだな~と思ってのんびり自転車をこいでいると、八溝グリーンラインというのが結構なアップダウン。うへ、最後にこれか!と必死に登っていきます。途中で1人をパスし上横倉の交差点を左折。往路で通った道に復帰です。しばらく一般道を走ってサイクリングターミナル方面に右折。すると鶴カントリーの激坂が!この坂、正直言って壁に見えました。これから夢に出てきそうです。しかし400キロ走ってきてここで押して登るのはなんとしても嫌だったので最後の力を振り絞って登っていきます。サイクリングターミナルに入ってスタート地点から少し登ったところにある東屋でゴール。もはや相当疲れてて良く覚えてないのですが、時間は確か21時間31分。
東屋にはAJ宇都宮の方が1人おられてブルベカードを提出し終了です。空腹感がありましたのでカップラーメンでも食べたいなあと思ってたのですが、カップラーメンが無くて残念。ブルーシートで寝ますか?とも言っていただいたのですが、とりあえず帰ることにしました。今思えば少し寝て他の皆さんの到着を待ったほうが良かったかも。なにせ疲れてたので判断が付きませんでした。スタート地点に戻ってトイレの洗面所で豪快に頭を洗いタオルで上半身を拭いてジャージをTシャツに着替えて少しさっぱりしてから駅に向かいます。
サイクリングターミナルの坂を下りたところのセブンイレブンで休憩。少し補給して空腹を補います。それからはゆっくりと駅に向かって、駅前で輪行体制に。輪行体制ができたのが大体8時30分頃でした。新宿湘南ラインで帰ろうと思ったのですが、良く考えると日曜のこの時間、多分ラッシュです。少しずらしたほうがよいかと思い駅中の吉野家で朝飯たべたりして時間をつぶし10時30分頃出発の新宿湘南ラインの最後尾に乗り込みます。座席横に自転車をくくりつけて爆睡。気が付いたら赤羽でした。しかしもう12時くらいなのですが、新宿湘南ライン、結構込んでて私の自転車はいかにも邪魔そう。恐縮して小さくなりながらやっと新宿に到着。この時間帯でも新宿湘南ラインは結構込むとは知りませんでした。帰りはやはり新幹線にしたほうが良かったかもしれません。新宿からの小田急はかなり空いてたので問題なし。我が家に帰り着いたのは14時頃でした。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080712-IMGP1732.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080712-IMGP1732-150x150.jpgyoko99自転車ログ
恥ずかしすぎる転倒から始まった宇都宮400。午前中の灼熱地獄、土湯峠の登りをクリヤーしてPC4に到着です。ほっとしたのもつかの間、実はPC4からの暗闇迷路しかもかなりのアップダウンで疲れました。 当日編その2としてPC4~ゴールまで。 PC4にたどり着いたのは18時50分頃でした。到着するとPC1手前でにかなりのスピードで抜かされた宮城から参加した方が地面に寝ていらっしゃいました。この次のPC5三春バイパス店は35キロ程度でそれほど遠くありません。パン1つと500ccのコーヒー牛乳で補給。スポーツ飲料は飲みすぎて胃が受け付けなくなっていましたので水に変更。しばらく休んでいるとどこかで見かけたような方がいらっしゃいました。どうやら神奈川ブルベでお会いしている方のよう。この後この方としばしばお会いすることになりました。休んでいるうちにAJ埼玉の方も到着。寝ていた宮城から参加した方が出発したので私もその後出発しました。 既にあたりは暗くなって来てます。出発して直ぐに宮城から参加した方ともう1人の方に追いつき3人で走行。しばらく走ってコマ図50番の右折を間違え3人一緒にミスコース。宮城から参加した方が地図内蔵のGPSを持っていらっしゃるらしく直ぐに気が付き正しいコースに復帰。その後宮城から参加した方を先頭に3人で走行。しかしこの方、脚が攣っているとのことで私が先頭に。アルプスルートと違っていた箇所はコマ図51番に従って直進。その後しばらく走っていると宮城から参加した方がちぎれて2人走行に。そのまま私が先頭で走っているとミスコースを連発してしまったので後ろの方と変わってもらいました。この方も地図付きGPSを持っていらっしゃったようで、コースは的確。その後はその方の後に続いての走行になりました。さらにこの方、相当明るいライトを装備してました。どんなライトか効けばよかったですが聞く暇もなくPC5三春バイパス店に到着です。時間は21時15分頃。上の写真はPC5。 このPCにはAJ宇都宮の方が来ており、これまでのレシートをチェックしてもらいます。次のPCまでが長いんですよね~と聞いてみると石川の町でしか補給できないかもとの事。それを聞いてまずは50キロ先の石川の町を目指すことに。このPCでも500ccコヒー牛乳とパンで補給です。ブルベの時はコヒー牛乳がうまいのなぜなんですかね?しばらく休んでいるとPC4を出てしばらく一緒に走っていた宮城から参加された方が到着。どうやら相当体調が悪いようでミニストップの机で寝てしまいました。そして境川のmasaさんが到着したあとにPC5を出発です。 PC5からは1人旅です。PC5からはGPSを充電モードにして事前に入れたルートとコマ図を照らし合わせながら進んでいきます。しばらく車と併走し石川方面に右折。東山の登りに入ります。東山の登り、ほとんど車が通らないのんびりとした良い道でしたが途中に放し飼いの犬がいて恐ろしかったです。しかしこの登りの長いこと。あたりは真っ暗ですのでいったいどこが頂上なのか検討が付きません。次の街灯が高いところにあるのか低いところにあるのかを頼りに進んでいきます。街灯がないところは当然真っ暗。今回はキャットアイの520を2つ付けてきたのですが、これだけだと明らかに光量不足でした。また、自動販売機が所々にありましたので、水が足りなくなったら補給可能でした。 延々と登ってやっと頂上に。頂上に着いたからといって気が抜けません。光量不足ですのでゆっくり下ります。でも沼津600の新野峠下りのように街灯無し区間が延々と続くのではなかったのでその点は少し助かりました。気をつけて下っていって石川町に。石川学園手前のコンビニで休憩です。写真はそのコンビニ。 ちょうどPC4でお会いした神奈川ブルベでお会いした方ともう1人の方が休んでいました。東山辛かったですねえなどとお話します。プロフィールマップを見せていただきこの後の登りなど確認させてもらいました。お二人には先に行ってもらって、しばらく休んでから出発。また一人旅です。 石川の町をでるとすぐに登り。ひいこら登って浅川の町へ下ればやっと山道から開放され安堵です。しかしこの区間、暗い道が続く上にかなり複雑で大変でした。夜はGPSが無いと苦しいのではと思いました。私のGPS、Foretrex201は地図が入っていない自分でポイントデータを繋いだルートデータを転送して簡易地図を作るタイプですが、それでもかなり役立ちました。逆に言えばこのGPSが無かったら、暗闇の中で1人でミスコースしてたと思います。 浅川の町からは水郡線に沿って走ります。基本的に下りなので飛ばしていきます。でも車も結構通るので、特にハイビームの対向車が来ると眩しい。ハイビームはやめて欲しいですな。快調に飛ばしてPC6道の駅塙のミニストップに到着です。時間は01時45分頃。 少し空腹感がありましたので補給です。でもこのコンビニ、おにぎり関係は全く無し。しょうがないので残ってたミートボールスパなるものを食べます。以外にも結構美味しくて満足。しかし食べ終わった頃に食材補給のトラックが。。。写真はそのトラック。 先着していた神奈川ブルベでお会いした方を含めた2人組みのうち神奈川ブルベの方はこのまま出発し、もう1人の方はここで仮眠するそう。そしてしばらく休んでるとハブダイナモ(多分シュミットのハブダイナモ)を装備した方も到着。その方もここで仮眠するとのこと。 どうしようかと思いましたが、眠気はそれほどでもないので眠気覚ましにコーヒーを飲みとメントスを購入して神奈川ブルベの方が出発した後に私も出発です。しばらく走っていると道を確認している先行した神奈川ブルベの方に遭遇。多分こっちですよと言い私が先行ししばらく2人で走ります。峠のような登りを2人で登っていると、かなり暗い道に。そうすると神奈川ブルベの方が後ろからとても明るいライトで照らしてくれます。あんなに明るいライトがあるとは驚きました。この次のPCで聞くとブーストモードがあるLEDとの事でした。しばらく走って私はコマ図をひっくり返すために停車するとこの方は先に。再び1人旅です。途中1人抜いて神奈川ブルベの方に追いついたところで最終PCセブンイレブン那珂川町馬頭店に到着。時間は04時10分ごろ。 この頃になると次第に明るくなってきます。明るくなると人間元気が出てくるのが不思議です。ここに到着する前に抜いた方が先に出発。神奈川ブルベの方が次に出発し、最後に私も出発です。後はゆっくりゴールを目指せばいいのだな~と思ってのんびり自転車をこいでいると、八溝グリーンラインというのが結構なアップダウン。うへ、最後にこれか!と必死に登っていきます。途中で1人をパスし上横倉の交差点を左折。往路で通った道に復帰です。しばらく一般道を走ってサイクリングターミナル方面に右折。すると鶴カントリーの激坂が!この坂、正直言って壁に見えました。これから夢に出てきそうです。しかし400キロ走ってきてここで押して登るのはなんとしても嫌だったので最後の力を振り絞って登っていきます。サイクリングターミナルに入ってスタート地点から少し登ったところにある東屋でゴール。もはや相当疲れてて良く覚えてないのですが、時間は確か21時間31分。 東屋にはAJ宇都宮の方が1人おられてブルベカードを提出し終了です。空腹感がありましたのでカップラーメンでも食べたいなあと思ってたのですが、カップラーメンが無くて残念。ブルーシートで寝ますか?とも言っていただいたのですが、とりあえず帰ることにしました。今思えば少し寝て他の皆さんの到着を待ったほうが良かったかも。なにせ疲れてたので判断が付きませんでした。スタート地点に戻ってトイレの洗面所で豪快に頭を洗いタオルで上半身を拭いてジャージをTシャツに着替えて少しさっぱりしてから駅に向かいます。 サイクリングターミナルの坂を下りたところのセブンイレブンで休憩。少し補給して空腹を補います。それからはゆっくりと駅に向かって、駅前で輪行体制に。輪行体制ができたのが大体8時30分頃でした。新宿湘南ラインで帰ろうと思ったのですが、良く考えると日曜のこの時間、多分ラッシュです。少しずらしたほうがよいかと思い駅中の吉野家で朝飯たべたりして時間をつぶし10時30分頃出発の新宿湘南ラインの最後尾に乗り込みます。座席横に自転車をくくりつけて爆睡。気が付いたら赤羽でした。しかしもう12時くらいなのですが、新宿湘南ライン、結構込んでて私の自転車はいかにも邪魔そう。恐縮して小さくなりながらやっと新宿に到着。この時間帯でも新宿湘南ラインは結構込むとは知りませんでした。帰りはやはり新幹線にしたほうが良かったかもしれません。新宿からの小田急はかなり空いてたので問題なし。我が家に帰り着いたのは14時頃でした。