Pocket

松吉うどんのうどん

琵琶湖沿いを彦根まで行きうどんの松吉でうどん大そば小のセットを食べてきました。900円。


まずは自転車ログ。

朝飯食べた後にまた寝てしまったので今回は10時45分と遅いスタート。朝早く出れればビワイチしてこようかとも思ったのですが、さすがにこの時間に出発では厳しいので彦根のうどんの松吉でお昼を食べることにして出発。
まずは琵琶湖に出る場合の定番コース、草津川の堤防の自転車道路を使って草津農協前へ。そこを直進して琵琶湖大橋につながる11号線(レインボー道路)まで走ってそこを左折。11号線の車道を走るのが嫌だったので途中で適当に右折。琵琶湖湖畔を目指して進んでいきます。

麦畑

途中ではこの様な一面の麦畑。見事です。そろそろ刈り取り時期ですね。琵琶湖湖畔では麦と米の二毛作をしてるようです。
途中少々迷いながらも琵琶湖の湖畔道路に到着。しばらくは湖畔道路の琵琶湖側の歩道を走ります。歩道の幅が広くて結構快適。車道に比べると道が若干荒れてますが30キロくらいで巡航できます。

長命寺の交差点

岡山が見えてくると歩道が途切れてビワイチでは数少ない登り。
岡山の登りを下ってしばらくすると長命寺の交差点。ここを直進すると近道。平坦な道で楽ちんです。

緑

でも左折するとこの様な緑のトンネルが続く気持ちいい道になるので左折がお勧めです。反時計回りビワイチ前半のハイライト。
元の道と合流したところにあるローソンで休憩して再出発。その後は湖畔道路を彦根まで。

松吉

彦根のうどんの松吉についたのはちょうど12時。入ってみると満杯かと思ったらひとつだけ席があいてたので何より。うどん大とそば小のセットを頼みます。

松吉うどんのそば

まず出てくるのはそば。こちらはそばに生卵が1つついてくるのが特徴。うずらの卵がついてくるのはよくあるのですが普通の卵がついてくるのは珍しいか。それを割ってそばつゆの中に投入。少し崩していただきます。そばは小だったのであっという間に完食。
そしてしばらく待ってうどん大が到着。冒頭の写真です。こちらのうどん、麺はきしめん風の幅広の麺、つゆは濃くて辛めの関東風、コシが強くて塩気がある讃岐風といった独特のうどんです。でも味は抜群。うまいです。コシが強いうどんがお好きな方には特にお勧め。最後に出てくるのがうどんを茹でたお湯。蕎麦湯ならぬうどん湯です。ほんのりと塩気があってつゆを割って飲むとうまいうまい。
さてお腹も満足したので帰路に。
ここまで主に湖畔を通って来たので帰りは内陸を通って帰ってみることに。

ベルロード

まずは彦根から2号線を直進。彦根付近の2号線は周囲が昔ながらの雰囲気で良い感じです。
そこから徐々に内陸へ。途中五個荘町のサイクルショップライフによって八日市市を抜けて竜王町へ。ここら辺は初めて走る道。しかし琵琶湖の内陸側は道を選ぶと本当にほとんど車が走らない気持ちいい道があって何よりです。

三井アウトレットパーク

竜王町に新しく出来る三井アウトレットパークを見学しながら石部へ下ります。この石部に下るときに不意に横道から出てきた車と接触しそうになって冷や汗。思わず「危ないよ!」と大声出してしまいました。こちらを確認すること無く横道から出て来たので、こっちは下りで相当スピード出てたので思わず急ブレーキ。後輪が滑るのがわかりこれはまずいと思った瞬間に運転してたおばさんが気がつきスピードを緩めたのでなんとか接触せずに済みました。危なかった。ちょうど下っていくにつれて住宅街に入って行くような下り道で、こちらも初めての道にも関わらずかなりのスピードで下っていたので反省。不注意でした。おばさんが怖がってたけどこっちも必死だったのでお互い様ということで許してください。以後気を付けましょう。
その後はいつものように石部からJRAの栗東トレーニングセンターの裏手に出て帰宅。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100613-IMGP2880.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100613-IMGP2880-150x150.jpgyoko99自転車ログ彦根方面
琵琶湖沿いを彦根まで行きうどんの松吉でうどん大そば小のセットを食べてきました。900円。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 朝飯食べた後にまた寝てしまったので今回は10時45分と遅いスタート。朝早く出れればビワイチしてこようかとも思ったのですが、さすがにこの時間に出発では厳しいので彦根のうどんの松吉でお昼を食べることにして出発。 まずは琵琶湖に出る場合の定番コース、草津川の堤防の自転車道路を使って草津農協前へ。そこを直進して琵琶湖大橋につながる11号線(レインボー道路)まで走ってそこを左折。11号線の車道を走るのが嫌だったので途中で適当に右折。琵琶湖湖畔を目指して進んでいきます。 途中ではこの様な一面の麦畑。見事です。そろそろ刈り取り時期ですね。琵琶湖湖畔では麦と米の二毛作をしてるようです。 途中少々迷いながらも琵琶湖の湖畔道路に到着。しばらくは湖畔道路の琵琶湖側の歩道を走ります。歩道の幅が広くて結構快適。車道に比べると道が若干荒れてますが30キロくらいで巡航できます。 岡山が見えてくると歩道が途切れてビワイチでは数少ない登り。 岡山の登りを下ってしばらくすると長命寺の交差点。ここを直進すると近道。平坦な道で楽ちんです。 でも左折するとこの様な緑のトンネルが続く気持ちいい道になるので左折がお勧めです。反時計回りビワイチ前半のハイライト。 元の道と合流したところにあるローソンで休憩して再出発。その後は湖畔道路を彦根まで。 彦根のうどんの松吉についたのはちょうど12時。入ってみると満杯かと思ったらひとつだけ席があいてたので何より。うどん大とそば小のセットを頼みます。 まず出てくるのはそば。こちらはそばに生卵が1つついてくるのが特徴。うずらの卵がついてくるのはよくあるのですが普通の卵がついてくるのは珍しいか。それを割ってそばつゆの中に投入。少し崩していただきます。そばは小だったのであっという間に完食。 そしてしばらく待ってうどん大が到着。冒頭の写真です。こちらのうどん、麺はきしめん風の幅広の麺、つゆは濃くて辛めの関東風、コシが強くて塩気がある讃岐風といった独特のうどんです。でも味は抜群。うまいです。コシが強いうどんがお好きな方には特にお勧め。最後に出てくるのがうどんを茹でたお湯。蕎麦湯ならぬうどん湯です。ほんのりと塩気があってつゆを割って飲むとうまいうまい。 さてお腹も満足したので帰路に。 ここまで主に湖畔を通って来たので帰りは内陸を通って帰ってみることに。 まずは彦根から2号線を直進。彦根付近の2号線は周囲が昔ながらの雰囲気で良い感じです。 そこから徐々に内陸へ。途中五個荘町のサイクルショップライフによって八日市市を抜けて竜王町へ。ここら辺は初めて走る道。しかし琵琶湖の内陸側は道を選ぶと本当にほとんど車が走らない気持ちいい道があって何よりです。 竜王町に新しく出来る三井アウトレットパークを見学しながら石部へ下ります。この石部に下るときに不意に横道から出てきた車と接触しそうになって冷や汗。思わず「危ないよ!」と大声出してしまいました。こちらを確認すること無く横道から出て来たので、こっちは下りで相当スピード出てたので思わず急ブレーキ。後輪が滑るのがわかりこれはまずいと思った瞬間に運転してたおばさんが気がつきスピードを緩めたのでなんとか接触せずに済みました。危なかった。ちょうど下っていくにつれて住宅街に入って行くような下り道で、こちらも初めての道にも関わらずかなりのスピードで下っていたので反省。不注意でした。おばさんが怖がってたけどこっちも必死だったのでお互い様ということで許してください。以後気を付けましょう。 その後はいつものように石部からJRAの栗東トレーニングセンターの裏手に出て帰宅。