Pocket

茶畑

雨が上がった日曜日、彩華ラーメンを目指して出発してみました。
出発時間はちょうど8時。もっと早めに出たかったのですが、天気予報によると本日は25度程度まで気温が上昇するとの話。着ていくウエアの選択などに手間取り出発が遅れました。写真は帰路に寄った童仙房の登り口にある絶景ポイント。


まずは自転車ログ。

いつものようにできるだけ車が少ない道を選んで走っていきます。まずは関津峠へ。昨日の土曜日は雨だったので、晴れた本日に自転車に乗ってる人が多いです。

集団に抜かれる

関津峠の登りで早くも集団にパスされます。登りは遅い。そして富川トンネルを通って国道307号、近江グリーンロードへ。甘味処の洞の園経由で信楽に向かう際にはここを左折するのですが今日は右折。右折するのは初めて。
306号を少しだけ上ってトンネルの手前で左折。湯船の集落を目指します。

湯舟集落

木立に囲まれた細道を下っていくと湯船の集落に到着。なかなか良い感じの集落でした。
湯船の集落で信楽と和束を結ぶ県道5号線に合流。5号線も緩やかな下り。和束から上ってくる方々とすれ違いながら定番の休憩ポイント、和束のローソンに到着。時間は9時45分頃。ちょっと遅れ気味。やはり出発時間が遅かったか。

休憩

和束ローソンではパンとおにぎりそしてコーヒー牛乳で補給。店内に椅子とテーブルがあるので便利。
気温も次第に上がってきたようです。それまで使っていたアームウオーマーを脱いで背中のポケットに収納したり。
さて、時間的にあまりゆっくりしても居られないので10時に出発。
和束ローソンの前を左折して童仙房方面に。童仙房への左折ポイントを通過して直進。しばらく走るとピークでその後結構な下り坂。
下りきると国道163号線。そこを左折。笠置まで走って右折。

笠置の集落

笠置の町には温泉があるらしく鄙びた温泉街という感じでなかなか良い雰囲気でした。
笠置の町を通って柳生へ上っていきます。その登り道が想像していた以上に険しい道。道幅も狭く九十九折りが続いて結構体力を消耗。これは今日は時間的に目的地までたどり着けないかもと次第に弱気に。
ようやく柳生の集落に到着。今までの山間の細道とは違ってかなり開けた明るい集落でした。これが柳生の里かきょろきょろ周囲を見ながら走っていきます。しばらく走って、柳生の集落を抜けてさてそろそろ下り始めるかと想像しましたが、行けども行けども緩やかな登りが続きます。これで時間と体力をかなり消耗。
最終的にハーブクラブの先のトンネルまで粘りましたが、時間は11時半過ぎ。ここから天理ダムへ下って彩華ラーメンまで行ってると日没までに帰り着けない可能性があるので、そこで気力が萎えてストップ。引き返すことにしました。
引き返してみると、緩やかな下り勾配で速度が出る出る。30分ほどで柳生の里に戻ってきて163号線沿いのファミマで2回目の休憩。
休憩して体力も戻ってきた感じなのでその後は童仙房へ上って帰ることに。

童仙房

童仙房では山荘の方と少しお話ししたり。
そして多羅尾へ出て信楽からは今峠、田代と経由し、田代からは雨に降られましたが最後に裏金勝を上って帰宅。帰宅時間は16時30頃でした。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111024-IMGP0014-21.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111024-IMGP0014-21-150x150.jpgyoko99自転車ログ奈良方面
雨が上がった日曜日、彩華ラーメンを目指して出発してみました。 出発時間はちょうど8時。もっと早めに出たかったのですが、天気予報によると本日は25度程度まで気温が上昇するとの話。着ていくウエアの選択などに手間取り出発が遅れました。写真は帰路に寄った童仙房の登り口にある絶景ポイント。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) いつものようにできるだけ車が少ない道を選んで走っていきます。まずは関津峠へ。昨日の土曜日は雨だったので、晴れた本日に自転車に乗ってる人が多いです。 関津峠の登りで早くも集団にパスされます。登りは遅い。そして富川トンネルを通って国道307号、近江グリーンロードへ。甘味処の洞の園経由で信楽に向かう際にはここを左折するのですが今日は右折。右折するのは初めて。 306号を少しだけ上ってトンネルの手前で左折。湯船の集落を目指します。 木立に囲まれた細道を下っていくと湯船の集落に到着。なかなか良い感じの集落でした。 湯船の集落で信楽と和束を結ぶ県道5号線に合流。5号線も緩やかな下り。和束から上ってくる方々とすれ違いながら定番の休憩ポイント、和束のローソンに到着。時間は9時45分頃。ちょっと遅れ気味。やはり出発時間が遅かったか。 和束ローソンではパンとおにぎりそしてコーヒー牛乳で補給。店内に椅子とテーブルがあるので便利。 気温も次第に上がってきたようです。それまで使っていたアームウオーマーを脱いで背中のポケットに収納したり。 さて、時間的にあまりゆっくりしても居られないので10時に出発。 和束ローソンの前を左折して童仙房方面に。童仙房への左折ポイントを通過して直進。しばらく走るとピークでその後結構な下り坂。 下りきると国道163号線。そこを左折。笠置まで走って右折。 笠置の町には温泉があるらしく鄙びた温泉街という感じでなかなか良い雰囲気でした。 笠置の町を通って柳生へ上っていきます。その登り道が想像していた以上に険しい道。道幅も狭く九十九折りが続いて結構体力を消耗。これは今日は時間的に目的地までたどり着けないかもと次第に弱気に。 ようやく柳生の集落に到着。今までの山間の細道とは違ってかなり開けた明るい集落でした。これが柳生の里かきょろきょろ周囲を見ながら走っていきます。しばらく走って、柳生の集落を抜けてさてそろそろ下り始めるかと想像しましたが、行けども行けども緩やかな登りが続きます。これで時間と体力をかなり消耗。 最終的にハーブクラブの先のトンネルまで粘りましたが、時間は11時半過ぎ。ここから天理ダムへ下って彩華ラーメンまで行ってると日没までに帰り着けない可能性があるので、そこで気力が萎えてストップ。引き返すことにしました。 引き返してみると、緩やかな下り勾配で速度が出る出る。30分ほどで柳生の里に戻ってきて163号線沿いのファミマで2回目の休憩。 休憩して体力も戻ってきた感じなのでその後は童仙房へ上って帰ることに。 童仙房では山荘の方と少しお話ししたり。 そして多羅尾へ出て信楽からは今峠、田代と経由し、田代からは雨に降られましたが最後に裏金勝を上って帰宅。帰宅時間は16時30頃でした。