Pocket

釜揚げ蕎麦

久々に相方と一緒に朝宮経由で信楽へ自転車で走ってきました。写真は山あいのそば作美の釜揚げ蕎麦。


まずは自転車ログ。

いつものように一号線を西へ。草津一丁目南の交差点を左折。道なりに走って2号線に出たら左折。ダイキン前の岡本町南の交差点を直進して108号線に入って青山の住宅地を迂回して平野町の交差点へ。交差点にあるサンクスで小休止。

サンクス休憩

寒いかと思って着込んで来ましたが案外暖かくウインドブレーカを脱いだりして身支度を整えます。
そして平野町の交差点を直進。関津峠を越えて信楽方面に左折。いつも曲がる春日神社を直進。緩やかな勾配を登って行くと途中に磨崖仏まで0.1kmという標識を見て相方が寄ってくとの事。少し下って川沿いの駐車場に自転車を止めて山登りです。

磨崖仏

歩きにくいビンディングシューズで10分ほど登って到着。大きな迫力ある磨崖仏でびっくりしました。お参りをして下山。金勝山にはいくつか磨崖仏があるそうなので今度は山登りの格好で本格的に来ようという話に。
少しのぼって富川トンネルを越えて少し下っていったところで再び相方が旧道沿いにある蕎麦屋を発見。そば好きの相方がお昼にするということで行ってみます。
行ってみると車が結構止まってます。時間は11時30分を少しだけ過ぎたくらい。開店時間が11時30分なので皆さん開店間際を狙ってきてるらしい。相当おいしい蕎麦屋なのか?お店の名前は「山あいのそば作美」。

作美

入っていくとテーブルはすでに一杯で奥の囲炉裏端へ。相方はざるそば、私は釜揚げそばなるものを注文。

ざるそば

こちらがざるそば。釜揚げそばは冒頭の写真。そばは少し太め。一口食べるとふわっと蕎麦の香り。おいしい蕎麦です。釜揚げ蕎麦のつゆには生卵とゆず入り。生卵を入れたつゆで蕎麦を食べるのは関西独特ですね。彦根の松吉のそばうどんセットにもそば用の生卵がついてましたね。

蕎麦湯

こちら、蕎麦湯。おかゆのように濃厚な蕎麦湯でこれだけで栄養ありそうです。お替わりしたい。
このお店結構な人気らしく次々とお客さんが入ってくるので早めに退出。

作美

お店の外観はこんな感じ。

作美まえの茶畑

お店の前には茶畑。

近江グリーンロード

満足して再び出発。近江グリーンロードを左折して信楽を目指します。お昼を食べた後は相方がデザートと言うことでお茶の洞之園で停車。自転車乗りには有名なお店らしく既に5,6台の自転車がとめてありました。

洞之園囲炉裏

中に入ると大きな囲炉裏。囲炉裏の中にはお湯が沸いてて出してもらった急須にそこのお湯を継ぎ足してお替りできます。注文したのはわらび餅とそば餅。

わらびもち

わらび餅はこちら。わらび餅好きの相方は大喜びです。

そばもち

そば餅はこちら。小豆のアンコを付けて頂きます。
このお店、お値段も手頃だし囲炉裏端でゆっくりできるので自転車のカロリー補給にはもってこいです。人気があるのもうなずけます。雛鶴峠の玉の入り酒まんじゅうみたいな感じか?

手作り工房かぶら

さてお腹の方はいっぱいになり再出発。そのあとは近江グリーンロードを直進して信楽の街中を通過して相方お気に入りのいつものコース「手作り工房かぶら」、「信楽陶芸の森」、そして「クラフト&ギャラリーきりん」へ。そして骨董屋の吉田さんにご挨拶して信楽線沿いに走って牧の交差点に出て16号線に。16号線は向かい風で相方が疲れたというので平野町の交差点からは先頭交代して名神高速の高架下を通って帰宅。

ミックス

最後に今日のおみやげ。洞之園のミックス餅。くさ、いも、そば。「くさ」はもちろんヨモギ餅の事。「くさ」って書かなくても。

丸小鉢と猫の置物

手作り工房かぶらさんの丸小鉢2つときりんさんの猫の置物。かぶらさんの食器と猫の置物、だいぶ数が増えてきました。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20101104-IMGP3863.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20101104-IMGP3863-150x150.jpgyoko99自転車ログ信楽方面
久々に相方と一緒に朝宮経由で信楽へ自転車で走ってきました。写真は山あいのそば作美の釜揚げ蕎麦。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) いつものように一号線を西へ。草津一丁目南の交差点を左折。道なりに走って2号線に出たら左折。ダイキン前の岡本町南の交差点を直進して108号線に入って青山の住宅地を迂回して平野町の交差点へ。交差点にあるサンクスで小休止。 寒いかと思って着込んで来ましたが案外暖かくウインドブレーカを脱いだりして身支度を整えます。 そして平野町の交差点を直進。関津峠を越えて信楽方面に左折。いつも曲がる春日神社を直進。緩やかな勾配を登って行くと途中に磨崖仏まで0.1kmという標識を見て相方が寄ってくとの事。少し下って川沿いの駐車場に自転車を止めて山登りです。 歩きにくいビンディングシューズで10分ほど登って到着。大きな迫力ある磨崖仏でびっくりしました。お参りをして下山。金勝山にはいくつか磨崖仏があるそうなので今度は山登りの格好で本格的に来ようという話に。 少しのぼって富川トンネルを越えて少し下っていったところで再び相方が旧道沿いにある蕎麦屋を発見。そば好きの相方がお昼にするということで行ってみます。 行ってみると車が結構止まってます。時間は11時30分を少しだけ過ぎたくらい。開店時間が11時30分なので皆さん開店間際を狙ってきてるらしい。相当おいしい蕎麦屋なのか?お店の名前は「山あいのそば作美」。 入っていくとテーブルはすでに一杯で奥の囲炉裏端へ。相方はざるそば、私は釜揚げそばなるものを注文。 こちらがざるそば。釜揚げそばは冒頭の写真。そばは少し太め。一口食べるとふわっと蕎麦の香り。おいしい蕎麦です。釜揚げ蕎麦のつゆには生卵とゆず入り。生卵を入れたつゆで蕎麦を食べるのは関西独特ですね。彦根の松吉のそばうどんセットにもそば用の生卵がついてましたね。 こちら、蕎麦湯。おかゆのように濃厚な蕎麦湯でこれだけで栄養ありそうです。お替わりしたい。 このお店結構な人気らしく次々とお客さんが入ってくるので早めに退出。 お店の外観はこんな感じ。 お店の前には茶畑。 満足して再び出発。近江グリーンロードを左折して信楽を目指します。お昼を食べた後は相方がデザートと言うことでお茶の洞之園で停車。自転車乗りには有名なお店らしく既に5,6台の自転車がとめてありました。 中に入ると大きな囲炉裏。囲炉裏の中にはお湯が沸いてて出してもらった急須にそこのお湯を継ぎ足してお替りできます。注文したのはわらび餅とそば餅。 わらび餅はこちら。わらび餅好きの相方は大喜びです。 そば餅はこちら。小豆のアンコを付けて頂きます。 このお店、お値段も手頃だし囲炉裏端でゆっくりできるので自転車のカロリー補給にはもってこいです。人気があるのもうなずけます。雛鶴峠の玉の入り酒まんじゅうみたいな感じか? さてお腹の方はいっぱいになり再出発。そのあとは近江グリーンロードを直進して信楽の街中を通過して相方お気に入りのいつものコース「手作り工房かぶら」、「信楽陶芸の森」、そして「クラフト&ギャラリーきりん」へ。そして骨董屋の吉田さんにご挨拶して信楽線沿いに走って牧の交差点に出て16号線に。16号線は向かい風で相方が疲れたというので平野町の交差点からは先頭交代して名神高速の高架下を通って帰宅。 最後に今日のおみやげ。洞之園のミックス餅。くさ、いも、そば。「くさ」はもちろんヨモギ餅の事。「くさ」って書かなくても。 手作り工房かぶらさんの丸小鉢2つときりんさんの猫の置物。かぶらさんの食器と猫の置物、だいぶ数が増えてきました。