Pocket

受付開始

初のブルベ、神奈川ブルベBRM315(青葉200)へ参加した報告その2です。今回はスタート地点からCP2までです。写真は受付を開始したスタート地点。

今回のブルベ、スタート地点は市ヶ尾駅前の青葉公会堂前広場です。まずはスタート地点までどうやって自転車を運ぶかが問題です。今回のスタート地点ならば自宅から自走できる距離なのですが、ケルビムチームのブルベ重鎮に色々話を聞いたところ、「自走は決してやるな」とのこと。初ブルベということもあるので自走はやめて他の手段で行くことにしました。まずは車で行くことを検討。ですが今回のブルベ参加者が150人を越えたとのことで、当日の駐車場がもし空いていなかったらという不安が頭をよぎります。結局車で行くことはパス。ですが駐車場が無くなるというのは杞憂だったようで、そして結果的にはやはり車で行くのが一番楽だったと思います。次回は車で行くことにします。
そして結局今回は輪行で市ヶ尾駅まで行くことにしました。
当日は3時半に起床。用意していた朝食を食べ、淵野辺駅からの始発、4:42発に乗ります。輪行袋に入れた自転車は結構な重さです。長津田で田園都市線に乗り換え5:12に市ヶ尾駅着。我々と同じような輪行するブルベ参加者がたくさん降りるだろうと思ったら、ホームに下りたのは我々だけで少し拍子抜け。おそらく、我々の到着時間が早すぎたためだと思われます。

市ヶ尾駅で自転車組み立て

市ヶ尾駅のコンコースで早速自転車を組み立てます。写真は組み立て終わって一息ついている時の1コマ。駅でトイレなど済ましてスタート地点に。市ヶ尾駅を出ておさかな広場を曲がって青葉公会堂前に行くと準備をしているスタッフ達を発見。今回参加するケルビムメンバーの方々も既に到着しているようです。皆さんに挨拶をし、自転車チェーンに注油したりしてると、受付開始時間の6時に。
今回はとにかく参加者が多いため、整理券をまず配布し、その整理券の順番で時間差スタートするとの事。ブルベ初参加の我々はなるべく早い番号の整理券をもらうため始発電車でやってきたというわけです。もらった整理券は相方24番、私25番でした。50番までが最初の7時スタートに。整理券をもらってほっとしていると6時30分になりブリーフィング開始。
この頃になると日が射してきました。良い天気です。前日までの雨が上がってとても良かったのですが、雨上がりの好天気で大量の花粉が発生するとのこと。ブリーフィング後、花粉症の私は薬を。
それと今回のブルベではアミノバイタルを多用することに。基本的に各CPで飲むことに加えて、まずは走り出す前に飲用。疲れる前からのむアミノバイタル多用作戦、結果的に良かったようで、後半になるに従って調子が上がっていき、その後の筋肉的なダメージもほとんどありませんでした。
そうしている間に7時の出走時間に。相方、相当緊張している模様。でもブルベはレースではないので、自分達のペースで走ればよいのです。そしてスタッフの方に装備の点検を受けて出走。あまり長蛇の車列にならないよう、スタッフの指示で出走間隔を空けてのスタートになりました。我々は7時スタートの第2陣として出走。ようやく200キロの長い長い一日が始まりました。
まずは公会堂前を北上、鶴川街道を目指します。公会堂前はゆとりがある2車線道路なのですが、すぐに道幅が狭い区間が続きます。時差スタートをした割に、いつの間にか長蛇の列に。上麻布交差点を左折して鶴川街道に入り、しばらく走ると、トイレ休憩をしていた先行したケルビムチーム追いつきました。馬駆の交差点を右折し町田街道に。桜美林大学、京王線、横浜線を通り過ぎ、町田街道を高尾で左折し20号線に入ります。ここまでケルビムチームに着いていきます。CP1は混んでいるだろうから先にトイレを済ましてしまおうということで大垂水峠手前のコンビニで休憩。トイレと補給を済ましてあわただしく出発。この日は本当に花粉が多く、薬があまり効きません。涙とくしゃみ、それと喉の痛みがひどい。さらに1錠追加して大垂水峠に向かいます。登りが遅い我々は早くもここでケルビムチームから脱落。2人だけで淡々と峠を登っていきます。途中、おそらく7時30分スタートした人たちにどんどん追い抜かれます。今回のブルベ、ひたすら後発の方達に抜かれまくりました。大垂水峠はそれほどきつくなく淡々と上りきり、そしてCP1セブンイレブン小原店に向かって下っていきます。

CP1

CP1に着くと先行していたケルビムチームがちょうど出発するところでした。上の写真はそのCP1。我々もそそくさと買い物。少し空腹感がありましたのでおにぎりを購入。レシートをもらいます。休んでいると7:30発のケルビムメンバーの方が到着。早い早い。休息後、ここでもアミノバイタルを摂取。ここまで、スピードは遅いですが、膝、腰などの痛みは無し。ケルビムチームが先発した後、我々も出発です。
20号線を相模湖、藤野、大野原、四方津、猿橋と抜け、駒橋の交差点でバイパスに入り都留高校南の交差点を左折。富士道に入ります。富士道は道幅がそれほど広くない割りに車が多くしかもだらだらと登っているというあまりうれしくないコースです。
淡々と登っていき都留市内に入ったところで秋山道との交差点にあるおむすびやさんに入ります。どうやら相方、かなりお腹が空いていたようで、ここでお昼にするとのこと。おむすびやさんに入ると一緒にスタートした女性2人組みがちょうどお店を出るところでした。彼女達にはこれ以降追いつくことはありませんでした。

おにぎりのおおみや

おむすびやさんでは、相方、おにぎり2つ、私は1つ購入。お店の中であわただしく頂きます。この時点で既に11時半。PC2まであと20キロです。PC2の制限時間的にはあと2時間半。多分大丈夫とは思いますが、富士道、これから登りがきつくなるので、それほどゆっくりせずあわただしくおにぎりをほおばります。おにぎりやを出て、ここでもアミノバイタルを摂取。相方、かなり疲れているようです。私の花粉症は相変わらずで、さらにここで1錠追加です。特に喉が痛い。あわただしく出発です。
都留市内を過ぎると、富士道、だんだん傾斜がきつくなっていきます。相方、相当疲れているようで、スピードが10キロ以下に落ちます。スピードが10キロ以下になるとPC2に間に合わない可能性が出てくるので後ろから励ましながら登っていきます。するとなんと先行していたケルビムチームに追いつきました。どうやらメンバーの1人のサドルが合わずスピードが落ちている模様。ケルビムチームを追い抜いてしまい、ちょっと行ったところで停止。日差しも強くなってきたので一枚脱ぎケルビムチームを待ちながら身支度を整えます。サドルが合わないメンバーはかなり辛そうで、何回も止まってしまいます。仕方がないのでケルビムチームを待たずに出発。
相方、この辺から調子が出てきました。思いがけずケルビムチームに先行し気持に余裕が出てきたこと、一枚脱いで身軽になったこと、スタートから飲んでいたアミノバイタルが効いてきたことなどの要因が重なったためだと思います。

CP2

富士道を直進し富士吉田市内に入ります。鳥居を抜けて上宿の丁字路を右折。富士パノラマラインをPC2に向かって走っていきます。13時20分ころPC2に到着。制限時間内に到着できて何よりでした。今回のブルベ運営をしてくれているケルビムメンバーの方達に再会です。おにぎりなどを補給しているとしばらくしてケルビムチームも到着です。写真はやっと到着したCP2。
運営スタッフのケルビムメンバーの方に、「ここまで来れば後は下りだけだから」といわれCP2ではゆっくりと休憩。パンとミカンゼリーを購入してレシートをもらいます。そしてここでもアミノバイタル摂取。結局14時ちょっとすぎまで休憩してケルビムチームの後ろについてCP2を出発しました。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080402-IMGP1109.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080402-IMGP1109-150x150.jpgyoko999自転車ログ
初のブルベ、神奈川ブルベBRM315(青葉200)へ参加した報告その2です。今回はスタート地点からCP2までです。写真は受付を開始したスタート地点。 (走行ログはこちら。) 今回のブルベ、スタート地点は市ヶ尾駅前の青葉公会堂前広場です。まずはスタート地点までどうやって自転車を運ぶかが問題です。今回のスタート地点ならば自宅から自走できる距離なのですが、ケルビムチームのブルベ重鎮に色々話を聞いたところ、「自走は決してやるな」とのこと。初ブルベということもあるので自走はやめて他の手段で行くことにしました。まずは車で行くことを検討。ですが今回のブルベ参加者が150人を越えたとのことで、当日の駐車場がもし空いていなかったらという不安が頭をよぎります。結局車で行くことはパス。ですが駐車場が無くなるというのは杞憂だったようで、そして結果的にはやはり車で行くのが一番楽だったと思います。次回は車で行くことにします。 そして結局今回は輪行で市ヶ尾駅まで行くことにしました。 当日は3時半に起床。用意していた朝食を食べ、淵野辺駅からの始発、4:42発に乗ります。輪行袋に入れた自転車は結構な重さです。長津田で田園都市線に乗り換え5:12に市ヶ尾駅着。我々と同じような輪行するブルベ参加者がたくさん降りるだろうと思ったら、ホームに下りたのは我々だけで少し拍子抜け。おそらく、我々の到着時間が早すぎたためだと思われます。 市ヶ尾駅のコンコースで早速自転車を組み立てます。写真は組み立て終わって一息ついている時の1コマ。駅でトイレなど済ましてスタート地点に。市ヶ尾駅を出ておさかな広場を曲がって青葉公会堂前に行くと準備をしているスタッフ達を発見。今回参加するケルビムメンバーの方々も既に到着しているようです。皆さんに挨拶をし、自転車チェーンに注油したりしてると、受付開始時間の6時に。 今回はとにかく参加者が多いため、整理券をまず配布し、その整理券の順番で時間差スタートするとの事。ブルベ初参加の我々はなるべく早い番号の整理券をもらうため始発電車でやってきたというわけです。もらった整理券は相方24番、私25番でした。50番までが最初の7時スタートに。整理券をもらってほっとしていると6時30分になりブリーフィング開始。 この頃になると日が射してきました。良い天気です。前日までの雨が上がってとても良かったのですが、雨上がりの好天気で大量の花粉が発生するとのこと。ブリーフィング後、花粉症の私は薬を。 それと今回のブルベではアミノバイタルを多用することに。基本的に各CPで飲むことに加えて、まずは走り出す前に飲用。疲れる前からのむアミノバイタル多用作戦、結果的に良かったようで、後半になるに従って調子が上がっていき、その後の筋肉的なダメージもほとんどありませんでした。 そうしている間に7時の出走時間に。相方、相当緊張している模様。でもブルベはレースではないので、自分達のペースで走ればよいのです。そしてスタッフの方に装備の点検を受けて出走。あまり長蛇の車列にならないよう、スタッフの指示で出走間隔を空けてのスタートになりました。我々は7時スタートの第2陣として出走。ようやく200キロの長い長い一日が始まりました。 まずは公会堂前を北上、鶴川街道を目指します。公会堂前はゆとりがある2車線道路なのですが、すぐに道幅が狭い区間が続きます。時差スタートをした割に、いつの間にか長蛇の列に。上麻布交差点を左折して鶴川街道に入り、しばらく走ると、トイレ休憩をしていた先行したケルビムチーム追いつきました。馬駆の交差点を右折し町田街道に。桜美林大学、京王線、横浜線を通り過ぎ、町田街道を高尾で左折し20号線に入ります。ここまでケルビムチームに着いていきます。CP1は混んでいるだろうから先にトイレを済ましてしまおうということで大垂水峠手前のコンビニで休憩。トイレと補給を済ましてあわただしく出発。この日は本当に花粉が多く、薬があまり効きません。涙とくしゃみ、それと喉の痛みがひどい。さらに1錠追加して大垂水峠に向かいます。登りが遅い我々は早くもここでケルビムチームから脱落。2人だけで淡々と峠を登っていきます。途中、おそらく7時30分スタートした人たちにどんどん追い抜かれます。今回のブルベ、ひたすら後発の方達に抜かれまくりました。大垂水峠はそれほどきつくなく淡々と上りきり、そしてCP1セブンイレブン小原店に向かって下っていきます。 CP1に着くと先行していたケルビムチームがちょうど出発するところでした。上の写真はそのCP1。我々もそそくさと買い物。少し空腹感がありましたのでおにぎりを購入。レシートをもらいます。休んでいると7:30発のケルビムメンバーの方が到着。早い早い。休息後、ここでもアミノバイタルを摂取。ここまで、スピードは遅いですが、膝、腰などの痛みは無し。ケルビムチームが先発した後、我々も出発です。 20号線を相模湖、藤野、大野原、四方津、猿橋と抜け、駒橋の交差点でバイパスに入り都留高校南の交差点を左折。富士道に入ります。富士道は道幅がそれほど広くない割りに車が多くしかもだらだらと登っているというあまりうれしくないコースです。 淡々と登っていき都留市内に入ったところで秋山道との交差点にあるおむすびやさんに入ります。どうやら相方、かなりお腹が空いていたようで、ここでお昼にするとのこと。おむすびやさんに入ると一緒にスタートした女性2人組みがちょうどお店を出るところでした。彼女達にはこれ以降追いつくことはありませんでした。 おむすびやさんでは、相方、おにぎり2つ、私は1つ購入。お店の中であわただしく頂きます。この時点で既に11時半。PC2まであと20キロです。PC2の制限時間的にはあと2時間半。多分大丈夫とは思いますが、富士道、これから登りがきつくなるので、それほどゆっくりせずあわただしくおにぎりをほおばります。おにぎりやを出て、ここでもアミノバイタルを摂取。相方、かなり疲れているようです。私の花粉症は相変わらずで、さらにここで1錠追加です。特に喉が痛い。あわただしく出発です。 都留市内を過ぎると、富士道、だんだん傾斜がきつくなっていきます。相方、相当疲れているようで、スピードが10キロ以下に落ちます。スピードが10キロ以下になるとPC2に間に合わない可能性が出てくるので後ろから励ましながら登っていきます。するとなんと先行していたケルビムチームに追いつきました。どうやらメンバーの1人のサドルが合わずスピードが落ちている模様。ケルビムチームを追い抜いてしまい、ちょっと行ったところで停止。日差しも強くなってきたので一枚脱ぎケルビムチームを待ちながら身支度を整えます。サドルが合わないメンバーはかなり辛そうで、何回も止まってしまいます。仕方がないのでケルビムチームを待たずに出発。 相方、この辺から調子が出てきました。思いがけずケルビムチームに先行し気持に余裕が出てきたこと、一枚脱いで身軽になったこと、スタートから飲んでいたアミノバイタルが効いてきたことなどの要因が重なったためだと思います。 富士道を直進し富士吉田市内に入ります。鳥居を抜けて上宿の丁字路を右折。富士パノラマラインをPC2に向かって走っていきます。13時20分ころPC2に到着。制限時間内に到着できて何よりでした。今回のブルベ運営をしてくれているケルビムメンバーの方達に再会です。おにぎりなどを補給しているとしばらくしてケルビムチームも到着です。写真はやっと到着したCP2。 運営スタッフのケルビムメンバーの方に、「ここまで来れば後は下りだけだから」といわれCP2ではゆっくりと休憩。パンとミカンゼリーを購入してレシートをもらいます。そしてここでもアミノバイタル摂取。結局14時ちょっとすぎまで休憩してケルビムチームの後ろについてCP2を出発しました。