Pocket

市ヶ尾のパーキング

神奈川ブルベBRM517(青葉300)何とか完走しました。時間は18時間56分。確か最終完走者から数えて4番目。今回の青葉300、体感的には沼津400よりきつかった。そんなコースを相方、よく走りきりました。大きなトラブルも無く走りきれて何よりでした。
今回は当日編1としてスタートからお昼を食べた都留のおむすびのおおみやまで。写真は今回使用した市ヶ尾のNPCコインパーキング。


今回は輪行して結構疲れた前回の反省を生かし車で会場に向かいます。出発は4:00。自宅から本日の走行コースを逆に走って市ヶ尾まで。246をくぐったところにあるNPCコインパーキングに停車します。ここ、かなり広めの駐車場、この時間だと余裕で停車できました。青葉発のブルベでは便利な駐車場でした。駐車場で自転車を組み立て身支度を整えて会場に向かいます。

スタート地点

会場には5時ちょっと前に到着。今回も運営スタッフとして支えてくれるケルビムの方々にご挨拶です。今回のコースは沼津400よりきついぞ~エスケープするには身延線からでも富士吉田駅からでも20時30分くらいが最終だぞ~などの話を聞かされます。今回のコースは相当厳しいようで再度気持ちを引き締めます。

並んで整理番号をもらう

自転車を置いてトイレなどを済ましていると5時10分から受付開始。今回の参加者は約90名。青葉200と同じように整理番号が配られます。我々は急いで並んで相方26番、私27番をゲット。そして5時10分からブリーフィング開始です。今回のコースは雛鶴や笹子などのトンネルが多いのでPC1で停車した時点で赤色灯を点灯すること、20号線で甲府に入ったところにある幾つかの立体は自転車通行禁止なので下道を通ること、あと本栖みちに入って最初のトンネルがシークレットPCになっており、そこでトンネルに刻まれているある文字を書いてくることなどの話を聞きます。
ブリーフィング終わって準備をしていると境川のmasaさんから思いもかけずご挨拶。ネットで知り合った方からリアルで会うのは実は初めてで感激しました。

出発

出走時間の6時が近づき装備のチェックを受け、今回は信号ごとに10人ずつ出走。
相方とも相談して今回のテーマは先行逃げ切り。ですが基本的に我々は速くないのであくまで気持ち的な意味での先行逃げ切りです。つまり最初からしっかり追い込んで走るということです。そうしないと今回のコース、かなり厳しいそうなので各PCで制限時間に間に合わなくなる可能性もあると考えたためです。
相方先頭でスタートしてから鶴川街道、町田街道に。前回(青葉200)では見られなかった追い抜きも何回か行いつつ、前回(青葉200)より1時間早いスタートのためそれほど車も多くなく走りやすい。適度なスピードの集団に着いていきます。しかし高尾に出る前に今回最後尾から出発したはずのケルビムメンバーの数人に早くも抜かれて呆然。は、速すぎる。

大垂水峠手前で休息

高尾で町田街道を左折。PC1は込み合っているだろうという予測の元、20号線に入って大垂水峠への登り直前にあるコンビニでトイレ休憩。トイレとおにぎりサンドイッチで補給。そうしているうちに、最後尾から走ってきたもう1人のケルビムメンバーの方に追いつかれてもうほとんど最後尾とのこと。相方を先頭に急いで出発です。

PC1

青葉200では相方、大垂水峠でも結構難儀しましたが、今回は途中で数人をパスしながら登っていきます。大垂水峠をパスしてPC1に到着。時間は8時10分頃。早速おにぎり1つ購入して速めに出発しようとしたところ、もう1度トイレに入った相方がトイレの中に反射ベストを見つけたと言ってきました。ちょうどBRM神奈川役員の方がいらっしゃったので相談してみたのですがどうしようか迷っている様子。しょうがないので相方がそれを着て持っていくことに。
PC1を出て直ぐに引き返していく方を発見。ちょっと距離があったのでブルベ参加者か確認できず声を掛けられなかったのですが、後からその方が反射ベストを忘れてPC1に戻って行く所だったことが判明。無駄な時間を使わせてしまって申し訳なかったです。間違いでも良いので声を掛ければよかった。。。
さて、PC1を出て20号線を藤野の駅前まで。丁字路を左折して76号線に入り日連大橋へ。藤野周辺はいつも走っているお馴染みの道。でも日連大橋から秋山道に出るまでに何人か道に迷っている方がいました。そのたびにこっちですよと声を掛けながら、しかし我々登り気味の道ではスピードが出せませんので、その方達の先導はできず。皆さん先に行ってもらいます。76号線を賽の神の丁字路まで進んで右折。奥牧野に向かいます。ここでも道を間違えたのか76号線を向こうからやってくる参加者に遭遇。やはりこの周辺は少し道がわかりにくいかもしれませんね。

秋山道で一度休憩

神奈川カントリークラブへの登りをパスして奥牧野の丁字路に。ここを左折して秋山道を登って行きます。秋山道に入ると車がグッと少なくなって気持ちに余裕が出ます。相方、秋山道の途中で一度休息。レッグウォーマをはずします。そしてしばらく走っていると後ろから見覚えのある参加者が。どうやらPC1を出てすぐに見かけた引き返した方。声を掛けてみるとまさしく反射ベストを忘れていた方だと判明。相方が持ってきた反射ベストをお返しします。その方からは非常に感謝されましたが、やはりあそこで声を掛ければよかったと反省しきりです。

雛鶴トンネル

反射ベストも返すことができ安心して再び登り始めます。饅頭屋を通り越すと傾斜がきつくなり相方のペースも落ちてきますが何とか頑張ってようやく雛鶴トンネルに到着。
雛鶴トンネルを通ってリニア実験施設を過ぎ、CP2までは快適な下り。PC2には10時20分ごろ到着です。次は笹子トンネルですのでここでしっかり補給している方が多数。我々はちょっと先のおむすびのおおみやでで昼食にする予定なので、速めにPC2を出ておにぎりやに到着。

おむすびのおおみやで昼食

明太子、なす炒め、ハムカツ、あと確か「ままけは」という辛味噌のような具のおにぎりそれと味噌汁も注文です。カップの味噌汁を選ぼうとしたところ、鍋で作ってくれる味噌汁もあるとのことでそちらをお願いします。全部で確か980円だったような。店内の椅子に座って食べます。写真取り忘れたのですが味噌汁うまかった。店内で食べてるとPC2を出発した皆さんが続々と走っていくのが見えます。我々もお腹もいっぱいになりトイレも済ませて11時ごろ出発です。次は笹子トンネルへ。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080519-IMGP1362.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20080519-IMGP1362-150x150.jpgyoko999自転車ログ
神奈川ブルベBRM517(青葉300)何とか完走しました。時間は18時間56分。確か最終完走者から数えて4番目。今回の青葉300、体感的には沼津400よりきつかった。そんなコースを相方、よく走りきりました。大きなトラブルも無く走りきれて何よりでした。 今回は当日編1としてスタートからお昼を食べた都留のおむすびのおおみやまで。写真は今回使用した市ヶ尾のNPCコインパーキング。 今回は輪行して結構疲れた前回の反省を生かし車で会場に向かいます。出発は4:00。自宅から本日の走行コースを逆に走って市ヶ尾まで。246をくぐったところにあるNPCコインパーキングに停車します。ここ、かなり広めの駐車場、この時間だと余裕で停車できました。青葉発のブルベでは便利な駐車場でした。駐車場で自転車を組み立て身支度を整えて会場に向かいます。 会場には5時ちょっと前に到着。今回も運営スタッフとして支えてくれるケルビムの方々にご挨拶です。今回のコースは沼津400よりきついぞ~エスケープするには身延線からでも富士吉田駅からでも20時30分くらいが最終だぞ~などの話を聞かされます。今回のコースは相当厳しいようで再度気持ちを引き締めます。 自転車を置いてトイレなどを済ましていると5時10分から受付開始。今回の参加者は約90名。青葉200と同じように整理番号が配られます。我々は急いで並んで相方26番、私27番をゲット。そして5時10分からブリーフィング開始です。今回のコースは雛鶴や笹子などのトンネルが多いのでPC1で停車した時点で赤色灯を点灯すること、20号線で甲府に入ったところにある幾つかの立体は自転車通行禁止なので下道を通ること、あと本栖みちに入って最初のトンネルがシークレットPCになっており、そこでトンネルに刻まれているある文字を書いてくることなどの話を聞きます。 ブリーフィング終わって準備をしていると境川のmasaさんから思いもかけずご挨拶。ネットで知り合った方からリアルで会うのは実は初めてで感激しました。 出走時間の6時が近づき装備のチェックを受け、今回は信号ごとに10人ずつ出走。 相方とも相談して今回のテーマは先行逃げ切り。ですが基本的に我々は速くないのであくまで気持ち的な意味での先行逃げ切りです。つまり最初からしっかり追い込んで走るということです。そうしないと今回のコース、かなり厳しいそうなので各PCで制限時間に間に合わなくなる可能性もあると考えたためです。 相方先頭でスタートしてから鶴川街道、町田街道に。前回(青葉200)では見られなかった追い抜きも何回か行いつつ、前回(青葉200)より1時間早いスタートのためそれほど車も多くなく走りやすい。適度なスピードの集団に着いていきます。しかし高尾に出る前に今回最後尾から出発したはずのケルビムメンバーの数人に早くも抜かれて呆然。は、速すぎる。 高尾で町田街道を左折。PC1は込み合っているだろうという予測の元、20号線に入って大垂水峠への登り直前にあるコンビニでトイレ休憩。トイレとおにぎりサンドイッチで補給。そうしているうちに、最後尾から走ってきたもう1人のケルビムメンバーの方に追いつかれてもうほとんど最後尾とのこと。相方を先頭に急いで出発です。 青葉200では相方、大垂水峠でも結構難儀しましたが、今回は途中で数人をパスしながら登っていきます。大垂水峠をパスしてPC1に到着。時間は8時10分頃。早速おにぎり1つ購入して速めに出発しようとしたところ、もう1度トイレに入った相方がトイレの中に反射ベストを見つけたと言ってきました。ちょうどBRM神奈川役員の方がいらっしゃったので相談してみたのですがどうしようか迷っている様子。しょうがないので相方がそれを着て持っていくことに。 PC1を出て直ぐに引き返していく方を発見。ちょっと距離があったのでブルベ参加者か確認できず声を掛けられなかったのですが、後からその方が反射ベストを忘れてPC1に戻って行く所だったことが判明。無駄な時間を使わせてしまって申し訳なかったです。間違いでも良いので声を掛ければよかった。。。 さて、PC1を出て20号線を藤野の駅前まで。丁字路を左折して76号線に入り日連大橋へ。藤野周辺はいつも走っているお馴染みの道。でも日連大橋から秋山道に出るまでに何人か道に迷っている方がいました。そのたびにこっちですよと声を掛けながら、しかし我々登り気味の道ではスピードが出せませんので、その方達の先導はできず。皆さん先に行ってもらいます。76号線を賽の神の丁字路まで進んで右折。奥牧野に向かいます。ここでも道を間違えたのか76号線を向こうからやってくる参加者に遭遇。やはりこの周辺は少し道がわかりにくいかもしれませんね。 神奈川カントリークラブへの登りをパスして奥牧野の丁字路に。ここを左折して秋山道を登って行きます。秋山道に入ると車がグッと少なくなって気持ちに余裕が出ます。相方、秋山道の途中で一度休息。レッグウォーマをはずします。そしてしばらく走っていると後ろから見覚えのある参加者が。どうやらPC1を出てすぐに見かけた引き返した方。声を掛けてみるとまさしく反射ベストを忘れていた方だと判明。相方が持ってきた反射ベストをお返しします。その方からは非常に感謝されましたが、やはりあそこで声を掛ければよかったと反省しきりです。 反射ベストも返すことができ安心して再び登り始めます。饅頭屋を通り越すと傾斜がきつくなり相方のペースも落ちてきますが何とか頑張ってようやく雛鶴トンネルに到着。 雛鶴トンネルを通ってリニア実験施設を過ぎ、CP2までは快適な下り。PC2には10時20分ごろ到着です。次は笹子トンネルですのでここでしっかり補給している方が多数。我々はちょっと先のおむすびのおおみやでで昼食にする予定なので、速めにPC2を出ておにぎりやに到着。 明太子、なす炒め、ハムカツ、あと確か「ままけは」という辛味噌のような具のおにぎりそれと味噌汁も注文です。カップの味噌汁を選ぼうとしたところ、鍋で作ってくれる味噌汁もあるとのことでそちらをお願いします。全部で確か980円だったような。店内の椅子に座って食べます。写真取り忘れたのですが味噌汁うまかった。店内で食べてるとPC2を出発した皆さんが続々と走っていくのが見えます。我々もお腹もいっぱいになりトイレも済ませて11時ごろ出発です。次は笹子トンネルへ。