Pocket

茶畑

相方と童仙房に登って多羅尾を抜けて信楽を回って帰ってきました。写真は童仙登りはじめの絶景ポイント。


まずは自転車ログ。

先週末は相方と琵琶イチ(北湖)をしてきたので、今回は山の方へ言ってみようと言うことになり童仙房へ向けて出発。出発時間は8時頃。
まずは1号線を少し走って左折し青山の丘陵地帯を避けるように走って平野の交差点へ。そこを直進して関津峠を越えて大石バイパスへ左折。富川トンネルを通って国道307号線近江グリーンロードへ。そこを右折。信楽とは反対方面に向かいます。

湯舟へ左折

そして共和GCの所を左折。ここまでが登りで後は和束まで下り。

マジリング

ちょうどここでマジリンクの方々とご一緒になりました。後ろに付かせてもらって湯船の集落へ向かいます。湯船の集落でマジリングの方々は左折。信楽に戻るようです。我々は右折して和束へ。
和束への下り道、奈良、京都方面から登ってくる方と多数すれ違いました。

和束ローソン

そして和束ローソンで休憩。到着時間は10時45分頃。予想より早めの到着。
小腹が空いたのでおにぎりとパンで補給。
そして相方は和束ローソンでのお楽しみの外に出てるお持ち屋さんであんころ餅を購入。
きな粉とあんこ4つずつ入り。両方1つずつ食べてみて残りは今日もリアバックとして付けてきたPendleに入れて、童仙房に向けて再出発。
童仙房は登りはじめが結構きつめ。我慢して登って行きます。

最初の建物

最初に現れる建物を過ぎるとその後はアップダウンが続く道に。適度に登って下ってを繰り返して童仙房に到着です。

童仙房山荘

童仙房山荘で一休み。

柿

童仙房山荘の前には秋らしく柿が飾ってありました。秋ですなあ。ここまでの道のりでもたわわに実った柿の木を何本も見ました。今年は柿の当たり年なのかな?

山荘前の空気入れ

童仙房の玄関前には空気入れもおいてあります。童仙房のご主人は自転車にご理解があるかたのようです。
童仙房山荘からは野殿にでて三国林道を進んで多羅尾での分岐で左折。多羅尾の旧道を通って信楽に出て信楽へ。信楽到着は12時半頃。信楽でお昼を食べて少しだけ陶器を見て回ってから帰宅。帰宅時間は15時頃でした。走行距離は約100キロ。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111105-IMGP0005-36.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20111105-IMGP0005-36-150x150.jpgyoko99自転車ログ信楽方面,童仙房
相方と童仙房に登って多羅尾を抜けて信楽を回って帰ってきました。写真は童仙登りはじめの絶景ポイント。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 先週末は相方と琵琶イチ(北湖)をしてきたので、今回は山の方へ言ってみようと言うことになり童仙房へ向けて出発。出発時間は8時頃。 まずは1号線を少し走って左折し青山の丘陵地帯を避けるように走って平野の交差点へ。そこを直進して関津峠を越えて大石バイパスへ左折。富川トンネルを通って国道307号線近江グリーンロードへ。そこを右折。信楽とは反対方面に向かいます。 そして共和GCの所を左折。ここまでが登りで後は和束まで下り。 ちょうどここでマジリンクの方々とご一緒になりました。後ろに付かせてもらって湯船の集落へ向かいます。湯船の集落でマジリングの方々は左折。信楽に戻るようです。我々は右折して和束へ。 和束への下り道、奈良、京都方面から登ってくる方と多数すれ違いました。 そして和束ローソンで休憩。到着時間は10時45分頃。予想より早めの到着。 小腹が空いたのでおにぎりとパンで補給。 そして相方は和束ローソンでのお楽しみの外に出てるお持ち屋さんであんころ餅を購入。 きな粉とあんこ4つずつ入り。両方1つずつ食べてみて残りは今日もリアバックとして付けてきたPendleに入れて、童仙房に向けて再出発。 童仙房は登りはじめが結構きつめ。我慢して登って行きます。 最初に現れる建物を過ぎるとその後はアップダウンが続く道に。適度に登って下ってを繰り返して童仙房に到着です。 童仙房山荘で一休み。 童仙房山荘の前には秋らしく柿が飾ってありました。秋ですなあ。ここまでの道のりでもたわわに実った柿の木を何本も見ました。今年は柿の当たり年なのかな? 童仙房の玄関前には空気入れもおいてあります。童仙房のご主人は自転車にご理解があるかたのようです。 童仙房山荘からは野殿にでて三国林道を進んで多羅尾での分岐で左折。多羅尾の旧道を通って信楽に出て信楽へ。信楽到着は12時半頃。信楽でお昼を食べて少しだけ陶器を見て回ってから帰宅。帰宅時間は15時頃でした。走行距離は約100キロ。