Pocket

null

土曜日に都留で昼飯コースをたどり昼を食べてきました。今回は山もとうどんで肉つけうどん。
コースの概要は都留で昼飯コースを。今回は帰路にて相模湖から津久井湖沿いの車道を走りたくなかったので牧野から牧馬峠を通り鳥屋に抜け新小倉橋を通って帰ってきました。寒さも厳しくなり道中の凍結を心配しましたが、この日は暖かかった事もあり部分的な凍結はありましたが道路全面凍結している区間は無く何よりでした。

今回もスタートは16号鹿沼交差点。まずは新小倉橋に向かって走っていきます。今回はカインズホームに出る前の大島団地南側交差点を直進し、カインズホームの裏側に出る道を探しつつ走ってみました。したがって大島団地南側交差点を直進、ロータリーのある三叉路を直進、次の丁字路を右折ししばらく走るとカインズホーム裏手に。新小倉橋に出るため少し戻らなくてはいけないのがちょっと気になりますが、車はほとんど通らないのんびりとした道でした。大島団地南側交差点を右折し48号線で新小倉橋までの区間は路肩が荒れていて車も結構通るので気になる方はこちらの道をどうぞ。

デイリーヤマザキ梶野店

新小倉橋を渡ってアップダウンを繰り返して関の交差点で宮ヶ瀬方面へ。関の交差点から所々に宮ヶ瀬湖のクリスマスツリーの案内が出てましたね。鳥屋郵便局前の道は再舗装工事中。夜、宮ヶ瀬湖のクリスマスツリーを見に行かれる方々はご注意を。鳥屋郵便局を右折しデイリーヤマザキ梶野店へ下ってここで小休止。16号鹿沼交差点からここまで1時間20分くらいかかって到着したのは8時ちょっと過ぎ。まだ駐車場の野菜売り場も準備中でした。それほどお腹もすいていなかったので缶コーヒーだけで休憩です。休憩後道志道へ。平沼トンネルまで登り両国橋へ下り両国橋直後の激坂を登ってあとは淡々とした登り。

トイレ裏の小川

道志村役場を過ぎて道志の湯の入り口にある公衆トイレで小休止です。デイリーヤマザキ梶野店で何も食べていなかったのでここで少しだけ空腹感が。この少し先にあるデイリーヤマザキ道志店まで行こうか迷いましたが、トイレ前の自動販売機でスプライト1本で済まして再び道志道を道坂峠の丁字路まで。この丁字路でちょうど10時。次は道坂峠を登っていきます。道坂峠はきつい登り部分があまり無く車もそれほど通らないのでゆっくり上っていけます。いいですねえ道坂峠。結構好きな峠です。

道坂トンネル

30分ほど登ると道坂トンネル。トンネルを抜けて都留への下りです。道坂峠の都留側、数回のヘアピンカーブと水が出てて凍りやすい箇所が所あるのであまりスピードを出さずに下っていきます。幸いにも今回は凍結は無し。今日は暖かかったからでしょうか。本格的に冷え込むと凍結しそうな区間が数箇所ありました。下りきって法能の丁字路。前回は都留市内を避けて秋山道へ向かったため右折しましたが今回は左折。都留市街へ向かいます。少し走ると139号線(富士道)に出ますのでここを右折します。富士道はそれほど広くなく車も多いので富士道に入って最初の信号を左折して中道へエスケープ。富士道と平行して走ると都留駅。都留駅を通り過ぎてしばらく進むと再び富士道へ合流。また富士道をしばらく走ります。

山もとうどんの看板

富士道を少し走ると山もとうどんの看板。ここを左折。

山もとうどん外観

富士急大月線の高架に沿う道との交差点を右折すれば山もとうどん。今日はここで昼飯です。肉つけうどん400円。とてもコシがある富士吉田系のうどんで、うどん自体にうまみがありかなり美味しい。おすすめです。今回は11時くらいに着いたのですが地元の人たちで大変にぎわっていました。山もとうどんおすすめです。日曜日も営業しています。うどんを食べ終わって再び富士急行の高架沿いの道へ。道なりに進んでいくと一度高架をくぐった丁字路を右折して禾生駅前の踏み切り。踏み切りを渡って禾生駅前の古川渡の交差点へ。この交差点の対角側におむすびのおおみや禾生店がありますが今回もパス。交差点を直進し秋山道へ入っていきます。リニア実験線の手前の激坂を登って雛鶴トンネル。雛鶴トンネルを通って下り。下りには数箇所凍結箇所がありましたが、全面凍結はしていなかったので凍結部分を避けて走れました。少し下ると雛鶴酒饅頭。今日はなるしまチームは来てないようです。饅頭屋さんのおばさんにきいてみると、冬は秋山道の凍結があるのでなるしまチームはあまり来ないとの事。

ゆず湯と酒饅頭

話していたらゆず茶のサービス有り。今年は実り物が当たり年だとの事。店頭でもゆずの販売をしてました。少々傷があるゆず一袋100円。安いです。車で来た人がさかんに買って帰っていました。ゆず茶はゆず2かけに砂糖とお湯。中のゆずを絞りつつゆず茶をいただきながら酒饅頭を食べていると饅頭屋のおじさんも登場。おじさんとは今日は真珠湾攻撃の日だなどの話。当時は中学生だったとの事。みんな死んでしまったよなどと話してました。平和だからこそ自転車にも乗ってられると改めて思いつつジョンレノンの命日と同じだったなあなどと考えつつも酒饅頭を後にします。その後の秋山道は道の一部が凍っている箇所が数箇所ありましたが全面凍結部分は無く、凍結部分を避けながら奥牧野の丁字路へ。前回はここを直進し日連方面へ抜けようとして天神峠に惨敗しましたが今回はおとなしく右折。牧野方面へ向かいます。神奈川カントリークラブ前の坂を上って賽の神の丁字路へ。
賽の神の丁字路を左折すれば、このまま下り基調で藤野駅前に出てそこから相模湖と津久井湖前の20号線と413号線を通るのが一番楽な道になりますが、どうしてもこの区間、車が多くかつ沿道のショップの駐車場に突然入る車や出る車があるのであまり走りたくありません。そこで行きに最初に休憩したデイリーヤマザキ梶野店に出ることにして賽の神丁字路を右折。藤野駅とは逆方向、やまなみ温泉方面に向かいます。
こちらに向かうと選択肢は2つ。やまなみ温泉の丁字路を左折して篠原の里へ向かうかやまなみ温泉前を直進して再び道志道へ出るかです。篠原へ行くのが最短コースですがここには牧馬峠の激坂が。詳しいことは牧馬峠~雛鶴酒饅頭コースを。牧馬峠、篠原の里側から登るのは数年前の山中湖往復以来です。当時は全然登れず全て自転車を押して登りました。もしかしたら今回はいけるかもいう根拠のない淡い期待を持ち、かつ篠原の里ののんびりした風景も見たいしなどと言い訳を付けつつやっぱり最短コースという誘惑に負けてやまなみ温泉の丁字路を左折。疲れて判断力が鈍っていたようです。結果は惨敗。結局牧馬峠のワダチ付きコンクリ舗装部分は全て押して登りました。次回のリベンジ(予定なし)を誓ってデイリーヤマザキ梶野店へ。ここでは休息取らずに鳥屋郵便局前へ。郵便局前で小休止。往路と同じく新小倉橋を通り16号鹿沼交差点へ到着しました。到着時間は15時30分前後でした。牧馬峠は惨敗しましたがやはり相模湖津久井湖沿いを通るよりは気が楽に走れました。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/7852240d1cbd7dd4e509959acf675447.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/7852240d1cbd7dd4e509959acf675447-150x150.jpgyoko999自転車ログ
土曜日に都留で昼飯コースをたどり昼を食べてきました。今回は山もとうどんで肉つけうどん。 コースの概要は都留で昼飯コースを。今回は帰路にて相模湖から津久井湖沿いの車道を走りたくなかったので牧野から牧馬峠を通り鳥屋に抜け新小倉橋を通って帰ってきました。寒さも厳しくなり道中の凍結を心配しましたが、この日は暖かかった事もあり部分的な凍結はありましたが道路全面凍結している区間は無く何よりでした。 (走行ログはこちら。) 今回もスタートは16号鹿沼交差点。まずは新小倉橋に向かって走っていきます。今回はカインズホームに出る前の大島団地南側交差点を直進し、カインズホームの裏側に出る道を探しつつ走ってみました。したがって大島団地南側交差点を直進、ロータリーのある三叉路を直進、次の丁字路を右折ししばらく走るとカインズホーム裏手に。新小倉橋に出るため少し戻らなくてはいけないのがちょっと気になりますが、車はほとんど通らないのんびりとした道でした。大島団地南側交差点を右折し48号線で新小倉橋までの区間は路肩が荒れていて車も結構通るので気になる方はこちらの道をどうぞ。 新小倉橋を渡ってアップダウンを繰り返して関の交差点で宮ヶ瀬方面へ。関の交差点から所々に宮ヶ瀬湖のクリスマスツリーの案内が出てましたね。鳥屋郵便局前の道は再舗装工事中。夜、宮ヶ瀬湖のクリスマスツリーを見に行かれる方々はご注意を。鳥屋郵便局を右折しデイリーヤマザキ梶野店へ下ってここで小休止。16号鹿沼交差点からここまで1時間20分くらいかかって到着したのは8時ちょっと過ぎ。まだ駐車場の野菜売り場も準備中でした。それほどお腹もすいていなかったので缶コーヒーだけで休憩です。休憩後道志道へ。平沼トンネルまで登り両国橋へ下り両国橋直後の激坂を登ってあとは淡々とした登り。 道志村役場を過ぎて道志の湯の入り口にある公衆トイレで小休止です。デイリーヤマザキ梶野店で何も食べていなかったのでここで少しだけ空腹感が。この少し先にあるデイリーヤマザキ道志店まで行こうか迷いましたが、トイレ前の自動販売機でスプライト1本で済まして再び道志道を道坂峠の丁字路まで。この丁字路でちょうど10時。次は道坂峠を登っていきます。道坂峠はきつい登り部分があまり無く車もそれほど通らないのでゆっくり上っていけます。いいですねえ道坂峠。結構好きな峠です。 30分ほど登ると道坂トンネル。トンネルを抜けて都留への下りです。道坂峠の都留側、数回のヘアピンカーブと水が出てて凍りやすい箇所が所あるのであまりスピードを出さずに下っていきます。幸いにも今回は凍結は無し。今日は暖かかったからでしょうか。本格的に冷え込むと凍結しそうな区間が数箇所ありました。下りきって法能の丁字路。前回は都留市内を避けて秋山道へ向かったため右折しましたが今回は左折。都留市街へ向かいます。少し走ると139号線(富士道)に出ますのでここを右折します。富士道はそれほど広くなく車も多いので富士道に入って最初の信号を左折して中道へエスケープ。富士道と平行して走ると都留駅。都留駅を通り過ぎてしばらく進むと再び富士道へ合流。また富士道をしばらく走ります。 富士道を少し走ると山もとうどんの看板。ここを左折。 富士急大月線の高架に沿う道との交差点を右折すれば山もとうどん。今日はここで昼飯です。肉つけうどん400円。とてもコシがある富士吉田系のうどんで、うどん自体にうまみがありかなり美味しい。おすすめです。今回は11時くらいに着いたのですが地元の人たちで大変にぎわっていました。山もとうどんおすすめです。日曜日も営業しています。うどんを食べ終わって再び富士急行の高架沿いの道へ。道なりに進んでいくと一度高架をくぐった丁字路を右折して禾生駅前の踏み切り。踏み切りを渡って禾生駅前の古川渡の交差点へ。この交差点の対角側におむすびのおおみや禾生店がありますが今回もパス。交差点を直進し秋山道へ入っていきます。リニア実験線の手前の激坂を登って雛鶴トンネル。雛鶴トンネルを通って下り。下りには数箇所凍結箇所がありましたが、全面凍結はしていなかったので凍結部分を避けて走れました。少し下ると雛鶴酒饅頭。今日はなるしまチームは来てないようです。饅頭屋さんのおばさんにきいてみると、冬は秋山道の凍結があるのでなるしまチームはあまり来ないとの事。 話していたらゆず茶のサービス有り。今年は実り物が当たり年だとの事。店頭でもゆずの販売をしてました。少々傷があるゆず一袋100円。安いです。車で来た人がさかんに買って帰っていました。ゆず茶はゆず2かけに砂糖とお湯。中のゆずを絞りつつゆず茶をいただきながら酒饅頭を食べていると饅頭屋のおじさんも登場。おじさんとは今日は真珠湾攻撃の日だなどの話。当時は中学生だったとの事。みんな死んでしまったよなどと話してました。平和だからこそ自転車にも乗ってられると改めて思いつつジョンレノンの命日と同じだったなあなどと考えつつも酒饅頭を後にします。その後の秋山道は道の一部が凍っている箇所が数箇所ありましたが全面凍結部分は無く、凍結部分を避けながら奥牧野の丁字路へ。前回はここを直進し日連方面へ抜けようとして天神峠に惨敗しましたが今回はおとなしく右折。牧野方面へ向かいます。神奈川カントリークラブ前の坂を上って賽の神の丁字路へ。 賽の神の丁字路を左折すれば、このまま下り基調で藤野駅前に出てそこから相模湖と津久井湖前の20号線と413号線を通るのが一番楽な道になりますが、どうしてもこの区間、車が多くかつ沿道のショップの駐車場に突然入る車や出る車があるのであまり走りたくありません。そこで行きに最初に休憩したデイリーヤマザキ梶野店に出ることにして賽の神丁字路を右折。藤野駅とは逆方向、やまなみ温泉方面に向かいます。 こちらに向かうと選択肢は2つ。やまなみ温泉の丁字路を左折して篠原の里へ向かうかやまなみ温泉前を直進して再び道志道へ出るかです。篠原へ行くのが最短コースですがここには牧馬峠の激坂が。詳しいことは牧馬峠~雛鶴酒饅頭コースを。牧馬峠、篠原の里側から登るのは数年前の山中湖往復以来です。当時は全然登れず全て自転車を押して登りました。もしかしたら今回はいけるかもいう根拠のない淡い期待を持ち、かつ篠原の里ののんびりした風景も見たいしなどと言い訳を付けつつやっぱり最短コースという誘惑に負けてやまなみ温泉の丁字路を左折。疲れて判断力が鈍っていたようです。結果は惨敗。結局牧馬峠のワダチ付きコンクリ舗装部分は全て押して登りました。次回のリベンジ(予定なし)を誓ってデイリーヤマザキ梶野店へ。ここでは休息取らずに鳥屋郵便局前へ。郵便局前で小休止。往路と同じく新小倉橋を通り16号鹿沼交差点へ到着しました。到着時間は15時30分前後でした。牧馬峠は惨敗しましたがやはり相模湖津久井湖沿いを通るよりは気が楽に走れました。