Pocket

IMGP0703

久しぶりに自転車に乗る機会があったので琵琶湖一周してきました。

琵琶湖一周といっても最近は湖岸道路をなるべく通らない琵琶湖一周をするようになってきました。理由は湖岸道路はけっこう車が多いから。湖岸から少し内陸を走るだけで車がほとんど通らない道を走ることができるのでそのほうが好み。なので厳密には琵琶湖一周とは言えないのかも。

まずは自転車ログ。

自転車ログはこちら。

 

今日は年明け初の自転車なので気合を入れて出発時間は6時。でも自転車用サングラスを忘れたりして出発できたのは6時半頃。

IMGP0682

いつものように自宅からはまずは琵琶湖を方向に直進。そして湖岸道路まで出ずに草津農協貯蔵施設の前の道、通称メロン街道を曲がって琵琶湖に平行に走っていきます。15kmほど走ると守山農協の貯蔵施設に出て琵琶湖大橋につながる477号(レインボーロード)に。そこを右折して守山農協のファーマーズマーケットの脇の道を更に内陸へ。守山北高校の裏を通って野洲のイオンの前の道に出て直進。

その後はローカルな道をつないで野村町の交差点にでると後は近江八幡までは直線。

IMGP0686

日牟禮八幡宮では八幡祭りの準備をしてたようです。

IMGP0687

そして近江八幡のローソンで休憩。ここで休憩入れておかないと彦根でエネルーギが切れ、クラブハリエのジュブルリタンでパンを思わず買いすぎ腹いっぱいになってしまうので。

そして再出発。近江八幡からは自転車道路を織り交ぜながらまたしても内陸へ。安土城址の脇を走って荒神山を目指します。

IMGP0690

荒神山を越えたところから、このまま真っすぐ行くと彦根市街中心部に突入してしまうので左折して湖岸へ。細道に入り込んで湖岸道路の旧道をはしります。途中には立派な灯籠などあり。

そして彦根城のところで湖岸道路に合流して彦根港で再び旧道へ。その旧道を走った先にはジュブルリタン。今日は寄らないつもりでしたが疲れてきたので結局ピットイン。

IMGP0693

ジュブルリタン、到着したのは8時50分くらいだったか?この位の時間だとまだそれほど混んでいなくて良い感じ。でもパンの数は少なめでした。あれこれ悩みましたがとにかく余りたくさん食べないように2つだけにしようと、たけのこパンと赤い果実とピスタチオのパイなる2品を購入。このたけこのぱん、中に切ったたけのこが入っているプレーンなパンでうまし。こういうシンプルなパンが好みなんですが、シンプルなパンを売ってる店ってあまりないのでジュブルリタンはポイント高し。

IMGP0692

ジュブルリタンからはしばらく湖岸道路を走ります。湖岸道路の桜がきれいなので止まって撮影。草津あたりだと既に葉桜ですが長浜あたりでは満開を少し過ぎたくらいか。しかし全然自転車に乗っていないためこの時点で既に疲労感。

その後は再び内陸へ。途中の農道で迷ったりしながら細道を通って旧賤ヶ岳トンネルに。旧賤ヶ岳トンネルにつながる道を見つけられたは今回の収穫。

トンネルを出た後は琵琶湖の絶景。

IMGP0699

旧賤ヶ岳トンネルはいつもは車がほとんど来ない道ですが、今日は対向車がかなり多い。もしかして梅津大崎の桜を見て来た車か?

賤ヶ岳トンネルを後にしていつものようにトンネルを通らず湖岸を走って塩津へ。塩津の道は新しくなってましたが大渋滞。車の脇を抜けてすぐに左折。そしてトンネルを通って大浦口で左折して梅津大崎へ向かっています。湖岸に出ると対向方向は渋滞。桜の季節は梅津大崎は一方通行規制がかかってて塩津側からの車の乗り入れはできません。自転車はどうなのか不明だったのでとりあえずこのまま直進。ゲートのところで聞いてみると自転車はOKとのことで安心して走っていきます。しかし対向車線は車多し。

梅津大崎の桜は冒頭の写真感じ。少し散り始めだった感じ。

IMGP0704

しかしいつもは閑散としている梅津大崎、今日は車と人で溢れてました。近江今津側からの一方通行にして逆車線は歩行者に開放してるんですがそれでも車の車列は見るからにストレスフル。

観光船のりばのところはいつも出てない屋台がありました。

その後は梅津大崎を抜けて近江今津のモーモーとんちゃんでお昼と考えていましたが、行ってみると休み。帰ってきてよく見てみると17時から営業だったらしい。事前の調査不足。しょうが無いのでそのまま西近江路をそのまま走って国道161号線と交差するところのセブンで休憩を入れます。

IMGP0708

その後は白神神社周辺の大渋滞を抜けて帰宅。写真は白神神社。

帰宅時間は15時ちょっと過ぎでした。

Pocket

2015年4月12日の琵琶湖一周(北湖)http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/IMGP0703-1024x768.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/IMGP0703-150x150.jpgyoko999自転車ログ琵琶湖一周
久しぶりに自転車に乗る機会があったので琵琶湖一周してきました。 琵琶湖一周といっても最近は湖岸道路をなるべく通らない琵琶湖一周をするようになってきました。理由は湖岸道路はけっこう車が多いから。湖岸から少し内陸を走るだけで車がほとんど通らない道を走ることができるのでそのほうが好み。なので厳密には琵琶湖一周とは言えないのかも。 まずは自転車ログ。 自転車ログはこちら。   今日は年明け初の自転車なので気合を入れて出発時間は6時。でも自転車用サングラスを忘れたりして出発できたのは6時半頃。 いつものように自宅からはまずは琵琶湖を方向に直進。そして湖岸道路まで出ずに草津農協貯蔵施設の前の道、通称メロン街道を曲がって琵琶湖に平行に走っていきます。15kmほど走ると守山農協の貯蔵施設に出て琵琶湖大橋につながる477号(レインボーロード)に。そこを右折して守山農協のファーマーズマーケットの脇の道を更に内陸へ。守山北高校の裏を通って野洲のイオンの前の道に出て直進。 その後はローカルな道をつないで野村町の交差点にでると後は近江八幡までは直線。 日牟禮八幡宮では八幡祭りの準備をしてたようです。 そして近江八幡のローソンで休憩。ここで休憩入れておかないと彦根でエネルーギが切れ、クラブハリエのジュブルリタンでパンを思わず買いすぎ腹いっぱいになってしまうので。 そして再出発。近江八幡からは自転車道路を織り交ぜながらまたしても内陸へ。安土城址の脇を走って荒神山を目指します。 荒神山を越えたところから、このまま真っすぐ行くと彦根市街中心部に突入してしまうので左折して湖岸へ。細道に入り込んで湖岸道路の旧道をはしります。途中には立派な灯籠などあり。 そして彦根城のところで湖岸道路に合流して彦根港で再び旧道へ。その旧道を走った先にはジュブルリタン。今日は寄らないつもりでしたが疲れてきたので結局ピットイン。 ジュブルリタン、到着したのは8時50分くらいだったか?この位の時間だとまだそれほど混んでいなくて良い感じ。でもパンの数は少なめでした。あれこれ悩みましたがとにかく余りたくさん食べないように2つだけにしようと、たけのこパンと赤い果実とピスタチオのパイなる2品を購入。このたけこのぱん、中に切ったたけのこが入っているプレーンなパンでうまし。こういうシンプルなパンが好みなんですが、シンプルなパンを売ってる店ってあまりないのでジュブルリタンはポイント高し。 ジュブルリタンからはしばらく湖岸道路を走ります。湖岸道路の桜がきれいなので止まって撮影。草津あたりだと既に葉桜ですが長浜あたりでは満開を少し過ぎたくらいか。しかし全然自転車に乗っていないためこの時点で既に疲労感。 その後は再び内陸へ。途中の農道で迷ったりしながら細道を通って旧賤ヶ岳トンネルに。旧賤ヶ岳トンネルにつながる道を見つけられたは今回の収穫。 トンネルを出た後は琵琶湖の絶景。 旧賤ヶ岳トンネルはいつもは車がほとんど来ない道ですが、今日は対向車がかなり多い。もしかして梅津大崎の桜を見て来た車か? 賤ヶ岳トンネルを後にしていつものようにトンネルを通らず湖岸を走って塩津へ。塩津の道は新しくなってましたが大渋滞。車の脇を抜けてすぐに左折。そしてトンネルを通って大浦口で左折して梅津大崎へ向かっています。湖岸に出ると対向方向は渋滞。桜の季節は梅津大崎は一方通行規制がかかってて塩津側からの車の乗り入れはできません。自転車はどうなのか不明だったのでとりあえずこのまま直進。ゲートのところで聞いてみると自転車はOKとのことで安心して走っていきます。しかし対向車線は車多し。 梅津大崎の桜は冒頭の写真感じ。少し散り始めだった感じ。 しかしいつもは閑散としている梅津大崎、今日は車と人で溢れてました。近江今津側からの一方通行にして逆車線は歩行者に開放してるんですがそれでも車の車列は見るからにストレスフル。 観光船のりばのところはいつも出てない屋台がありました。 その後は梅津大崎を抜けて近江今津のモーモーとんちゃんでお昼と考えていましたが、行ってみると休み。帰ってきてよく見てみると17時から営業だったらしい。事前の調査不足。しょうが無いのでそのまま西近江路をそのまま走って国道161号線と交差するところのセブンで休憩を入れます。 その後は白神神社周辺の大渋滞を抜けて帰宅。写真は白神神社。 帰宅時間は15時ちょっと過ぎでした。