Pocket

なえこさんの証明書

琵琶湖沿いに近江八幡まで行って来ました。前回の信楽とは違って今度は琵琶湖沿いなので道はほぼフラット。上りがあまり無いのは楽なのですがこの日は日差しがきつくて何もさえぎるものが無い平地の道は暑くて困りました。近江八幡のかね安さんでいただいた近江牛の証明書。この日食べたのはなえこさんのお肉でした。


まずは自転車ログ。

今日の近江八幡行きは琵琶湖の湖岸道路を通るのでまずは琵琶湖まで出なければいけません。現在すんでる滋賀の草津の駅周辺は線路を越えるのがちょっと面倒。押して歩かなけれいけない歩行者自転車専用トンネルか駅周辺から離れた踏み切りをわたる必要があります。そこで今回は天井川であった草津川の堤防を利用した自転車道路を使ってみました。

天井川の自転車道路

1号線沿いに草津川に行き堤防を上って自転車道路に入ります。草津川の河口付近は天井川だったので堤防がかなり高くなってます。主要国道の1号線もこの堤防にトンネルを掘ってその下を通っています。もちろん線路もこの堤防の下を通っており、この自転車道路に一度乗ってしまうと後はそのまま下っていけば琵琶湖に出ることができるわけです。
草津川は治水目的のため最近新しく新草津川を掘削しそちらに水を流しているため天井川部分は既に水がありません。水が抜けた川底は一部道路になってる部分もありました。まだ整備が済んでないようで、既存の自転車道路をうまく残しつつ整備してくれると良いのですが。

工事箇所

途中に工事箇所あり。一旦堤防を降りてまた復帰。

草津メロンか

周囲にはビニールハウス。草津メロンをつくってるんでしょうか?草津に来るまでここではメロン栽培が盛んだとは知りませんでした。気になるので、先日、草津農協の直売所に行って1つ買って食べてみました。1玉800円。するとうまくてびっくり。
さて自転車道路は次第にジャングル化。大丈夫か?と不安になったところで湖岸道路に到着。その後は湖岸道路を走ってみます。

湖岸道路

写真は琵琶湖大橋近くの守山の運転免許センター付近。ここまでくるとかなり広めの道に。そして琵琶湖大橋の入り口にあるサンクスで休憩。

ソフトクリーム

ソフトクリームがうまい。

鯖街道から

鯖街道から直送らしい。
ところで琵琶湖の湖岸道路には車道と併走してかなり立派な自転車道路もあるのですが、今回はここまで終止車道を走ってみました。守山の免許センターまで来るまでは道もあまり広くないので車が気になりました。でも自転車道路の方は特に琵琶湖博物館までは歩行者も多く自転車道路を25キロ以上で走るのはちょっと危険な感じも受けました。悩ましいところです。今回は日曜の9時頃に湖岸道路を走り始めたためか、おそらく近江大橋付近のイオンモールをはじめとする大型ショッピングセンターを目指していると思われる対向車線を走る車は多かったのですが、近江八幡方面へ向かう車線を走行する車はあまり多くなかった感じでした。

自転車道路を走る

サンクスでの休憩を終了して再び出発。再び車道を走りますが、琵琶湖大橋への交差点からしばらくは路肩が悪い区間があり、相方が怖くて走れないというので併走する自転車道路に退避。その後は自転車道路を走行します。琵琶湖大橋の交差点を過ぎると自転車道路はガラガラ。歩行者も無し。車道に比べると砂が多いのかタイヤから砂を拾っているような音が気になりますが車に悩まされない自転車道路を安心して飛ばせました。

うろり

近江八幡に近づいてきましたが長命寺の交差点を左折してみると「うろり」なるものを販売しているお店を発見。

漁港

いってみると目の前に漁港。お店にはいって見ると残念ながら「うろり」は無し。代わりにもろこの甘露煮を購入。500円。「うろり」は今月末から店頭に並ぶといってたような。「うろり」の正体は次回に持越しです。

長命寺

そして長命寺の参道入り口で休憩。

近江八幡へ

左折した長命寺の交差点の戻ってもとの道に復帰。渡合橋を通って近江八幡の町へ。

近江八幡の骨董屋

相方、さっそく見つけた骨董屋に。残念ながら階段箪笥は無し。

近江八幡を散策

その後近江八幡の町を少し散策。

かね安さん

そして近江八幡駅の方に向かい近江の地に引っ越してきてどうしても一度は食べてみたかった近江牛を食べにかね安さんに到着。
かね安さん、1頭買いをするお肉屋さんらしい。メニューを見るとすき焼きは3000円、5000円、6000円のコースに分かれてます。じゃあ相方と2人で3000円のコースを頼もうかと話していたらかね安の女将さんがせっかくだから1人前6000円を頼んで後は1000円でご飯と味噌汁、その他をつけてくれるというのでそうすることに。

お肉と野菜

出てきたのはおいしそうなお肉と大量の野菜。糸こんにゃく近江八幡名物の名物の赤蒟蒻です。お肉の上に乗ってるのは巨大な牛の脂身。女将さんがまずは脂身を溶かして準備してくれます。
その間にくまさんというかね安の大将さんが持ってきてくれたのが冒頭のお肉の証明書。今日いただくお肉を提供してくださった牛の名前はなえこさん。牛の名前はオスの場合は漢字でメスの場合はひらがなで書くそうです。だから「花子さん」だった場合はメスっぽく見えても実はオス。かね安さんではメスしか使わないらしい。食べる前にそのお肉の名前を知ったのははじめての経験です。
情が移って食べられなくなるかと若干思いましたが食欲の方が全然勝ってきれいに完食。お肉もおいしかったのですが驚いたのは例の巨大な脂身。普通であれば皆さん脂っこいといって避ける部分でしょうが、この脂身がうまい!口に入れるだけでとろけます。相方と「コラーゲンだったら良いのに」といいながら取り合いになりましたが大将が何回も言ってくれたように100%コレストロール。しかし箸が止まりません。脂身含めて全部食べてしまいました。おなかいっぱいです。

琵琶湖から1本内陸の道

食べ終わった後はコレストロールを消費すべく?先を急ぎます。帰り道は近江八幡の町を通って湖畔から少し内陸を通るコースにしてみました。しかしこの日は暑かった!走っているときはまだいいのですが信号で止まると暑い暑い!おまけに平地なので見渡す限り田んぼで日陰がありません。そしてコンビニがほとんど無し。この補給の場所の少なさは湖畔の道を走っていても同じなので、琵琶湖周辺を走るときは気をつけた方がよさそうです。湖岸道路から1本内陸に入った道は車もほとんど通らず快適。もし琵琶湖の湖岸道路の車が気になる場合はこちらのコースを走れば良いと思いました。
所々にある自販機で適宜止まって水分補給。熱中症にならないように気をつけながら草津農協の先で草津川の自転車道路に復帰。暑くて疲れたので自転車道路を草津駅近辺で降りてセブンイレブンでアイスを買って帰宅。
今回の走行距離は約80キロ。ちょうど相模原から江ノ島くらいでしょうか。道も同じようにほぼフラット。琵琶湖から少し内陸の道を選べば車を気にせず走れそうなことがわかったのは何よりです。うまく道を選べば良いトレーニングコースになりそう。
これで信楽、近江八幡と走りましたので次回はもう少し足を延ばして彦根や伊賀上野あたりが目標でしょうか?または琵琶湖大橋を渡って堅田に行ってみるのも面白そうです。

Pocket

近江八幡のかね安さんで近江牛のすき焼http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090715-IMGP0710.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090715-IMGP0710-150x150.jpgyoko99自転車ログ彦根方面
琵琶湖沿いに近江八幡まで行って来ました。前回の信楽とは違って今度は琵琶湖沿いなので道はほぼフラット。上りがあまり無いのは楽なのですがこの日は日差しがきつくて何もさえぎるものが無い平地の道は暑くて困りました。近江八幡のかね安さんでいただいた近江牛の証明書。この日食べたのはなえこさんのお肉でした。 まずは自転車ログ。 (走行ログはこちら。) 今日の近江八幡行きは琵琶湖の湖岸道路を通るのでまずは琵琶湖まで出なければいけません。現在すんでる滋賀の草津の駅周辺は線路を越えるのがちょっと面倒。押して歩かなけれいけない歩行者自転車専用トンネルか駅周辺から離れた踏み切りをわたる必要があります。そこで今回は天井川であった草津川の堤防を利用した自転車道路を使ってみました。 1号線沿いに草津川に行き堤防を上って自転車道路に入ります。草津川の河口付近は天井川だったので堤防がかなり高くなってます。主要国道の1号線もこの堤防にトンネルを掘ってその下を通っています。もちろん線路もこの堤防の下を通っており、この自転車道路に一度乗ってしまうと後はそのまま下っていけば琵琶湖に出ることができるわけです。 草津川は治水目的のため最近新しく新草津川を掘削しそちらに水を流しているため天井川部分は既に水がありません。水が抜けた川底は一部道路になってる部分もありました。まだ整備が済んでないようで、既存の自転車道路をうまく残しつつ整備してくれると良いのですが。 途中に工事箇所あり。一旦堤防を降りてまた復帰。 周囲にはビニールハウス。草津メロンをつくってるんでしょうか?草津に来るまでここではメロン栽培が盛んだとは知りませんでした。気になるので、先日、草津農協の直売所に行って1つ買って食べてみました。1玉800円。するとうまくてびっくり。 さて自転車道路は次第にジャングル化。大丈夫か?と不安になったところで湖岸道路に到着。その後は湖岸道路を走ってみます。 写真は琵琶湖大橋近くの守山の運転免許センター付近。ここまでくるとかなり広めの道に。そして琵琶湖大橋の入り口にあるサンクスで休憩。 ソフトクリームがうまい。 鯖街道から直送らしい。 ところで琵琶湖の湖岸道路には車道と併走してかなり立派な自転車道路もあるのですが、今回はここまで終止車道を走ってみました。守山の免許センターまで来るまでは道もあまり広くないので車が気になりました。でも自転車道路の方は特に琵琶湖博物館までは歩行者も多く自転車道路を25キロ以上で走るのはちょっと危険な感じも受けました。悩ましいところです。今回は日曜の9時頃に湖岸道路を走り始めたためか、おそらく近江大橋付近のイオンモールをはじめとする大型ショッピングセンターを目指していると思われる対向車線を走る車は多かったのですが、近江八幡方面へ向かう車線を走行する車はあまり多くなかった感じでした。 サンクスでの休憩を終了して再び出発。再び車道を走りますが、琵琶湖大橋への交差点からしばらくは路肩が悪い区間があり、相方が怖くて走れないというので併走する自転車道路に退避。その後は自転車道路を走行します。琵琶湖大橋の交差点を過ぎると自転車道路はガラガラ。歩行者も無し。車道に比べると砂が多いのかタイヤから砂を拾っているような音が気になりますが車に悩まされない自転車道路を安心して飛ばせました。 近江八幡に近づいてきましたが長命寺の交差点を左折してみると「うろり」なるものを販売しているお店を発見。 いってみると目の前に漁港。お店にはいって見ると残念ながら「うろり」は無し。代わりにもろこの甘露煮を購入。500円。「うろり」は今月末から店頭に並ぶといってたような。「うろり」の正体は次回に持越しです。 そして長命寺の参道入り口で休憩。 左折した長命寺の交差点の戻ってもとの道に復帰。渡合橋を通って近江八幡の町へ。 相方、さっそく見つけた骨董屋に。残念ながら階段箪笥は無し。 その後近江八幡の町を少し散策。 そして近江八幡駅の方に向かい近江の地に引っ越してきてどうしても一度は食べてみたかった近江牛を食べにかね安さんに到着。 かね安さん、1頭買いをするお肉屋さんらしい。メニューを見るとすき焼きは3000円、5000円、6000円のコースに分かれてます。じゃあ相方と2人で3000円のコースを頼もうかと話していたらかね安の女将さんがせっかくだから1人前6000円を頼んで後は1000円でご飯と味噌汁、その他をつけてくれるというのでそうすることに。 出てきたのはおいしそうなお肉と大量の野菜。糸こんにゃく近江八幡名物の名物の赤蒟蒻です。お肉の上に乗ってるのは巨大な牛の脂身。女将さんがまずは脂身を溶かして準備してくれます。 その間にくまさんというかね安の大将さんが持ってきてくれたのが冒頭のお肉の証明書。今日いただくお肉を提供してくださった牛の名前はなえこさん。牛の名前はオスの場合は漢字でメスの場合はひらがなで書くそうです。だから「花子さん」だった場合はメスっぽく見えても実はオス。かね安さんではメスしか使わないらしい。食べる前にそのお肉の名前を知ったのははじめての経験です。 情が移って食べられなくなるかと若干思いましたが食欲の方が全然勝ってきれいに完食。お肉もおいしかったのですが驚いたのは例の巨大な脂身。普通であれば皆さん脂っこいといって避ける部分でしょうが、この脂身がうまい!口に入れるだけでとろけます。相方と「コラーゲンだったら良いのに」といいながら取り合いになりましたが大将が何回も言ってくれたように100%コレストロール。しかし箸が止まりません。脂身含めて全部食べてしまいました。おなかいっぱいです。 食べ終わった後はコレストロールを消費すべく?先を急ぎます。帰り道は近江八幡の町を通って湖畔から少し内陸を通るコースにしてみました。しかしこの日は暑かった!走っているときはまだいいのですが信号で止まると暑い暑い!おまけに平地なので見渡す限り田んぼで日陰がありません。そしてコンビニがほとんど無し。この補給の場所の少なさは湖畔の道を走っていても同じなので、琵琶湖周辺を走るときは気をつけた方がよさそうです。湖岸道路から1本内陸に入った道は車もほとんど通らず快適。もし琵琶湖の湖岸道路の車が気になる場合はこちらのコースを走れば良いと思いました。 所々にある自販機で適宜止まって水分補給。熱中症にならないように気をつけながら草津農協の先で草津川の自転車道路に復帰。暑くて疲れたので自転車道路を草津駅近辺で降りてセブンイレブンでアイスを買って帰宅。 今回の走行距離は約80キロ。ちょうど相模原から江ノ島くらいでしょうか。道も同じようにほぼフラット。琵琶湖から少し内陸の道を選べば車を気にせず走れそうなことがわかったのは何よりです。うまく道を選べば良いトレーニングコースになりそう。 これで信楽、近江八幡と走りましたので次回はもう少し足を延ばして彦根や伊賀上野あたりが目標でしょうか?または琵琶湖大橋を渡って堅田に行ってみるのも面白そうです。