Pocket

伊吹山

寒波が一息ついた12月の日曜日、久しぶりに琵琶湖一周してきました。写真は彦根の先で見えた伊吹山の冠雪。


まずは自転車ログ。

草津川自転車道路

久しぶりの琵琶一なので出発時間は7時半頃といつもよりはちょっと早め。まずは草津川自転車道路を琵琶湖の方へ。いつものように草津川自転車道路からの風景。
この日は12月に入って続いていた寒波も少し後退。昨日まで降ってた雨の名残かまだ雲が取れてませんし風も強し。でも気温は高め。走って体が暖まってくるとユニクロのネックウオーマーがちょっと暑いくらいです。
草津川自転車道路から草津農協の脇を通る道に出て右折。そのまま内陸を走行。守山農協の所で琵琶湖大橋につながる477号線を渡って右折。守山農協のおうみんちの前の道に入ってそのまま内陸をつかって彦根まで。琵琶一といっても最近は湖岸にはそれほどこだわっていません。湖岸の道は結構車も多いし。また今日は風が強く湖岸を走るのは辛そうな感じだったもの湖岸を避けてるもう一つの理由。
彦根の町に入って彦根城を通り過ぎて琵琶一の楽しみの一つであるクラブハリエジュブリルタンで最初の休憩です。ここはハード系のパンがうまい。近所の100円パンではなかなか味わえないハード系のパン。パンを三つと伊吹牛乳を購入してイートインスペースでいただきます。

ジュブリルタン

こちらがその様子。ガーリックフランスとクルミとレーズンのノアレザン。包まれてるのはフランスパンの中にチョコレート入りのショコラ。補給食にするためにショコラだけは包んでもらいました。ノアレザンはここで食べていくと言うと切ってくれました。「食べきれなかったら袋に入れますのでおっしゃってください。」とご丁寧に言われました。一人で食べるには大きかったか?でもこの手のハード系パンは大好物なので苦も無く完食。おいしかったです。
満足してジュブリルタンを後に。ジュブルリタンからは湖岸を走ります。しかし風が強い。

琵琶湖荒れ模様

琵琶湖にも日本海のような白波。
その後は風と戦いつつ長浜を通って賤ヶ岳トンネルまでは向かい風の中、我慢の走行。トンネルを過ぎて永原へ左折するとようやく追い風になって一安心。

琵琶湖荒れ模様

永原付近は路肩にこんな感じの雪が残っていました。路面の方は問題なし。
今まで我慢をしてきたご褒美の追い風に乗って近江今津を越えたところから再び内陸へ。このまま追い風を楽しみつつのんびりと湖岸を走っても良かったのですが、本日は用事があるので16時30分までに帰宅したく、ここからは最短距離を走行することに。

新旭のセブン

新旭のセブンイレブンで2回目の休憩。携帯してきたクラブハリエジュブルリタンのショコラパンをいただきます。
そして再出発して安曇川、高島の町を通って白鬚神社へ。

白鬚神社大鳥居

いつもの大鳥居の前でちょっと停車。
その後は基本的に琵琶湖自転車道に沿って走行。

琵琶湖自転車道

琵琶湖自転車道の蓬莱浜付近はこんな感じの道で雰囲気良し。
その後は琵琶湖大橋を渡って守山農協と草津農協をつないでる道に戻って葉山川自転車道路に沿って帰宅。帰宅時間はちょうど16時30分でぴったり。走行距離は170kmほどでした。

商いはたねやに訊け―近江商人山本徳次語録
edit

商いはたねやに訊け―近江商人山本徳次語録
山本 徳次
毎日新聞社
¥ 1,575 (定価)
¥ 1,620 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
通常2~3週間以内に発送
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)
Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20121222-IMGP00071.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20121222-IMGP00071-150x150.jpgyoko99自転車ログ琵琶湖一周
寒波が一息ついた12月の日曜日、久しぶりに琵琶湖一周してきました。写真は彦根の先で見えた伊吹山の冠雪。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 久しぶりの琵琶一なので出発時間は7時半頃といつもよりはちょっと早め。まずは草津川自転車道路を琵琶湖の方へ。いつものように草津川自転車道路からの風景。 この日は12月に入って続いていた寒波も少し後退。昨日まで降ってた雨の名残かまだ雲が取れてませんし風も強し。でも気温は高め。走って体が暖まってくるとユニクロのネックウオーマーがちょっと暑いくらいです。 草津川自転車道路から草津農協の脇を通る道に出て右折。そのまま内陸を走行。守山農協の所で琵琶湖大橋につながる477号線を渡って右折。守山農協のおうみんちの前の道に入ってそのまま内陸をつかって彦根まで。琵琶一といっても最近は湖岸にはそれほどこだわっていません。湖岸の道は結構車も多いし。また今日は風が強く湖岸を走るのは辛そうな感じだったもの湖岸を避けてるもう一つの理由。 彦根の町に入って彦根城を通り過ぎて琵琶一の楽しみの一つであるクラブハリエジュブリルタンで最初の休憩です。ここはハード系のパンがうまい。近所の100円パンではなかなか味わえないハード系のパン。パンを三つと伊吹牛乳を購入してイートインスペースでいただきます。 こちらがその様子。ガーリックフランスとクルミとレーズンのノアレザン。包まれてるのはフランスパンの中にチョコレート入りのショコラ。補給食にするためにショコラだけは包んでもらいました。ノアレザンはここで食べていくと言うと切ってくれました。「食べきれなかったら袋に入れますのでおっしゃってください。」とご丁寧に言われました。一人で食べるには大きかったか?でもこの手のハード系パンは大好物なので苦も無く完食。おいしかったです。 満足してジュブリルタンを後に。ジュブルリタンからは湖岸を走ります。しかし風が強い。 琵琶湖にも日本海のような白波。 その後は風と戦いつつ長浜を通って賤ヶ岳トンネルまでは向かい風の中、我慢の走行。トンネルを過ぎて永原へ左折するとようやく追い風になって一安心。 永原付近は路肩にこんな感じの雪が残っていました。路面の方は問題なし。 今まで我慢をしてきたご褒美の追い風に乗って近江今津を越えたところから再び内陸へ。このまま追い風を楽しみつつのんびりと湖岸を走っても良かったのですが、本日は用事があるので16時30分までに帰宅したく、ここからは最短距離を走行することに。 新旭のセブンイレブンで2回目の休憩。携帯してきたクラブハリエジュブルリタンのショコラパンをいただきます。 そして再出発して安曇川、高島の町を通って白鬚神社へ。 いつもの大鳥居の前でちょっと停車。 その後は基本的に琵琶湖自転車道に沿って走行。 琵琶湖自転車道の蓬莱浜付近はこんな感じの道で雰囲気良し。 その後は琵琶湖大橋を渡って守山農協と草津農協をつないでる道に戻って葉山川自転車道路に沿って帰宅。帰宅時間はちょうど16時30分でぴったり。走行距離は170kmほどでした。 edit 商いはたねやに訊け―近江商人山本徳次語録 山本 徳次 毎日新聞社 ¥ 1,575 (定価) ¥ 1,620 (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) 単行本 通常2~3週間以内に発送 (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) Amazon関連商品 ・たねやの心 ・たねやのあんこ―二世経営者に捧げる一〇〇の小言 ・近江商人学入門―CSRの源流「三方よし」 (淡海文庫 (31)) ・近江商人に学ぶ ・小さな会社こそ、高く売りなさい