Pocket

平等院の鳥居

BRM京都200何とか完走しました。しかしあの吹雪状態は大変でした。とにかく寒かった。家に帰り着いてから相方にまず足を温めるお湯をバケツに入れてもらって凍ってしまったような足先を解凍しましたがあまり効果無し。これはまずいと風呂に入りましたがいくら湯船につかってても何となく体の芯はまだ冷えたまま。これはしょうが無いと湯たんぽ入りの布団に入って就寝しましたがこれまた何となく熟睡できず、起きてみると頭痛。月曜の午前中は半分死んでる感じで熟睡できたのはようやく月曜の夜でした。
写真は自走帰路途中での平等院参道の大鳥居。夜見上げると迫力満点です。


まずは自転車ログ。

今回の反省点と言えばやはり携帯およびGPSの充電をまあ大丈夫だろうとおろそかにしてたこと。おかげでWebのリアルタイム更新および結局ブルベでしか使ってないツイッターも活用できず。もしものために電池式の充電器は持参しておくべきでした。結局GPSについてはPC2手前で電池容量低下のsainが出て着たのでPC2で電池購入して入れ替え。さらにカメラの方の充電も心許ない感じで、最後の大石はっとりでエビデンスとなる写真が撮れなかったらどうしようかと不安でした。
後はスタートする前早々にQシートを留めてたクリップが飛んでしまってQシート無しになってしまったこと。今回は偶然にも大正池ルートの変更で前回の京都200とほぼ同じルートになったので昨年の記憶を頼りに何となく走れましたが、全く違ったルートになってらやばかったかも。その後のコンビニでクリップ探しましたが発見できず。予備のクリップくらい持参しておくべきでした。
良かったのはイスカのウルトラライトポーチを使ったキャリアが耐久性があることがわかったこと。甲賀での吹雪の中も雨が降ってきたらかぶせようと考えて持参してた草津では有名な激安スーパハズイの買い物袋をかぶせて防水せずとも大丈夫。さすがに雨中の走行であれば階のも袋などで防水対策をしなくてはいけないと思いますが少々の雨なら大丈夫そう。コントアーマグナムだと10Lは無理なのでイスカのウルトラライトポーチを利用した今回のキャリアでは10L程度は入るだろうしさらに300gくらいは軽量化されているので今後の300、400、600ブルベでも活用していけそうな見込みが出てきてなによりです。

イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 2 グリーン 363102
edit

イスカ(ISUKA)
¥ 1,680 (定価)
¥ 1,684 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫あり。
(価格・在庫状況は3月6日 10:06現在)

今回も滋賀から自走しましたが、宇治川ラインの早朝および夜間の走行は基本的に街灯がなくて真っ暗でもハブダイナモはやはり強力で安心でした。
怖かったのは野生動物。特に鹿。彼ら車には注意してるようなんですがそれほど音がしない自転車には注意を払っていない感じでこちらが近づくのをじっと見つめてて近くになると突然動き出すので急に目の前を横切ったりして怖い怖い。今回も帰路に宇治川ラインで鹿の親子と遭遇。そのときの時間はまだ20時頃だったはず。お茶の間では八重の桜がやってる時間です。そんな時間に鹿が出てくるなんて恐るべし。次の京都300は順調にいけば自走帰路が朝の3~4時頃になるはずで、そんな時間だとますます野生動物と遭遇する確率が高くなりそう。体当たりされて宇治川に落っこちるなんてことは冗談じゃなしで絶対に避けたいところ。
そして今回はMizuroさんとカキオコさん(前回のエントリー参照)とご一緒して走れたのであの強烈な吹雪の中でもかなり心強かったです。集団で走るのは色々とそれで制限はあるのですが、集団で走る事でのメリットも多いので今後も大変な区間は協力して走って行きたいところ。
最後にあの吹雪の中参加した皆さん、スタッフの皆さんどうもありがとうございました。またどこかのブルベでお会いしたときにはどうぞよろしくお願い致します。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20130304-IMGP0010-072.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20130304-IMGP0010-072-150x150.jpgyoko99ブルベまとめBRM200
BRM京都200何とか完走しました。しかしあの吹雪状態は大変でした。とにかく寒かった。家に帰り着いてから相方にまず足を温めるお湯をバケツに入れてもらって凍ってしまったような足先を解凍しましたがあまり効果無し。これはまずいと風呂に入りましたがいくら湯船につかってても何となく体の芯はまだ冷えたまま。これはしょうが無いと湯たんぽ入りの布団に入って就寝しましたがこれまた何となく熟睡できず、起きてみると頭痛。月曜の午前中は半分死んでる感じで熟睡できたのはようやく月曜の夜でした。 写真は自走帰路途中での平等院参道の大鳥居。夜見上げると迫力満点です。 まずは自転車ログ。 (自転車ログはこちら。) 今回の反省点と言えばやはり携帯およびGPSの充電をまあ大丈夫だろうとおろそかにしてたこと。おかげでWebのリアルタイム更新および結局ブルベでしか使ってないツイッターも活用できず。もしものために電池式の充電器は持参しておくべきでした。結局GPSについてはPC2手前で電池容量低下のsainが出て着たのでPC2で電池購入して入れ替え。さらにカメラの方の充電も心許ない感じで、最後の大石はっとりでエビデンスとなる写真が撮れなかったらどうしようかと不安でした。 後はスタートする前早々にQシートを留めてたクリップが飛んでしまってQシート無しになってしまったこと。今回は偶然にも大正池ルートの変更で前回の京都200とほぼ同じルートになったので昨年の記憶を頼りに何となく走れましたが、全く違ったルートになってらやばかったかも。その後のコンビニでクリップ探しましたが発見できず。予備のクリップくらい持参しておくべきでした。 良かったのはイスカのウルトラライトポーチを使ったキャリアが耐久性があることがわかったこと。甲賀での吹雪の中も雨が降ってきたらかぶせようと考えて持参してた草津では有名な激安スーパハズイの買い物袋をかぶせて防水せずとも大丈夫。さすがに雨中の走行であれば階のも袋などで防水対策をしなくてはいけないと思いますが少々の雨なら大丈夫そう。コントアーマグナムだと10Lは無理なのでイスカのウルトラライトポーチを利用した今回のキャリアでは10L程度は入るだろうしさらに300gくらいは軽量化されているので今後の300、400、600ブルベでも活用していけそうな見込みが出てきてなによりです。 edit イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 2 グリーン 363102 イスカ(ISUKA) ¥ 1,680 (定価) ¥ 1,684 (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫あり。 (価格・在庫状況は3月6日 10:06現在) Amazon関連商品 ・イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 1 イエロー 363018 ・イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 3 ロイヤルブルー 363212 ・イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 2 ロイヤルブルー 363112 ・イスカ(ISUKA) ウルトラライト ポーチ 2 レッド 363119 ・イスカ(ISUKA) ウルトラライト スタッフバッグ 5 イエロー 362218 今回も滋賀から自走しましたが、宇治川ラインの早朝および夜間の走行は基本的に街灯がなくて真っ暗でもハブダイナモはやはり強力で安心でした。 怖かったのは野生動物。特に鹿。彼ら車には注意してるようなんですがそれほど音がしない自転車には注意を払っていない感じでこちらが近づくのをじっと見つめてて近くになると突然動き出すので急に目の前を横切ったりして怖い怖い。今回も帰路に宇治川ラインで鹿の親子と遭遇。そのときの時間はまだ20時頃だったはず。お茶の間では八重の桜がやってる時間です。そんな時間に鹿が出てくるなんて恐るべし。次の京都300は順調にいけば自走帰路が朝の3~4時頃になるはずで、そんな時間だとますます野生動物と遭遇する確率が高くなりそう。体当たりされて宇治川に落っこちるなんてことは冗談じゃなしで絶対に避けたいところ。 そして今回はMizuroさんとカキオコさん(前回のエントリー参照)とご一緒して走れたのであの強烈な吹雪の中でもかなり心強かったです。集団で走るのは色々とそれで制限はあるのですが、集団で走る事でのメリットも多いので今後も大変な区間は協力して走って行きたいところ。 最後にあの吹雪の中参加した皆さん、スタッフの皆さんどうもありがとうございました。またどこかのブルベでお会いしたときにはどうぞよろしくお願い致します。