Pocket

ブリーフィングの様子

今年最初のブルベBRM105京都200走って来ました。写真はブリーフィング時の様子。7時スタートなのでブリーフィング時は6時30頃。まだ暗い。


今年最初のブルベはBRM105京都200。珍しく日曜日スタートのブルベです。
犬打峠を登って行くのではなく大正池上りになったのを除けばコースは昨年度とほぼ同じ。昨年の豪雨の影響で補修工事がなされている宇治川ラインも正月期間だけ開いてるとのことでなにより。
京都ブルベは例年通り自走で参加。起床は3時で朝食を食べて4時に走行開始。関津峠を回避して宇治川ラインを下っていきます。未明の宇治川ラインは獣の気配がして走っていると怖い。鹿に体当りされて川に転落したら困ります。ガサゴソと音がした場合は声を出しながら下っていきます。
宇治川ラインを下りきって平等院の脇にでてカムループス通りには左折せずに直進。こちらのほうがカムループスより楽。この道は日中は車で混雑してるんですが早朝なのでまだ車も少なくて走りやすい。

スタート地点

そしてゴールのセブンに到着したのは5時40分くらい。およそ2時間の自走。これ位なら自走の許容範囲か?セブンでトイレを済ませて補給食を購入してスタートの久御山中央公園へ。公園に着いてみるとまだスタッフが来てない。他の参加者の方とスタッフを探しているとその内に到着。例年通りサークル周辺に受付場所の設定を始めたのでそれを見ながら補給食を食べて適当な頃合いを見計らって受付。そしてブリーフィング開始。
ブリーフィングでは今年から各PCの到着時間は自分で記入するなどのアナウンス。元々ブルベではそういう仕組みらしい。その後7:30発のMIZUROさんにお会いしてご挨拶。そして車検してスタート。
スタートしてしばらくは市街地を走行。十数台連なっていたので無理して先頭に出て大正池の上りまでは一人旅。元々上りは遅いのに加えて正月に増えた質量を持ち上げていくのに難儀して急速にスピードダウン、さっき抜かした方々に追いぬかれます。
しかし大正池の上りは犬打峠に比べると随分と楽です。それほど苦労をせずに登って行けます。

大正池登り

ところどころにある集落を抜けて杉林に入るとその先のヘアピンカーブを登りきれば頂上。

大正池登り頂上

そして和束に向かって下っていきます。

和束ローソン

和束に出ると今年は山甚さんではなくローソンが通過チェックポイントに。少々空腹を感じていたのでパンと牛乳とおにぎりで補給。イートインスペースでいただきます。通過チェックポイントなのでレシートを無くさないように保管して出発。ローソンで参加者の方に「通過チェックポイントって何すれば良いんでしょうねえ」と聞かれて「とにかくレシートをもらって時間を記入しておけば良いと思うのですが」とご返事。半分合ってって半分間違ってるような答えでしたね。
和束からはだらだらと登る県道5号線をひたすら走って信楽へ。5号線のピークからは信楽に下りきる手前で右折して多羅尾へ向かいます。この多羅尾に出るまでの信楽カントリー手前までが結構な上りでなんだかこの区間苦手なんですよね。多羅尾に出たら少し下って今度は御斉峠へ向かいます。御斉峠の上りのほうが先ほどの信楽カントリー上りまでより楽。御伽峠はシークレットPCになっておりスタッフが名前の確認してました。

おとぎ峠ピーク

御斉峠で停車して例年通り写真撮影。昨年より雪が少ないか。
その後は峠を下って伊賀上野の街へ。伊賀上野の鍵屋の辻で道を間違えUターン。ルートに復帰してみると前を走っているのがMIZUROさん。今年の目標の一つがMIZUROさんに追いつかれないようにすること密かに思っていたのですが早くも粉砕されました。MIZUROさんはBRM102高松400に出て実質中一日で疲労が抜けていないけど調子が良いとのこと。そんな人にはとてもついていけないので先に行ってもらいます。
伊賀上野の街を抜けてしばらく走るとPC1サークルK伊賀大山田店に到着。ここでおにぎり2つカップラーメン、パンと牛乳でお昼に。

PC1

先着していたMIZUROさんとしばらくお話。MIZUROさんはこちらが昼を食べてる間に出発して行きました。20分ほど休憩してこちらも出発。
ここからしばらく強風区間を走ります。でも今年は天候が良く風も昨年ほど強くない。去年はこのあたりから強風の上、次第に吹雪状態になっていったのですが、今年は快晴。

快晴

こんな感じ。今まで着ていた上着を1枚脱いで走っていきます。向かい風はやっぱりありましたがしばらく我慢して走って京セラ前の激坂を登って京セラ通りに。

京セラ通り

京セラ通りを抜けて突き当りを左折すれば八日市の大凧通りへ。昨年は八日市市街も吹雪で難儀しましたが今年はそういうこともなく淡々と市街地を抜けてチェックポイントのプラザ三方良しに到着。

三方よし

ブルベカードの裏にスタンプを押してついでにトイレを借りて缶ジュースで補給。
出発して衣笠トンネルはブリーフィングの忠告通りに歩道を走行して湖岸に。近江八幡付近は八幡山の関係か向かい風でしたが、近江八幡を抜けると次第に追い風になって快調。プラザ三方良しから約1時間でPC2セブンイレブン琵琶湖大橋東詰店に到着。

PC2

コーヒーを補給して出発。昨年に比べるとまだ日が高いのが何より。約30分でイオンモール前に。イオンモール前は歩道を走って瀬田唐橋を抜けて関津峠を登ってチェックポイントのファミリーマート大石はっとり店に到着。まだ明るいうちに到着できたので暗くなる前に宇治川ラインを下ろうとここでもコーヒーのみ補給で早めに出発。
宇治川ラインの途中で17時。もしかすると10時間切りができるかとも思いましたがそこまでには至らず。そしてカムループスを登って自転車を押して奈良線をくぐってゴールのセブンイレブン久御山佐山店に到着。走行時間は10時間33分でした。
そして受付のジョイフル京都久御山店へ移動。琵琶湖大橋まで6時間できたけどその後3回パンクしたという平均速度25キロをポリシーとしてる方と相席になって色々とお話しし薄切りビーフの和食セットを食べて、スタッフの方に自走アピールしてその後帰路へ。
とにかく天ヶ瀬ダムまでは我慢と言い聞かせ、途中ゴールを目指す方々とすれ違いながら登っていきます。宇治川ラインの宇治からの登りは天ヶ瀬ダムまで登ればそれからは結構楽。まだ時間も19時くらいで鹿も出てこないようなので快調にとばして行きます。途中、軽自動車に乗った人に「なにか忘れ物?レシート撮り忘れたとか?」と尋ねられて「自走で帰ってる最中です。」と答えましたがあればスタッフの方だったんだろうか?スタッフの方だったら最後尾の確認か?遅い時間までご苦労様です。
その後は関津峠は当然避けて帰宅。帰宅したのは大河ドラマ軍師官兵衛が半分くらい過ぎた時間でした。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20140107-IMGP0082.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20140107-IMGP0082-150x150.jpgyoko99ブルベログBRM200
今年最初のブルベBRM105京都200走って来ました。写真はブリーフィング時の様子。7時スタートなのでブリーフィング時は6時30頃。まだ暗い。 今年最初のブルベはBRM105京都200。珍しく日曜日スタートのブルベです。 犬打峠を登って行くのではなく大正池上りになったのを除けばコースは昨年度とほぼ同じ。昨年の豪雨の影響で補修工事がなされている宇治川ラインも正月期間だけ開いてるとのことでなにより。 京都ブルベは例年通り自走で参加。起床は3時で朝食を食べて4時に走行開始。関津峠を回避して宇治川ラインを下っていきます。未明の宇治川ラインは獣の気配がして走っていると怖い。鹿に体当りされて川に転落したら困ります。ガサゴソと音がした場合は声を出しながら下っていきます。 宇治川ラインを下りきって平等院の脇にでてカムループス通りには左折せずに直進。こちらのほうがカムループスより楽。この道は日中は車で混雑してるんですが早朝なのでまだ車も少なくて走りやすい。 そしてゴールのセブンに到着したのは5時40分くらい。およそ2時間の自走。これ位なら自走の許容範囲か?セブンでトイレを済ませて補給食を購入してスタートの久御山中央公園へ。公園に着いてみるとまだスタッフが来てない。他の参加者の方とスタッフを探しているとその内に到着。例年通りサークル周辺に受付場所の設定を始めたのでそれを見ながら補給食を食べて適当な頃合いを見計らって受付。そしてブリーフィング開始。 ブリーフィングでは今年から各PCの到着時間は自分で記入するなどのアナウンス。元々ブルベではそういう仕組みらしい。その後7:30発のMIZUROさんにお会いしてご挨拶。そして車検してスタート。 スタートしてしばらくは市街地を走行。十数台連なっていたので無理して先頭に出て大正池の上りまでは一人旅。元々上りは遅いのに加えて正月に増えた質量を持ち上げていくのに難儀して急速にスピードダウン、さっき抜かした方々に追いぬかれます。 しかし大正池の上りは犬打峠に比べると随分と楽です。それほど苦労をせずに登って行けます。 ところどころにある集落を抜けて杉林に入るとその先のヘアピンカーブを登りきれば頂上。 そして和束に向かって下っていきます。 和束に出ると今年は山甚さんではなくローソンが通過チェックポイントに。少々空腹を感じていたのでパンと牛乳とおにぎりで補給。イートインスペースでいただきます。通過チェックポイントなのでレシートを無くさないように保管して出発。ローソンで参加者の方に「通過チェックポイントって何すれば良いんでしょうねえ」と聞かれて「とにかくレシートをもらって時間を記入しておけば良いと思うのですが」とご返事。半分合ってって半分間違ってるような答えでしたね。 和束からはだらだらと登る県道5号線をひたすら走って信楽へ。5号線のピークからは信楽に下りきる手前で右折して多羅尾へ向かいます。この多羅尾に出るまでの信楽カントリー手前までが結構な上りでなんだかこの区間苦手なんですよね。多羅尾に出たら少し下って今度は御斉峠へ向かいます。御斉峠の上りのほうが先ほどの信楽カントリー上りまでより楽。御伽峠はシークレットPCになっておりスタッフが名前の確認してました。 御斉峠で停車して例年通り写真撮影。昨年より雪が少ないか。 その後は峠を下って伊賀上野の街へ。伊賀上野の鍵屋の辻で道を間違えUターン。ルートに復帰してみると前を走っているのがMIZUROさん。今年の目標の一つがMIZUROさんに追いつかれないようにすること密かに思っていたのですが早くも粉砕されました。MIZUROさんはBRM102高松400に出て実質中一日で疲労が抜けていないけど調子が良いとのこと。そんな人にはとてもついていけないので先に行ってもらいます。 伊賀上野の街を抜けてしばらく走るとPC1サークルK伊賀大山田店に到着。ここでおにぎり2つカップラーメン、パンと牛乳でお昼に。 先着していたMIZUROさんとしばらくお話。MIZUROさんはこちらが昼を食べてる間に出発して行きました。20分ほど休憩してこちらも出発。 ここからしばらく強風区間を走ります。でも今年は天候が良く風も昨年ほど強くない。去年はこのあたりから強風の上、次第に吹雪状態になっていったのですが、今年は快晴。 こんな感じ。今まで着ていた上着を1枚脱いで走っていきます。向かい風はやっぱりありましたがしばらく我慢して走って京セラ前の激坂を登って京セラ通りに。 京セラ通りを抜けて突き当りを左折すれば八日市の大凧通りへ。昨年は八日市市街も吹雪で難儀しましたが今年はそういうこともなく淡々と市街地を抜けてチェックポイントのプラザ三方良しに到着。 ブルベカードの裏にスタンプを押してついでにトイレを借りて缶ジュースで補給。 出発して衣笠トンネルはブリーフィングの忠告通りに歩道を走行して湖岸に。近江八幡付近は八幡山の関係か向かい風でしたが、近江八幡を抜けると次第に追い風になって快調。プラザ三方良しから約1時間でPC2セブンイレブン琵琶湖大橋東詰店に到着。 コーヒーを補給して出発。昨年に比べるとまだ日が高いのが何より。約30分でイオンモール前に。イオンモール前は歩道を走って瀬田唐橋を抜けて関津峠を登ってチェックポイントのファミリーマート大石はっとり店に到着。まだ明るいうちに到着できたので暗くなる前に宇治川ラインを下ろうとここでもコーヒーのみ補給で早めに出発。 宇治川ラインの途中で17時。もしかすると10時間切りができるかとも思いましたがそこまでには至らず。そしてカムループスを登って自転車を押して奈良線をくぐってゴールのセブンイレブン久御山佐山店に到着。走行時間は10時間33分でした。 そして受付のジョイフル京都久御山店へ移動。琵琶湖大橋まで6時間できたけどその後3回パンクしたという平均速度25キロをポリシーとしてる方と相席になって色々とお話しし薄切りビーフの和食セットを食べて、スタッフの方に自走アピールしてその後帰路へ。 とにかく天ヶ瀬ダムまでは我慢と言い聞かせ、途中ゴールを目指す方々とすれ違いながら登っていきます。宇治川ラインの宇治からの登りは天ヶ瀬ダムまで登ればそれからは結構楽。まだ時間も19時くらいで鹿も出てこないようなので快調にとばして行きます。途中、軽自動車に乗った人に「なにか忘れ物?レシート撮り忘れたとか?」と尋ねられて「自走で帰ってる最中です。」と答えましたがあればスタッフの方だったんだろうか?スタッフの方だったら最後尾の確認か?遅い時間までご苦労様です。 その後は関津峠は当然避けて帰宅。帰宅したのは大河ドラマ軍師官兵衛が半分くらい過ぎた時間でした。