Pocket

オダ近幟がはためく

BRM419京都400完走しました。今年2回目のブルベ。
写真はオダックス近畿の幟。


京都ブルベはいつものように自走。3時起床で朝飯を食べて4時出発。宇治川ラインを通って5時50分くらいにゴールのセブン久御山店に到着。いつものように出発前に食べるパンとコーヒー牛乳そしておにぎりを購入。トイレを借りてスタート地点の久御山中央公園へ。

ブリーフィング

久御山中央公園には6時10分くらいに到着。既に数人の参加者の方々が到着してました。購入してきたパンなどを食べていると受付開始。そしてブリーフィング。ブリーフィングではなるべく明るいうちに剣峠鹿を越えたほうが良いなど。暗闇から出てくる鹿の怖さは数回経験しているので、とりあえずなるべく早めに剣峠を越えることを今日の目標に設定。
ブリーフィングが終わってトイレに行って返ってきたら車検開始でスタート。

初心さん

スタートしてすぐに前の人が後ろに「ブルベ初参加」というステッカーをぶら下げていたのでご挨拶。その方からは「ヘルメットの名前いいですねえ」と言われ、そう言えばヘルメットの名前は2〜3年前に中部ブルベに出た時からつけっぱなし。その時配られたブルベカード入れはブルベ用財布として愛用中。こちらにも名前が入ってます。
今回の400ブルベは最初から結構スピードが早い。京田辺の街を抜けて大正池の上りへ。

杉並木

いつものように大正池上り後半の杉並木。登り切ると頂上。和束の街へ下っていきます。

和束ローソン

和束ローソンは通過チェック。なにか購入してレシートだけ確保すればOKです。
和束ローソンからは信楽へ向けて上り。この道も京都ブルベではお馴染み。緩やかな斜度で信楽へ向けて少しづつ登っていきます。
信楽に入ると下って途中で右折。信楽カントリーへの上りへ。この信楽カントリーへの上りがどうもいつも苦手。この次の御斉峠よりきつい感じでなんとなくやな感じなんです。
その次は御斉峠。こちらはそれほどきつくなし。

おとぎ峠

いつもの所で写真撮影。前回の京都200では雪が残ってましたが。さすがに今は雪はなし。気温もだんだん上がって暑いくらいになって来ました。
御斉峠からの下りは傾斜が結構厳しいので慎重に下っていきます。
伊賀上野の街を抜け伊賀コリドールロードで名張方面へ。そしてPC1ローソン名張桔梗が丘店に到着。到着時間は10時45分頃でした。

PC1

周辺のラーメンでラーメンでも食べるかと考えていたのですが、まだ開店時間になっていないので簡単な補給で先を急ぐことに。
蔵持町原出の交差点を左折ししばらく走って行くと次第に車も少なくなり走りやすい道に。しかし気温が次第に上がってきたので道の駅御杖でたまらずストップ。スポーツドリンクと水を購入してペットボトルに詰め残りは腹の中へ。ここで水をがぶ飲みしてしまったためその後腹の調子が悪化。なんとなく気持ち悪い感じになってしまいましたが先を急ぎます。
ここまで基本的に追い風。車も少なく貼りしやすい道でした。道はその後狭くなり仁柿峠へ。
峠を下って途中向かい風になりましたが伊勢神宮前に到着。
時間は15時頃。昼飯を食べてないので向かいにある手捏ね茶屋で名物合わせなるものを食べて見ました。
手捏ねずしと伊勢うどんのセット。伊勢うどんって賛否両論ありますが、しょっぱ目のタレがブルベには結構いいんじゃないかと思いましたね。
合計30分ほど休んで再出発。まずは鳥羽の街を目指します。
鳥羽まで片側2車線道路でしたが1車線分が結構狭め。大型トラックや観光バスだと車線変更をしないと自転車を抜くことが出来ず気を使いました。
鳥羽を抜けるとパールロード。名前は良いですが、激しいアップダウンが連続。途中でMIZUROさんに追いつきました。正確に言うとMIZUROさんは7時30分組なので、おそらく伊勢神宮あたりで追い抜かされてるはず。
苦しみながらもパールロードをクリアして通過チェックの磯辺坂崎店に到着。
そこからは細道を抜けて大王崎灯台へ。灯台近くに着いて見るとそこが有人チェックポイント。でも一応灯台まで登って行かなければダメらしい。

幟

登った所にある幟を撮影。して戻ってきて有人チェック。
時間はもう18時。明るいうちに剣峠へと思っていましたが無理でしたね。ここからは夜間走行。志摩の中心部らしく車も多いので慎重に進みます。賢島口を過ぎると車も少なくなりますがその代わりアップダウンが再開。苦しめられながらもようやく通過チェックの南伊勢のサークルKに到着です。
ここらは剣峠の登り。登っていると後ろから一人の参加者の方に追いつかれました。心細かったので何より。色々と話をしながら登ります。はなしていると学生さんで、結構身近な方であることが判明。色々と話しているうちに峠の頂上に。あたりは真っ暗。慎重に下ります。途中で鹿に遭遇したりしながら伊勢神宮前まで出てきてホッと一息。いつの間にか一緒に下ってきたのが4人ほどになってましたのでその後集団で走行。その速度が早いこと。30キロ以上で飛ばしていくのに必死に付いて行きます。ずっと前を引いてもらうのは悪いと思っていたら、先頭の方がミスコースし、成り行き上前を走らないと行けないことに。今までのスピードを考えて必死に走ります。そのうち向かい風も強まり明らかにスピードが落ちたのを察してくれた後ろの方が先頭交代。しかしその速度についていけず、少し後ろを何とかついていきます。
すると、Qシート88番手前の橋を渡ろうとした時、土手の側道から出てきた車が一時停止せずそのまま左折。前を走っていた方を車体で押しのけるように曲がってきました。前を走っていた方はギリギリなんとかよけて転倒には至らず。こちらも大声を出しましたが車は何事もなかったように走り去って行きました。
あまりにも危ない運転なので警察に電話。後続の方もお一人止まってくれて3人で警察対応。寒い中約1時間くらいかかりました。時間は気になりますがそれよりもあのような車の運転は黙って見過ごすわけには行きませんでした。
その後3人で走行し、私はすぐそばにあったすき家へ離脱。夕飯を食べます。
いつものように牛丼大盛り卵セット。
なんだかあまり胃の調子は良くないのですが食べなければ力がでないので。
すき家からPC4まではすぐ。補給は十分なので眠気覚ましのコーヒだけで再出発。
PC4からは長野峠を越えます。長野峠、それほどきつくない峠ですので淡々と登っていきますが、夜だったせいか登りが延々と続いているような感じでした。峠を下って平田の交差点を右折。ココらへんまで来るといつも走っている道になるので気持ち的にも楽。そしてPC5サークルK伊賀阿山店に到着です。
信楽が近いせいか寒いこと。ここらかは桜峠の登り。次の裏白峠よりこの桜峠の方がなんとなく苦手。なんというか桜峠はヌメっとした登りが続く感じがしてやなんです。しょうがないので淡々と登るしかなし。しかし気温が下がってきており寒いこと。さすが関西の天気予報ではは高野山と並ぶくらい頻繁に最低気温を叩きだす信楽。寒いです。桜峠の登りでは我慢できましたが、下りではもうだめ。寒さと眠気で朦朧としてきます。たまらず神山の自販機で停車。今まで温存してきたパタゴニアのレインシャドウを着こんで、100円自販機でブラックコーヒホットを買ってみたら全然あったかくなかったのを無理やり飲んで一息付きます。ここまでは温かいより寒いほうが眠気が来ないと我慢してきましたが、温かい方が良いです。
信楽の街を抜けて裏白峠へ。先ほどの桜峠よりは随分と楽な登り。でも下りが道が悪くつづら折りで時より大型車が来るので慎重に下って宇治田原の街へ。宇治田原から宇治川ラインへ抜けて、その後は京都ブルベおなじみの平等院の裏を抜けてカムループスを登って久御山へ。そしてゴールのセブンイレブン久御山店に到着しました。到着時間は5時6分。タイムは22時間6分でした。

ジョイめし

そこからはジョイフルへ。カツとじ定食を頼んで受付。メダルはなしでバッチが魅力的だったので400赤バッチを購入。カツとじ定食をたべてると、車と接触した方も到着。同席して色々とお話。
その後はいつものように自走で帰宅。6時くらいだったのでまだ車は多くないのでカムループスは避けて平等院の参道に出て宇治川ラインへ。宇治川ラインの途中で眠気で朦朧としてきたので道の脇にちょっとしたスペースがあったので停車。自転車を持ちもんで地べたに寝てみましたが、結構地べたが冷たいので、そう言えばゴール地点でガムを買ってたのを思い出して眠気覚ましとして口に入れて再出発。
その後は眠気に襲われることもなく帰宅。帰宅時間は8時30分頃でした。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20140422-IMGP0178.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20140422-IMGP0178-150x150.jpgyoko99ブルベログBRM400
BRM419京都400完走しました。今年2回目のブルベ。 写真はオダックス近畿の幟。 京都ブルベはいつものように自走。3時起床で朝飯を食べて4時出発。宇治川ラインを通って5時50分くらいにゴールのセブン久御山店に到着。いつものように出発前に食べるパンとコーヒー牛乳そしておにぎりを購入。トイレを借りてスタート地点の久御山中央公園へ。 久御山中央公園には6時10分くらいに到着。既に数人の参加者の方々が到着してました。購入してきたパンなどを食べていると受付開始。そしてブリーフィング。ブリーフィングではなるべく明るいうちに剣峠鹿を越えたほうが良いなど。暗闇から出てくる鹿の怖さは数回経験しているので、とりあえずなるべく早めに剣峠を越えることを今日の目標に設定。 ブリーフィングが終わってトイレに行って返ってきたら車検開始でスタート。 スタートしてすぐに前の人が後ろに「ブルベ初参加」というステッカーをぶら下げていたのでご挨拶。その方からは「ヘルメットの名前いいですねえ」と言われ、そう言えばヘルメットの名前は2〜3年前に中部ブルベに出た時からつけっぱなし。その時配られたブルベカード入れはブルベ用財布として愛用中。こちらにも名前が入ってます。 今回の400ブルベは最初から結構スピードが早い。京田辺の街を抜けて大正池の上りへ。 いつものように大正池上り後半の杉並木。登り切ると頂上。和束の街へ下っていきます。 和束ローソンは通過チェック。なにか購入してレシートだけ確保すればOKです。 和束ローソンからは信楽へ向けて上り。この道も京都ブルベではお馴染み。緩やかな斜度で信楽へ向けて少しづつ登っていきます。 信楽に入ると下って途中で右折。信楽カントリーへの上りへ。この信楽カントリーへの上りがどうもいつも苦手。この次の御斉峠よりきつい感じでなんとなくやな感じなんです。 その次は御斉峠。こちらはそれほどきつくなし。 いつもの所で写真撮影。前回の京都200では雪が残ってましたが。さすがに今は雪はなし。気温もだんだん上がって暑いくらいになって来ました。 御斉峠からの下りは傾斜が結構厳しいので慎重に下っていきます。 伊賀上野の街を抜け伊賀コリドールロードで名張方面へ。そしてPC1ローソン名張桔梗が丘店に到着。到着時間は10時45分頃でした。 周辺のラーメンでラーメンでも食べるかと考えていたのですが、まだ開店時間になっていないので簡単な補給で先を急ぐことに。 蔵持町原出の交差点を左折ししばらく走って行くと次第に車も少なくなり走りやすい道に。しかし気温が次第に上がってきたので道の駅御杖でたまらずストップ。スポーツドリンクと水を購入してペットボトルに詰め残りは腹の中へ。ここで水をがぶ飲みしてしまったためその後腹の調子が悪化。なんとなく気持ち悪い感じになってしまいましたが先を急ぎます。 ここまで基本的に追い風。車も少なく貼りしやすい道でした。道はその後狭くなり仁柿峠へ。 峠を下って途中向かい風になりましたが伊勢神宮前に到着。 時間は15時頃。昼飯を食べてないので向かいにある手捏ね茶屋で名物合わせなるものを食べて見ました。 手捏ねずしと伊勢うどんのセット。伊勢うどんって賛否両論ありますが、しょっぱ目のタレがブルベには結構いいんじゃないかと思いましたね。 合計30分ほど休んで再出発。まずは鳥羽の街を目指します。 鳥羽まで片側2車線道路でしたが1車線分が結構狭め。大型トラックや観光バスだと車線変更をしないと自転車を抜くことが出来ず気を使いました。 鳥羽を抜けるとパールロード。名前は良いですが、激しいアップダウンが連続。途中でMIZUROさんに追いつきました。正確に言うとMIZUROさんは7時30分組なので、おそらく伊勢神宮あたりで追い抜かされてるはず。 苦しみながらもパールロードをクリアして通過チェックの磯辺坂崎店に到着。 そこからは細道を抜けて大王崎灯台へ。灯台近くに着いて見るとそこが有人チェックポイント。でも一応灯台まで登って行かなければダメらしい。 登った所にある幟を撮影。して戻ってきて有人チェック。 時間はもう18時。明るいうちに剣峠へと思っていましたが無理でしたね。ここからは夜間走行。志摩の中心部らしく車も多いので慎重に進みます。賢島口を過ぎると車も少なくなりますがその代わりアップダウンが再開。苦しめられながらもようやく通過チェックの南伊勢のサークルKに到着です。 ここらは剣峠の登り。登っていると後ろから一人の参加者の方に追いつかれました。心細かったので何より。色々と話をしながら登ります。はなしていると学生さんで、結構身近な方であることが判明。色々と話しているうちに峠の頂上に。あたりは真っ暗。慎重に下ります。途中で鹿に遭遇したりしながら伊勢神宮前まで出てきてホッと一息。いつの間にか一緒に下ってきたのが4人ほどになってましたのでその後集団で走行。その速度が早いこと。30キロ以上で飛ばしていくのに必死に付いて行きます。ずっと前を引いてもらうのは悪いと思っていたら、先頭の方がミスコースし、成り行き上前を走らないと行けないことに。今までのスピードを考えて必死に走ります。そのうち向かい風も強まり明らかにスピードが落ちたのを察してくれた後ろの方が先頭交代。しかしその速度についていけず、少し後ろを何とかついていきます。 すると、Qシート88番手前の橋を渡ろうとした時、土手の側道から出てきた車が一時停止せずそのまま左折。前を走っていた方を車体で押しのけるように曲がってきました。前を走っていた方はギリギリなんとかよけて転倒には至らず。こちらも大声を出しましたが車は何事もなかったように走り去って行きました。 あまりにも危ない運転なので警察に電話。後続の方もお一人止まってくれて3人で警察対応。寒い中約1時間くらいかかりました。時間は気になりますがそれよりもあのような車の運転は黙って見過ごすわけには行きませんでした。 その後3人で走行し、私はすぐそばにあったすき家へ離脱。夕飯を食べます。 いつものように牛丼大盛り卵セット。 なんだかあまり胃の調子は良くないのですが食べなければ力がでないので。 すき家からPC4まではすぐ。補給は十分なので眠気覚ましのコーヒだけで再出発。 PC4からは長野峠を越えます。長野峠、それほどきつくない峠ですので淡々と登っていきますが、夜だったせいか登りが延々と続いているような感じでした。峠を下って平田の交差点を右折。ココらへんまで来るといつも走っている道になるので気持ち的にも楽。そしてPC5サークルK伊賀阿山店に到着です。 信楽が近いせいか寒いこと。ここらかは桜峠の登り。次の裏白峠よりこの桜峠の方がなんとなく苦手。なんというか桜峠はヌメっとした登りが続く感じがしてやなんです。しょうがないので淡々と登るしかなし。しかし気温が下がってきており寒いこと。さすが関西の天気予報ではは高野山と並ぶくらい頻繁に最低気温を叩きだす信楽。寒いです。桜峠の登りでは我慢できましたが、下りではもうだめ。寒さと眠気で朦朧としてきます。たまらず神山の自販機で停車。今まで温存してきたパタゴニアのレインシャドウを着こんで、100円自販機でブラックコーヒホットを買ってみたら全然あったかくなかったのを無理やり飲んで一息付きます。ここまでは温かいより寒いほうが眠気が来ないと我慢してきましたが、温かい方が良いです。 信楽の街を抜けて裏白峠へ。先ほどの桜峠よりは随分と楽な登り。でも下りが道が悪くつづら折りで時より大型車が来るので慎重に下って宇治田原の街へ。宇治田原から宇治川ラインへ抜けて、その後は京都ブルベおなじみの平等院の裏を抜けてカムループスを登って久御山へ。そしてゴールのセブンイレブン久御山店に到着しました。到着時間は5時6分。タイムは22時間6分でした。 そこからはジョイフルへ。カツとじ定食を頼んで受付。メダルはなしでバッチが魅力的だったので400赤バッチを購入。カツとじ定食をたべてると、車と接触した方も到着。同席して色々とお話。 その後はいつものように自走で帰宅。6時くらいだったのでまだ車は多くないのでカムループスは避けて平等院の参道に出て宇治川ラインへ。宇治川ラインの途中で眠気で朦朧としてきたので道の脇にちょっとしたスペースがあったので停車。自転車を持ちもんで地べたに寝てみましたが、結構地べたが冷たいので、そう言えばゴール地点でガムを買ってたのを思い出して眠気覚ましとして口に入れて再出発。 その後は眠気に襲われることもなく帰宅。帰宅時間は8時30分頃でした。