Pocket

BRM501中部600荷物

BRM501中部600に申込みました。準備編として持っていく荷物について。


今年からCHERUBIM新車になりアルテグラ化。そのためブレーキワイヤーが無くなりQシート取り付け用+荷物入れとしてフロントバック、オルトリーブのアルティメイトプラスを購入。今年のブルベはこれを使用する予定。
アルティメイトプラスは容量7L。今まで愛用していたリクセンカウルのコントアーマグナムが6Lなのでアルティメイトとコントアーマグナムで容量的には倍増。しかし荷物を持てば持つほど重くなって疲れますのでなるべく厳選して持って行きたいところ。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム シートポストバッグ CO811
edit

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム シートポストバッグ CO811
ブルベでの利用率高し。送料分だけamazonが安そう。
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥ 10,290 (定価)
¥ 9,391 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫あり。
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

色々考えて持っていく荷物は以下にしました。
着替:靴下の換えを1組。その他はどうしようか考え中。胡桃島温泉なるところが爆睡可能な休憩ポイントとしてQシートに記載されているので使わせてもらうべきかどうか?途中で温泉に入れるのは幸せなんですがそうするとレーパンの換えも欲しくなります。
雨具:天気がはっきりしなければ雨装備としてカッパを持って行きます。上はレインシャドウジャケット。防寒も兼ねてます。下はセブンのカッパの下のひざ下を切ったやつ。

パタゴニア レインシャドーJKT CEY XL 84472
edit

パタゴニア レインシャドーJKT CEY XL 84472パタゴニア
¥ 27,300 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
その他
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

これは脇にベンチレーション用のファスナーがあって大きく開くので中が蒸れにくくて愛用しています。カッパの下はひざ下があるとバタつくのでその処理が面倒なため短くしてもっていくことにしてます。雨が降ってきたらすぐにカッパの下は履く予定。レーパンが濡れると股ズレの原因になるので。雨が降ったらひざ下以降は濡れるがまま。特にシューズが濡れると冷たくてたまりませんがひたすら我慢の予定。シューズカバーも持っていきませんというか持ってないです。どうしても我慢できなかったらコンビニビニール袋による靴下作成で乗り切る予定。
医薬品:絆創膏などの応急手当用品。オロナイン軟膏(擦れ防止用)。塗るタイプの湿布薬。塗るタイプの湿布薬案外効きます。あと目が充血するので目薬を持っていってみるつもり。
修理用品:チューブの換え3本。タイヤの換え1本。その他の工具と潤滑用油など。ポンプはトピークのロードモーフ。その他にはビニールテープやカッターなどの万能品など。

topeak(トピーク) ロード モーフ G (インラインゲージ付) PPF040/TRP-3G
edit

topeak(トピーク) ロード モーフ G (インラインゲージ付) PPF040/TRP-3GTOPEAK(トピーク)
¥ 4,935 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

タイヤの換えを持っていくのは以前一緒にブルベ出た相方のタイヤが、途中で何か鋭利なものを踏んだらしく突然スパッと裂けた事があるため。この時には運良く相方のみタイヤの換えを持ってたのでDNFにはなりませんでしたが、それ以来タイヤの換えは持っていくことにしています。なおタイヤに穴が開いた時の応急処置として使い終わったテレホンカードのような磁気カード(今回は京都市内バス1日乗り放題券)と布の荷造りテープも持って行きます。磁気カードを適当にちぎって穴が開いた裏から当てて布テープで貼れば穴からチューブがはみ出さず応急処置として結構持ちます。
潤滑油はセラミックルブ(金ボトル)にする予定。300kmは持つと思いますので折り返しで注油する予定。
その他:どこかで寝る場合のレスキューシート。

ハイマウント サバイバルシート シルバー 22133
edit

ハイマウント サバイバルシート シルバー 22133ハイマウント(HIGHMOUNT)
¥ 521 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
スポーツ用品
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

朝の2~4時ぐらいの夜が明ける前の1~2時間に仮眠したいと考えています。その際に使うため。レスキューシートで寝る場合は暖かい寝床を見つけるのがコツ。冷たい地ベタに寝るとレスキューシートをひいてもあっという間に体温を奪われて体調がおかしくなる原因になるので、できれば熱伝導率的にいって暖かい木のベンチを見つけてレスキューシートをかけて仮眠したいところ。ブルベ仮眠で木のベンチは最高です。
それとどこからでも輪行出来るように輪行袋は持って行きます。使いたくは無いですがお守りがわりです。
で上記を広げてみたのが上の写真。
コントアーマグナムだけに入れようとするとパンパンになりますが輪行袋を入れなければギリギリ収まりそうな感じ。でもこれに着替が加わるともうコントアーマグナムだけではもう足りない感じになります。着替が欲しくなる600よりさらに長距離の1000kmクラスになるとフロントバックが欲しくなります。今年の目標は四国1000ですので、その予行演習も兼ねて写真の荷物をフロントバックのアルティメイトプラスとコントアーマグナムに分散させて持っていく予定です。フロントバックはなるべく軽くしたいところ。
服装は上は半袖ジャージにアームウォーマ+厚手のウインドブレーカ、下はロングのレーパンで行く予定。
照明類はまずはヘッドライトとしてヘルメットにティカ XP(旧タイプ)をチューブを細く切った紐でくくりつけ。

PETZL(ペツル) ティカXP2 グレイ/オレンジ E99PG
edit

PETZL(ペツル) ティカXP2 グレイ/オレンジ E99PGPETZL(ペツル)
¥ 7,980 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
Tools & Hardware
在庫切れ
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

上記は新型のティカXP2。やはりヘッドライトがあると照らしたい所を照らせるのでとても便利。照らしたい所とは手元にあるサイコンやQシートはもちろんですが、頭上にある案内標識なども含まれます。特に峠の上などは登ってくる車のヘッドライトで良く照らされるように案内標識が設置されてるので自転車に取り付けたライトだと見えない場合があります。そんな時にもヘッドライトは重宝します。
自転車本体にはL2D、キャットアイの520、TrusuFireのTr801の合計3灯を付ける予定。つけ方はミノウラのスイングクリップで付けてみたのですがなんだかしっくり来なかったので結局自作。草津駅前のアヤハディオ自転車館に行ってみたらキャットアイの取り付けバンド SP-7が売っていたので4つ購入。ローカルネタですが草津のアヤハの自転車館結構使えます。取り付けバンドのSPシリーズも揃っていたしBR6700が売っているの初めて見たので2セット購入。
そして隣のポームセンターでステンレス金具×4と塩ビパイプを購入。SP72つをハンドルに残った2つを塩ビパイプに付けてステンレス金具4つで取り付け。両端にL2DとTr801を装備します。キャットアイの520はあさひの灯火で前輪車軸に取り付け。

BRM501中部600ライト取り付け

少しだけ実走してみて大丈夫そうなのでこれで行くことに。でも600kmの長丁場だと不具合が起きるかも。まあその時はその時で。
メインライトとしてはTrustFireTr801を使う予定。今回は多分1晩だけの夜間走行になると思うのでTr801用の予備電池18650は3本だけ持っていく予定。 L2Dと520は共通で単3エネループ。基本的に520とTr801を点灯させてL2DはTr801の点灯時間が2時間半ほどなのでその電池交換の繋ぎおよびなにかあった時の予備として使う予定です。
電池関連としてGPSおよび携帯の充電用としてエネループスティックを持って行きたいのですがまだ手に入れてません。

SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
edit

SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS三洋電機
¥ 1,980 (定価)
¥ 2,980 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
エレクトロニクス
在庫あり。
(価格・在庫状況は3月6日 10:55現在)

ところでBRM501中部600は今年はじめてのブルベ。1月から3月にかけてとても忙しくブルベに参加出来ず、せめてBRM0424近畿400からスタートしようと準備してたのですが、いつの間にかスポーツエントリーでは締め切りに。それでいきなり600からになってしまいました。しかも中部 600、尾張一宮から野麦峠を越えて川中島まで行って帰ってくるというかなりキツそうなコース。いや、冷静に考えるとこれってもしかして今までで一番きついんじゃ?はっきりいって走り切る自信は半々くらい。勇気あるDNFも常に頭に入れて慎重に走りたいと思っています。
BRM中部へは初参加。スタッフの皆様ならびに参加 される皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100428-IMGP2657.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20100428-IMGP2657-150x150.jpgyoko99ブルベログBRM600
BRM501中部600に申込みました。準備編として持っていく荷物について。 今年からCHERUBIM新車になりアルテグラ化。そのためブレーキワイヤーが無くなりQシート取り付け用+荷物入れとしてフロントバック、オルトリーブのアルティメイトプラスを購入。今年のブルベはこれを使用する予定。 アルティメイトプラスは容量7L。今まで愛用していたリクセンカウルのコントアーマグナムが6Lなのでアルティメイトとコントアーマグナムで容量的には倍増。しかし荷物を持てば持つほど重くなって疲れますのでなるべく厳選して持って行きたいところ。 edit リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム シートポストバッグ CO811 ブルベでの利用率高し。送料分だけamazonが安そう。 RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ¥ 10,290 (定価) ¥ 9,391 (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫あり。 (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) 色々考えて持っていく荷物は以下にしました。 着替:靴下の換えを1組。その他はどうしようか考え中。胡桃島温泉なるところが爆睡可能な休憩ポイントとしてQシートに記載されているので使わせてもらうべきかどうか?途中で温泉に入れるのは幸せなんですがそうするとレーパンの換えも欲しくなります。 雨具:天気がはっきりしなければ雨装備としてカッパを持って行きます。上はレインシャドウジャケット。防寒も兼ねてます。下はセブンのカッパの下のひざ下を切ったやつ。 edit パタゴニア レインシャドーJKT CEY XL 84472パタゴニア ¥ 27,300 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) その他 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) これは脇にベンチレーション用のファスナーがあって大きく開くので中が蒸れにくくて愛用しています。カッパの下はひざ下があるとバタつくのでその処理が面倒なため短くしてもっていくことにしてます。雨が降ってきたらすぐにカッパの下は履く予定。レーパンが濡れると股ズレの原因になるので。雨が降ったらひざ下以降は濡れるがまま。特にシューズが濡れると冷たくてたまりませんがひたすら我慢の予定。シューズカバーも持っていきませんというか持ってないです。どうしても我慢できなかったらコンビニビニール袋による靴下作成で乗り切る予定。 医薬品:絆創膏などの応急手当用品。オロナイン軟膏(擦れ防止用)。塗るタイプの湿布薬。塗るタイプの湿布薬案外効きます。あと目が充血するので目薬を持っていってみるつもり。 修理用品:チューブの換え3本。タイヤの換え1本。その他の工具と潤滑用油など。ポンプはトピークのロードモーフ。その他にはビニールテープやカッターなどの万能品など。 edit topeak(トピーク) ロード モーフ G (インラインゲージ付) PPF040/TRP-3GTOPEAK(トピーク) ¥ 4,935 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) タイヤの換えを持っていくのは以前一緒にブルベ出た相方のタイヤが、途中で何か鋭利なものを踏んだらしく突然スパッと裂けた事があるため。この時には運良く相方のみタイヤの換えを持ってたのでDNFにはなりませんでしたが、それ以来タイヤの換えは持っていくことにしています。なおタイヤに穴が開いた時の応急処置として使い終わったテレホンカードのような磁気カード(今回は京都市内バス1日乗り放題券)と布の荷造りテープも持って行きます。磁気カードを適当にちぎって穴が開いた裏から当てて布テープで貼れば穴からチューブがはみ出さず応急処置として結構持ちます。 潤滑油はセラミックルブ(金ボトル)にする予定。300kmは持つと思いますので折り返しで注油する予定。 その他:どこかで寝る場合のレスキューシート。 edit ハイマウント サバイバルシート シルバー 22133ハイマウント(HIGHMOUNT) ¥ 521 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) スポーツ用品 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) 朝の2~4時ぐらいの夜が明ける前の1~2時間に仮眠したいと考えています。その際に使うため。レスキューシートで寝る場合は暖かい寝床を見つけるのがコツ。冷たい地ベタに寝るとレスキューシートをひいてもあっという間に体温を奪われて体調がおかしくなる原因になるので、できれば熱伝導率的にいって暖かい木のベンチを見つけてレスキューシートをかけて仮眠したいところ。ブルベ仮眠で木のベンチは最高です。 それとどこからでも輪行出来るように輪行袋は持って行きます。使いたくは無いですがお守りがわりです。 で上記を広げてみたのが上の写真。 コントアーマグナムだけに入れようとするとパンパンになりますが輪行袋を入れなければギリギリ収まりそうな感じ。でもこれに着替が加わるともうコントアーマグナムだけではもう足りない感じになります。着替が欲しくなる600よりさらに長距離の1000kmクラスになるとフロントバックが欲しくなります。今年の目標は四国1000ですので、その予行演習も兼ねて写真の荷物をフロントバックのアルティメイトプラスとコントアーマグナムに分散させて持っていく予定です。フロントバックはなるべく軽くしたいところ。 服装は上は半袖ジャージにアームウォーマ+厚手のウインドブレーカ、下はロングのレーパンで行く予定。 照明類はまずはヘッドライトとしてヘルメットにティカ XP(旧タイプ)をチューブを細く切った紐でくくりつけ。 edit PETZL(ペツル) ティカXP2 グレイ/オレンジ E99PGPETZL(ペツル) ¥ 7,980 (定価) 在庫切れ (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) Tools & Hardware 在庫切れ (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) 上記は新型のティカXP2。やはりヘッドライトがあると照らしたい所を照らせるのでとても便利。照らしたい所とは手元にあるサイコンやQシートはもちろんですが、頭上にある案内標識なども含まれます。特に峠の上などは登ってくる車のヘッドライトで良く照らされるように案内標識が設置されてるので自転車に取り付けたライトだと見えない場合があります。そんな時にもヘッドライトは重宝します。 自転車本体にはL2D、キャットアイの520、TrusuFireのTr801の合計3灯を付ける予定。つけ方はミノウラのスイングクリップで付けてみたのですがなんだかしっくり来なかったので結局自作。草津駅前のアヤハディオ自転車館に行ってみたらキャットアイの取り付けバンド SP-7が売っていたので4つ購入。ローカルネタですが草津のアヤハの自転車館結構使えます。取り付けバンドのSPシリーズも揃っていたしBR6700が売っているの初めて見たので2セット購入。 そして隣のポームセンターでステンレス金具×4と塩ビパイプを購入。SP72つをハンドルに残った2つを塩ビパイプに付けてステンレス金具4つで取り付け。両端にL2DとTr801を装備します。キャットアイの520はあさひの灯火で前輪車軸に取り付け。 少しだけ実走してみて大丈夫そうなのでこれで行くことに。でも600kmの長丁場だと不具合が起きるかも。まあその時はその時で。 メインライトとしてはTrustFireTr801を使う予定。今回は多分1晩だけの夜間走行になると思うのでTr801用の予備電池18650は3本だけ持っていく予定。 L2Dと520は共通で単3エネループ。基本的に520とTr801を点灯させてL2DはTr801の点灯時間が2時間半ほどなのでその電池交換の繋ぎおよびなにかあった時の予備として使う予定です。 電池関連としてGPSおよび携帯の充電用としてエネループスティックを持って行きたいのですがまだ手に入れてません。 edit SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS三洋電機 ¥ 1,980 (定価) ¥ 2,980 (Amazon価格) なし (Amazonポイント)  (私のおすすめ度)  (Amazonおすすめ度) エレクトロニクス 在庫あり。 (価格・在庫状況は3月6日 10:55現在) ところでBRM501中部600は今年はじめてのブルベ。1月から3月にかけてとても忙しくブルベに参加出来ず、せめてBRM0424近畿400からスタートしようと準備してたのですが、いつの間にかスポーツエントリーでは締め切りに。それでいきなり600からになってしまいました。しかも中部 600、尾張一宮から野麦峠を越えて川中島まで行って帰ってくるというかなりキツそうなコース。いや、冷静に考えるとこれってもしかして今までで一番きついんじゃ?はっきりいって走り切る自信は半々くらい。勇気あるDNFも常に頭に入れて慎重に走りたいと思っています。 BRM中部へは初参加。スタッフの皆様ならびに参加 される皆様どうぞよろしくお願いいたします。