Pocket

ブリーフィング

6月から滋賀県の琵琶湖のほとりへ引越してから約2週間。やっと生活が軌道に乗ってきました。しかし未だに開封されてないダンボールが多数。きっとその中にまだ見つかっていない鍋の蓋などが入っていると思われます。未だにそんな感じです。いつ片付くんだろこのダンボールは。
さて、引越してから2週間、ということは、5月30、31日に行われた沼津600クラシックからも2週間経ったことに。引越しで記事のUPがずいぶんと遅れてしまいましたが、結果はまたしても痛恨のDNF!相方とともに2年連続して身延線に乗ってしまいました。
しかし相方、前回に比べるとずいぶんと頑張って500キロ近くの富士見峠頂上までなんとか到達。しかしそこで力尽きました。「そこまで行ったら後は下るだけでは?」と思われると方が多数かと思いますが、相方、20号を下っていく体力すら残っておらず、痛恨のDNFとなりました。
それでは当日編。まずはその1としてスタートから天竜二股のPC3までです。写真はブリーフィングの様子。


今回も前回と同様、沼津インター出てすぐのフォーミュラー1というホテルに前泊。前日に荷物は滋賀に送ったので淵野辺にはもはや布団が無いのでした。フォーミュラー1、じゃらん割引が使えて確か2人で6500円程度だったと思います。安いです。
相方の仕事が終わってなんだかんだと準備して淵野辺を出たのが20時頃。途中の厚木インターで夕飯を食べたりしてフォーミュラー1についたのは23時ごろでした。明日の準備をして早めに就寝しようと荷物を整理していたとき、GPS用の充電ケーブルを忘れてしまったのに気がつきました。どうやら引越しのゴタゴタで忘れてしまったらしい。これで沼津600クラシックはGPS無しで走行することになってしまいました。のっけから不安要素が発生してしまい気が滅入りますが、引越しだったのでしょうがないとあきらめます。

駐車スペース

当日は4時半ごろ起床。途中コンビニに寄って朝食を買い込んで5時ちょっと過ぎに遊泳場に到着。遊泳場裏の駐車スペースに車を止めるとすでに到着していたchicorynさんと久々に再会。写真はその駐車スペース。chicorynさん、今年は沼津軽井沢完走など例年に増して積極的。「今回は去年のリベンジですね!」と健闘を誓い合います。車から自転車を出すのに手間取って遊泳場まで自転車を持っていった時はブリーフィング直前でした。受付を済ませて皆さんにご挨拶。eiryさん、INGさん、ISOさん、Wさん、そしてH谷隊長のケルビム隊の方々も集まっていました。それからse7enさんと境川のmasaさんともご挨拶。masaさんとは「2年連続身延線は乗りたくないですねえ~」と話したり。そう、昨年は伊奈を少し過ぎたところで相方の足が止まってしまって痛恨のDNF。北殿駅から乗った身延線にはmasaさん達も偶然乗ってたのでした。あの身延線の長かったこと。確かに今年は乗りたくないと気合を入れなおします。
ブリーフィングが終わって装備チェック。チェック後、ケルビムH谷隊の集合を待ってスタートです。

ケルビム隊で走行

天候は曇り。懸念されていた雨は上がってました。H谷隊長を先頭に30キロ程で快調に飛ばします。相方は隊長のすぐ後ろにつかせて貰ってます。私は最後尾。eiriyさんの後ろで走行。

富士川を渡る

沼津市内を抜けて富士川に差し掛かるくらいからは結構な快晴。写真はその富士川。去年の沼津600のような雨を恐れていたのですが、この天候、なかなか幸先が良い!とこの時は思いました。

サッタ峠

写真は1号線側道に出る直前の薩捶(正式には土へんに垂)からみえた海。ほぼ快晴。

PC1

所々で先頭を交代しながら第1PCに到着。時間は8時10分頃。写真はそのPC1。マヤさんをはじめとした神奈川ブルべでおなじみの人たちも次々に到着。なんだか皆さん相当急いでます。パン1つ買ってそそくさと出発していきます。相方はいつものようにのんびりとトイレに行ったり。するとなんとケルビム隊も出発!まずい。お、置いていかれた!ケルビム隊結構厳しいです。我々も急いで出発。ケルビム隊を追いかけます。

いちごロードで追着いた

清水市内を走りしばらく走っていちごロード手前でようやく追いつき安堵。写真はその時の様子。いちごロードも30キロくらいで飛ばしていきます。大崩海岸を登り、ピークから下った所にある焼津市街手前のコンビニで休憩。
ここからは隊長命令で私が先頭を牽く事になりました。28キロ程度で淡々と走ります。

se7enさんに追着いた!

途中se7enさん達に追着きお話したり。まだまだ余裕です。しかしここら辺から隊長の体調に異変が。どうやら想定外の暑さにやられてしまったようです。次第に隊長の速度が遅くなります。
御前崎が近づいてくると向かい風。先頭を走る私と次を走る隊長の間隔が広がるのでスピードを落として進みます。相方は相変わらず隊長の後ろに付かせてもらって、風の影響はほとんど受けてないようです。なにしろ隊長は体が大きいですので。隊長の後ろは特等席でしたね。

PC2

何とか走ってようやくPC2、御前崎のコンビニに到着。時間は11時20分頃。ここでお昼です。隊長、相当疲れているようです。
お昼を食べて出発。しかし隊長のペースが上がりません。しょうがないので隊長の指示でケルビム隊は2つに分裂。基本的に早いeiryさん、INGさん、ISOさんグループ、残りの我々、Wさん、隊長グループに分かれて進みます。しかしもうすぐ定年というISOさんが元気元気。予習も完璧で地図もしっかり頭に入っていてすごい!びっくりです。
御前崎から掛川への右折ポイントまでの海岸線沿いの道はアップダウンが大きく、日差しが強くて参りました。走ってると次第に隊長の速度が落ちてきて、我々2人に先に行くようにとの指示が。隊長には悪いですが、相方共々先に行かせてもらいeiryさん達を追いかける事にしました。

去年も休んだサークルK

しばらく走ると次の左折ポイントで待つeiryさん達を発見。隊長が相当参っていることを伝えると、掛川市街に入ったらコンビニ休憩をすることにして、eiryさんがその旨を隊長に連絡。東海道線をくぐってすぐを左折して掛川駅前へ。駅前にコンビニがあったのですが、ちょっと奥まった所にあってわかりにくいのでそのまま直進。するとなかなかコンビニがありません。そういえば昨年の沼津600でも相方と2人で掛川に入ったら休もうと言って走っていたところなかなかコンビニが現れず疲れてしまったことを思い出しました。「結構走らなければコンビニありませんよ~」とeiryさんに伝えてしばらく走ったところ左側にサークルKを発見。ここで休憩。図らずも去年休憩したのと同じコンビニでした。写真はそのサークルK。ガリガリ君で熱を持った体を冷やしているとse7enさん達が通過。これも去年と同じパターン。
隊長達をしばらく待ちますがなかなか来ません。どうしたのだろうと思っているとやっと到着。どうやら隊長の足が攣ってしまったとのこと。どうやら軽い脱水症になってしまったらしい。先日私が走った沼津軽井沢400と同じ症状です。こうなってしまうと元の体調に戻すのは結構大変。心配です。

PC3を目指す

しばらく休んで天竜の第3PCを目指します。例のごとくeiryさんチームと隊長チームの2チームに分かれて進んでいきます。隊長チームはWさんが先頭。しばらく牽いてもらいます。天竜二股まで10キロ程になった所で向かい風が強くなってきたので先頭を交代。淡々と進みますが隊長付いてこれず相方と先に行かせてもらい

第3PC

そして第3PCに到着です。そこでeiryさん達と再会。しばらくすると隊長も到着です。写真はそのPC3。
さてここからは沼津600クラシックのメインイベント、新野峠登りが始まります。ここからは自販機による水の補給はできるのですが、食べ物の補給は基本的に無し。そこでパンを買って背中に押し込んだり。eiry隊は先に出発。そうしているうちになんと雨。それも結構降ってきました。ここから雨になるとは!もしかすると去年の雨の新野峠越えの二の舞いか?と不安になります。雨の中の新野峠登りは辛かったですから。しかし登り以上に辛かったのが下り。すべる路面と全然効かないLEDの青白い光に路肩さえ見えず寒さで悴んだしびれた手に入らない力を込めてブレーキをし、よろよろと下っていったあの辛さが思い出されます。
同じ用にPC3で休んでいたいse7enさん達も出発しようかどうしようか迷っているようでした。ここから合羽着るか?とも考えましたが、登りで合羽を着ると結局汗でぬれてしまうなあと考えていると、隊長が少し休んで復活。どうやらそのまま出発する様子。
そして去年と同じく雨の中第3PC天竜二股を、新野峠へ向けて出発したのでした。

Pocket

BRM530:沼津600クラシック当日編その1:スタートから第3PCまでhttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090615-IMGP0433.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090615-IMGP0433-150x150.jpgyoko99ブルベログBRM600
6月から滋賀県の琵琶湖のほとりへ引越してから約2週間。やっと生活が軌道に乗ってきました。しかし未だに開封されてないダンボールが多数。きっとその中にまだ見つかっていない鍋の蓋などが入っていると思われます。未だにそんな感じです。いつ片付くんだろこのダンボールは。 さて、引越してから2週間、ということは、5月30、31日に行われた沼津600クラシックからも2週間経ったことに。引越しで記事のUPがずいぶんと遅れてしまいましたが、結果はまたしても痛恨のDNF!相方とともに2年連続して身延線に乗ってしまいました。 しかし相方、前回に比べるとずいぶんと頑張って500キロ近くの富士見峠頂上までなんとか到達。しかしそこで力尽きました。「そこまで行ったら後は下るだけでは?」と思われると方が多数かと思いますが、相方、20号を下っていく体力すら残っておらず、痛恨のDNFとなりました。 それでは当日編。まずはその1としてスタートから天竜二股のPC3までです。写真はブリーフィングの様子。 今回も前回と同様、沼津インター出てすぐのフォーミュラー1というホテルに前泊。前日に荷物は滋賀に送ったので淵野辺にはもはや布団が無いのでした。フォーミュラー1、じゃらん割引が使えて確か2人で6500円程度だったと思います。安いです。 相方の仕事が終わってなんだかんだと準備して淵野辺を出たのが20時頃。途中の厚木インターで夕飯を食べたりしてフォーミュラー1についたのは23時ごろでした。明日の準備をして早めに就寝しようと荷物を整理していたとき、GPS用の充電ケーブルを忘れてしまったのに気がつきました。どうやら引越しのゴタゴタで忘れてしまったらしい。これで沼津600クラシックはGPS無しで走行することになってしまいました。のっけから不安要素が発生してしまい気が滅入りますが、引越しだったのでしょうがないとあきらめます。 当日は4時半ごろ起床。途中コンビニに寄って朝食を買い込んで5時ちょっと過ぎに遊泳場に到着。遊泳場裏の駐車スペースに車を止めるとすでに到着していたchicorynさんと久々に再会。写真はその駐車スペース。chicorynさん、今年は沼津軽井沢完走など例年に増して積極的。「今回は去年のリベンジですね!」と健闘を誓い合います。車から自転車を出すのに手間取って遊泳場まで自転車を持っていった時はブリーフィング直前でした。受付を済ませて皆さんにご挨拶。eiryさん、INGさん、ISOさん、Wさん、そしてH谷隊長のケルビム隊の方々も集まっていました。それからse7enさんと境川のmasaさんともご挨拶。masaさんとは「2年連続身延線は乗りたくないですねえ~」と話したり。そう、昨年は伊奈を少し過ぎたところで相方の足が止まってしまって痛恨のDNF。北殿駅から乗った身延線にはmasaさん達も偶然乗ってたのでした。あの身延線の長かったこと。確かに今年は乗りたくないと気合を入れなおします。 ブリーフィングが終わって装備チェック。チェック後、ケルビムH谷隊の集合を待ってスタートです。 天候は曇り。懸念されていた雨は上がってました。H谷隊長を先頭に30キロ程で快調に飛ばします。相方は隊長のすぐ後ろにつかせて貰ってます。私は最後尾。eiriyさんの後ろで走行。 沼津市内を抜けて富士川に差し掛かるくらいからは結構な快晴。写真はその富士川。去年の沼津600のような雨を恐れていたのですが、この天候、なかなか幸先が良い!とこの時は思いました。 写真は1号線側道に出る直前の薩捶(正式には土へんに垂)からみえた海。ほぼ快晴。 所々で先頭を交代しながら第1PCに到着。時間は8時10分頃。写真はそのPC1。マヤさんをはじめとした神奈川ブルべでおなじみの人たちも次々に到着。なんだか皆さん相当急いでます。パン1つ買ってそそくさと出発していきます。相方はいつものようにのんびりとトイレに行ったり。するとなんとケルビム隊も出発!まずい。お、置いていかれた!ケルビム隊結構厳しいです。我々も急いで出発。ケルビム隊を追いかけます。 清水市内を走りしばらく走っていちごロード手前でようやく追いつき安堵。写真はその時の様子。いちごロードも30キロくらいで飛ばしていきます。大崩海岸を登り、ピークから下った所にある焼津市街手前のコンビニで休憩。 ここからは隊長命令で私が先頭を牽く事になりました。28キロ程度で淡々と走ります。 途中se7enさん達に追着きお話したり。まだまだ余裕です。しかしここら辺から隊長の体調に異変が。どうやら想定外の暑さにやられてしまったようです。次第に隊長の速度が遅くなります。 御前崎が近づいてくると向かい風。先頭を走る私と次を走る隊長の間隔が広がるのでスピードを落として進みます。相方は相変わらず隊長の後ろに付かせてもらって、風の影響はほとんど受けてないようです。なにしろ隊長は体が大きいですので。隊長の後ろは特等席でしたね。 何とか走ってようやくPC2、御前崎のコンビニに到着。時間は11時20分頃。ここでお昼です。隊長、相当疲れているようです。 お昼を食べて出発。しかし隊長のペースが上がりません。しょうがないので隊長の指示でケルビム隊は2つに分裂。基本的に早いeiryさん、INGさん、ISOさんグループ、残りの我々、Wさん、隊長グループに分かれて進みます。しかしもうすぐ定年というISOさんが元気元気。予習も完璧で地図もしっかり頭に入っていてすごい!びっくりです。 御前崎から掛川への右折ポイントまでの海岸線沿いの道はアップダウンが大きく、日差しが強くて参りました。走ってると次第に隊長の速度が落ちてきて、我々2人に先に行くようにとの指示が。隊長には悪いですが、相方共々先に行かせてもらいeiryさん達を追いかける事にしました。 しばらく走ると次の左折ポイントで待つeiryさん達を発見。隊長が相当参っていることを伝えると、掛川市街に入ったらコンビニ休憩をすることにして、eiryさんがその旨を隊長に連絡。東海道線をくぐってすぐを左折して掛川駅前へ。駅前にコンビニがあったのですが、ちょっと奥まった所にあってわかりにくいのでそのまま直進。するとなかなかコンビニがありません。そういえば昨年の沼津600でも相方と2人で掛川に入ったら休もうと言って走っていたところなかなかコンビニが現れず疲れてしまったことを思い出しました。「結構走らなければコンビニありませんよ~」とeiryさんに伝えてしばらく走ったところ左側にサークルKを発見。ここで休憩。図らずも去年休憩したのと同じコンビニでした。写真はそのサークルK。ガリガリ君で熱を持った体を冷やしているとse7enさん達が通過。これも去年と同じパターン。 隊長達をしばらく待ちますがなかなか来ません。どうしたのだろうと思っているとやっと到着。どうやら隊長の足が攣ってしまったとのこと。どうやら軽い脱水症になってしまったらしい。先日私が走った沼津軽井沢400と同じ症状です。こうなってしまうと元の体調に戻すのは結構大変。心配です。 しばらく休んで天竜の第3PCを目指します。例のごとくeiryさんチームと隊長チームの2チームに分かれて進んでいきます。隊長チームはWさんが先頭。しばらく牽いてもらいます。天竜二股まで10キロ程になった所で向かい風が強くなってきたので先頭を交代。淡々と進みますが隊長付いてこれず相方と先に行かせてもらい そして第3PCに到着です。そこでeiryさん達と再会。しばらくすると隊長も到着です。写真はそのPC3。 さてここからは沼津600クラシックのメインイベント、新野峠登りが始まります。ここからは自販機による水の補給はできるのですが、食べ物の補給は基本的に無し。そこでパンを買って背中に押し込んだり。eiry隊は先に出発。そうしているうちになんと雨。それも結構降ってきました。ここから雨になるとは!もしかすると去年の雨の新野峠越えの二の舞いか?と不安になります。雨の中の新野峠登りは辛かったですから。しかし登り以上に辛かったのが下り。すべる路面と全然効かないLEDの青白い光に路肩さえ見えず寒さで悴んだしびれた手に入らない力を込めてブレーキをし、よろよろと下っていったあの辛さが思い出されます。 同じ用にPC3で休んでいたいse7enさん達も出発しようかどうしようか迷っているようでした。ここから合羽着るか?とも考えましたが、登りで合羽を着ると結局汗でぬれてしまうなあと考えていると、隊長が少し休んで復活。どうやらそのまま出発する様子。 そして去年と同じく雨の中第3PC天竜二股を、新野峠へ向けて出発したのでした。