Pocket

コントアーマグナムの中身

いよいよ今週末はブルベ920埼玉1000:アタック秋田。参加される皆様どうぞよろしくお願いいたします。まずはその準備編。写真はコントアーマグナムの中身。


一週間前に近畿600を走った後遺症で未だに両手の薬指と小指が痺れていたりお尻がなんとなく痛かったりするのですが、久々に600キロという長距離を走って、長距離用装備のテストができました。それを踏まえながらいろいろと準備。
まずはライト:
近畿600と同じようにキャットアイ520を前輪車軸に、そしてミノウラのスインググリップにL2Dと近畿600で新規投入した海外通販品のTrustFireTR801を装備。キャットアイ520を常時点灯しTrusitFireは1晩で18650電池×2、L2Dは1晩で単三×2を消費すると考えて使う予定にしています。
次は雨装備:
幸運なことにどうやら雨がふらなさそうなので合羽の上はやめてウインドブレーカーにする予定。合羽の下はどうするか?合羽の下は考え中。しいて持っていくことも無いか。コンビニでも手に入れられますし。
着替え:
昨年はレーパンとアンダーシャツの換えを持ってき、前半の転倒でびりびりにレーパンが破れて公序良俗的に走行できなくなる危機に陥っても取り替えて走れたので、今年もやっぱり何かあったときのことも考えレーパンと着替えてリフレッシュするためにアンダーシャツの替えはもって行くつもり。服装としては半そでのジャージとレーパン+レッグ、アームウォーマ、それでも寒ければウインドブレーカーで乗り切るつもり。
その他の携行品:
近畿600で持っていったバンテリン系の湿布薬。これが結構効き目が良かったので今回ももって行く予定。また前回の1000で序盤に転倒して肘にひどいすり傷を負ったので、もしものために大きめの絆創膏なども用意。あとnanさんのHPにあったボルダースポーツも手に入れました。近畿600で若干危険な状態になったので。去年はぜんぜん大丈夫だったのに今年はどちらかというと警戒警報が出ることが多いのは、体重が落ちてないのが原因で肉があまってるのか?
あと、近畿600で45分でもぐっすり寝るとかなり疲労回復することがわかったのでどこでも寝られるようにレスキューシートももって行く予定。600で実感したのですがレスキューシート、体に巻くとかなり暖かいです。コツとしては冷たい地面を選ばないこと。下が冷たくなければレスキューシート、威力を発揮するみたい。
予備チューブは4本、タイヤも1本持ちます。
GPS:
GPSは相変わらずForetrex201。地図無し簡易GPSです。これにウエイポイントをつなげたルートデータを入れて持っていく予定。Foretrex201は12時間程度しか充電池が持たないので自作の充電用コードでUSB出力の電池ホルダーと接続して充電しながら走る予定。USB出力の電池ホルダー5V出力なので接続コードさえ持っていけば携帯にも充電できて便利。
Foretrex201の外部電源についてはこのページ。
その他:
昨年の1000ではもって行く乾電池があまりにも多くなりすぎ嫌になり、ハブダイナモ+自作LEDライトを作るぞ!と息巻いていたのですが、一年たってもハブダイナモを準備できず。進歩無し。結局ハブダイナモ化はできなくて持っていく電池はGPSの充電用も含めて単三計16本、18650が6本、ヘッドライト用の単4が6本とかなりの量に。これでだけでも結構な重さですね。やはりハブダイナモ化を考えるべきかも。コンビにでも使い終わった電池を回収してくれるといいのですが。今回幹線道路を走ることが多いらしいので、途中の家電量販店などでリサイクルに出せれば楽になるかも。
走行プランとしては2日目の夜にマース北上に何とか滑り込みたいと思っていますが、時間的に厳しいかも。あとできればコンビニだけでなくラーメン屋などで補給したい。いつもそう思うのですがなかなかできませんが今回こそは。
今回前半にはなつかしの通学路付近を、後半は宇都宮ブルベで悩まされた道を反対側から走るので、いろいろと当時の思い出を思い出しながら走れそう。その意味では楽しみですね。
それでは参加される皆様、スタッフの皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

BRM920埼玉1000(アタック秋田)準備編http://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090918-IMGP1576.jpghttp://getumen.com/chari/wp-content/uploads/sites/5/20090918-IMGP1576-150x150.jpgyoko99ブルベ準備BRM1000
いよいよ今週末はブルベ920埼玉1000:アタック秋田。参加される皆様どうぞよろしくお願いいたします。まずはその準備編。写真はコントアーマグナムの中身。 一週間前に近畿600を走った後遺症で未だに両手の薬指と小指が痺れていたりお尻がなんとなく痛かったりするのですが、久々に600キロという長距離を走って、長距離用装備のテストができました。それを踏まえながらいろいろと準備。 まずはライト: 近畿600と同じようにキャットアイ520を前輪車軸に、そしてミノウラのスインググリップにL2Dと近畿600で新規投入した海外通販品のTrustFireTR801を装備。キャットアイ520を常時点灯しTrusitFireは1晩で18650電池×2、L2Dは1晩で単三×2を消費すると考えて使う予定にしています。 次は雨装備: 幸運なことにどうやら雨がふらなさそうなので合羽の上はやめてウインドブレーカーにする予定。合羽の下はどうするか?合羽の下は考え中。しいて持っていくことも無いか。コンビニでも手に入れられますし。 着替え: 昨年はレーパンとアンダーシャツの換えを持ってき、前半の転倒でびりびりにレーパンが破れて公序良俗的に走行できなくなる危機に陥っても取り替えて走れたので、今年もやっぱり何かあったときのことも考えレーパンと着替えてリフレッシュするためにアンダーシャツの替えはもって行くつもり。服装としては半そでのジャージとレーパン+レッグ、アームウォーマ、それでも寒ければウインドブレーカーで乗り切るつもり。 その他の携行品: 近畿600で持っていったバンテリン系の湿布薬。これが結構効き目が良かったので今回ももって行く予定。また前回の1000で序盤に転倒して肘にひどいすり傷を負ったので、もしものために大きめの絆創膏なども用意。あとnanさんのHPにあったボルダースポーツも手に入れました。近畿600で若干危険な状態になったので。去年はぜんぜん大丈夫だったのに今年はどちらかというと警戒警報が出ることが多いのは、体重が落ちてないのが原因で肉があまってるのか? あと、近畿600で45分でもぐっすり寝るとかなり疲労回復することがわかったのでどこでも寝られるようにレスキューシートももって行く予定。600で実感したのですがレスキューシート、体に巻くとかなり暖かいです。コツとしては冷たい地面を選ばないこと。下が冷たくなければレスキューシート、威力を発揮するみたい。 予備チューブは4本、タイヤも1本持ちます。 GPS: GPSは相変わらずForetrex201。地図無し簡易GPSです。これにウエイポイントをつなげたルートデータを入れて持っていく予定。Foretrex201は12時間程度しか充電池が持たないので自作の充電用コードでUSB出力の電池ホルダーと接続して充電しながら走る予定。USB出力の電池ホルダー5V出力なので接続コードさえ持っていけば携帯にも充電できて便利。 Foretrex201の外部電源についてはこのページ。 その他: 昨年の1000ではもって行く乾電池があまりにも多くなりすぎ嫌になり、ハブダイナモ+自作LEDライトを作るぞ!と息巻いていたのですが、一年たってもハブダイナモを準備できず。進歩無し。結局ハブダイナモ化はできなくて持っていく電池はGPSの充電用も含めて単三計16本、18650が6本、ヘッドライト用の単4が6本とかなりの量に。これでだけでも結構な重さですね。やはりハブダイナモ化を考えるべきかも。コンビにでも使い終わった電池を回収してくれるといいのですが。今回幹線道路を走ることが多いらしいので、途中の家電量販店などでリサイクルに出せれば楽になるかも。 走行プランとしては2日目の夜にマース北上に何とか滑り込みたいと思っていますが、時間的に厳しいかも。あとできればコンビニだけでなくラーメン屋などで補給したい。いつもそう思うのですがなかなかできませんが今回こそは。 今回前半にはなつかしの通学路付近を、後半は宇都宮ブルベで悩まされた道を反対側から走るので、いろいろと当時の思い出を思い出しながら走れそう。その意味では楽しみですね。 それでは参加される皆様、スタッフの皆様どうぞよろしくお願いいたします。